CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

【大学生の就職事情】週休4日制!?新しい働き方「ゆるい就職」ってどう思う?

スクリーンショット 2014-07-28 12.17.34

週休4日!?今話題の「ゆるい就職」とは?

最近、話題になっている「ゆるい就職」
「bstyle Open Lab」マネージャーの宇佐美啓さんとNEET株式会社代表取締役会長で慶應義塾大学特任助教でもある若新雄純さんがプロデューサーとなり、新しい働き方として生まれたのが「ゆるい就職」です。

一人ひとりが仕事や人生に求めるものはどんどん多様になってきているのに、新卒採用の仕組みや就職のあり方はあまりに画一的で窮屈すぎる今の日本の社会。
そこから一度外れてしまうと、「自分は社会的価値が低いのではないか?」と後ろめたさを感じて卑屈になってしまう若者も多いようです。
社会が絶えず変化する複雑な時代、そんな不健全でバカらしい「あたりまえ」なんか無視して、もっと柔軟に「働く」ことを考えてみてはどうでしょうか?
(出典:週休4日の「ゆるい」就職

「なぜ就職したら週休2日なのか」
「もっと面白いものを見つけるための寄り道をしてもいいのではないだろうか」
そういった疑問に対して、発案された新しい働き方です。
また、「ゆるい就職」は「契約社員」であり、現代の「正規雇用が良い」という風潮に対しても疑問を投げかけているものだと思います。

学生は「ゆるい就職」をどう見ているのか

では、実際に大学生はこの「ゆるい就職」についてどのように思っているのでしょうか。
スクリーンショット 2014-07-28 11.59.09
憧れる:15%
どちらかというと憧れる:25%
どちらかというと憧れない:29%
憧れない:31%

憧れると回答をした学生は4割。
憧れないと回答をした学生は6割という結果になりました。
意外とこの週休4日制の新しい働き方に憧れる学生は多いようです。

また、入社すぐに辞める、と言われる「ゆとり世代」の就職事情。
社会人になることを控えている学生は「転職」についてどう考えているのでしょうか。
就職や転職活動に対する意識調査も同時に行ってみました。

とりあえず3年働く学生が約3割

スクリーンショット 2014-07-28 11.59.28
3年は働く:35%
定年まで働く:26%
10年以上働く:24%
就職するつもりはない:11%
1年程度で辞める:4%

内定先の企業に入社後どの程度働く予定か、という質問では、「3年は働く」と回答した学生が一番多く、約3割でした。
転職する際に、あまりにも前職の勤務期間が短いと不利になると考えている学生も多いことから、とりあえず3年は働こうと考えているようです。
一方で、「定年まで働く」と回答した学生は約3割、「10年以上働く」と回答した学生は約2割おり、今現在20代での転職を考えていない学生が半数以上いました。
また、少数ですが「1年程度で辞める」と回答をした学生は4%いました。

転職を考えている学生は約2割

スクリーンショット 2014-07-28 11.59.55
まだ分からない:39%
転職することは考えていない:28%
転職することを考えている:19%
転職するという発想が今までなかった:14%

転職のことを考えている学生は約2割程度しかいないことが分かりました。
「まだ分からない」と回答をした学生が約4割で1番多く、次に「転職することは考えていない」と回答をした学生が約3割いました。
転職についてはあまり肯定的ではありませんでした。
まだ内定先の企業に入社していない為か、あまり現実的な話ではないのかもしれません。

自分に合ったワークスタイルを探そう!

週休4日制の「ゆるい就職」。
一見、週に4日も休みが取れてお金が貰えればおいしいと考えてしまいますが、この働き方にはプラス面もマイナス面も出てきます。
「契約社員で週休4日。手取りは15万円。」
この働き方に対して賛否両論が出ると思いますが、なにか挑戦したいことがある人や、「仕事よりもプライベートを優先したい!」という人には良い働き方なのかもしれません。
しかし、「ゆるい就職」はあくまで契約社員で、正社員で安定を求める人や会社のなかで成果を出して出世したい人にとっては向いていないように思えます。
いずれにせよ、自分のワークスタイルに合った働き方ができると良いですね。
(実測日:2014年7月25日~27日 回答者数:821人 /タダコピアプリ調べ)