CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

【YouTube vs. ニコニコ動画】HIKAKINの認知度は72%。学生に人気なのは断然YouTube

みなさんも必ず1度は使ったことがあるだろうYouTube。
最近では、YouTuberと呼ばれる人たちの存在が新たなビジネスモデルとなっていますね。
今回Students lab編集部では、YouTubeとニコニコ動画を比較しながら、学生に動画サイトについてのアンケート調査をしてみました。
あなたはYouTube派ですか?
それともニコニコ動画派ですか?

YouTube派が83%

image
「YouTubeとニコニコ動画、どちらが好きですか?」という問いに対する学生の回答は以下の通りでした。
YouTube:83%
ニコニコ動画:17%

ニコニコ動画よりもYouTubeが好きと答えた学生が83%と差をつけました。
YouTubeはアーティストの公式チャンネルや海外の動画を見ることができるのが強みで、ニコニコ動画との違いです。
それ以外には、学生にとってどのような魅力があるのでしょうか?

YouTubeはログインいらず

ここで、「【YouTube】の好きなところを教えて下さい。」というアンケートを学生に自由に回答してもらいました。
学生の回答は以下の通りです。

・安全に見られる
・ログインがいらない
・世界中の動画が見られる!
・気軽に見やすい
・動画が豊富

「ログインがいらない」「気軽に見やすい」などの意見が多く見受けられました。
会員登録やログインをするとなると、個人情報を記入しなければならなくなるので、不安だと感じる人もいるようです。
また、検索の最初の方に動画が出てくるため、気軽に見やすいという意見が多くなったのでしょう。

ニコニコ動画はコメントが魅力

次に、「【ニコニコ動画】の好きなところを教えて下さい。」というアンケートを見てみましょう。
学生の回答は以下の通りでした。

・みんなのコメントが見られる
・カテゴリ別のランキングがある
・ボカロが充実している
・アニメの公式配信をしている
・動画やコメントが面白い

ニコニコ動画はYouTubeと比べると、サブカルチャー部門に強いようです。
ボーカロイドやアニメの配信が、他のどの動画サイトよりも多く、視聴者を獲得しているようですね。
また、コメントへの言及が多い印象でした。
動画はもちろん、それに対応したコメントが面白いという意見が多かったです。
コメントがあると、みんなでワイワイ見ている感じがして良いという意見もありました。

利用者もYouTubeが多い

image
「YouTubeとニコニコ動画、どちらの方が利用しますか?」というアンケートも実施しました。
学生の回答は以下の通りです。
YouTube:85%
ニコニコ動画:15%

ここでも、YouTubeが圧倒的でした。
やはり、全体的なユーザー数としては、サブカルチャーに特化したニコニコ動画よりもグローバルなYouTubeに軍配が上がるようですね。

1時間未満の利用が61%

image
「1日何時間くらい動画サイトを利用しますか?」というアンケートに対する学生の回答は以下の通りです。
全く利用しない:15%
1時間未満:61%
1時間以上:13%
2時間以上:6%
3時間以上:2%
4時間以上:2%

動画サイトの利用は、1時間未満が61%と過半数でした。
意外にも、学生はあまり動画サイトを見ていないようですね。
ちょっとPVを見たいなという時や、面白い動画で暇つぶしをしたいという時に利用しているのでしょうか。

83%がYouTuberを知っている

image
「YouTuberと呼ばれる人たちについて知っていますか?」という問いに対する学生の回答は以下の通りでした。
知っている:45%
何となく知っている:38%
知らない:17%

YouTuberを「知っている・何となく知っている」と答えた学生は合わせて83%でした。
YouTuberとは、YouTubeで動画を配信し、広告収入によって生計を立てている人(もちろん兼業の人もいる)のことを言います。
有名な人になると、推定年収1億円超えなんてこともあるようです。
学生たちはどの程度YouTuberを知っているのでしょうか?

HIKAKINの認知度は72%

image
「知っているYouTuberを教えて下さい。」というアンケートの回答結果は以下の通りです。
HIKAKIN:72%
はじめしゃちょー:66%
マックスむらい:41%
SEIKIN:15%
MEGWIN:6%
バイリンガール:25%
その他:6%

HIKAKINは72%、はじめしゃちょーは66%など、学生の間ではかなりの高確率で知られていることがわかります。
最近ではテレビCMなどにもなって話題になっているため、このように認知度が上がったのでしょうか。
何にせよ、新しい時代の到来を感じますね。

まとめ

今回の調査結果でわかったことはこちらです。
・YouTubeが好きだという学生が83%で優勢
・YouTubeはログインいらずなのが良い
・ニコニコ動画はコメントが魅力
・利用者もニコニコ動画よりYouTubeが多い
・1時間未満の動画サイト利用が61%
・83%の学生がYouTuberを知っている
・HIKAKINやはじめしゃちょーなどがよく知られている

いかがでしたか。
YouTubeとニコニコ動画では、利用者や好みにおいてYouTubeが勝っているという結果となりました。
その一方で、ニコニコ動画もサブカルチャー好きの若者に支持されているようです。
今後YouTubeでは、YouTuberと呼ばれる人たちの活躍にも注目するべきかもしれませんね。
Students labでは、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
(実測日:2015年07月27日 回答者数:309人 /Students lab編集部調べ)
(Photo by:Superman TV by Rod Gillies, on Flickr)