CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

アルバイトをしている学生は62%。学生はどうやってアルバイトを探しているの?

学生生活にとって欠かせないのがアルバイト。
そして、アルバイトを探す際に必ずと言っていいほど使われるのがアルバイトサイト。
今回Students lab編集部では学生に対し、アルバイトとアルバイトサイトに関する調査を行いました。

アルバイトをしている学生は62%

1
している 62.19%
していない 22%
していないがアルバイトをした経験はある 15.12%

まずは、どれくらいの学生がアルバイトをしているのかを調査しました。
アルバイトをしている学生は62%と、なんと6割もの学生がアルバイトをしているという結果になりました。
今はしていなくても、以前はしていたという学生を入れると約8割の学生がアルバイト経験があるということになります。

アルバイトはアルバイトサイトで探した学生が27%

2
アルバイトサイト 27.33%
知人の紹介 23.33%
インターネットで検索 14.44%
店舗内のチラシや求人募集をみて 13.33%
アルバイトアプリ 8.67%
求人広告 8.67%
その他 4.67%

次に、アルバイト経験のある学生がどこでアルバイトを探しているのかを調査しました。
1位は「アルバイトサイト」で27%ということになりました。
2位は知人の紹介で23%、3位は14%でインターネットで検索という結果になりました。
1位から3位までの間に2つほどネット検索が入り、学生の大半はインターネットでアルバイトを探しているということが分かりました。

アルバイトを探す際に利用するサイトは「マイナビバイト」「バイトル」が人気

3
マイナビバイト、バイトル 30.30%
タウンワーク 18.18%
an 15.15%
フロムエーナビ 6.06%

次に、アルバイトサイトを利用する際にどこのサイトを利用しているのかを調査したところマイナビバイト、バイトルが大半を占めるという結果になりました。
どのアルバイトをサイトも広告を多く打っているのにも関わらずこの差が生まれました。

アルバイトサイト認知度1位は「マイナビバイト」「バイトル」

4
マイナビバイト、バイトル 31.43%
タウンワーク 17.14%
フロムエーナビ、an 8.57%
イーアイデム 2.86%

また、知名度もやはりマイナビとバイトルが約30%となり、利用しているサイトとほとんど変わらない結果となりました。

そのアルバイトサイトをどうやって見つけましたか?

・CM
・検索エンジン
・無料冊子

学生はアルバイトサイトをどのようにして見つけているのか調査しました。
多かった意見はCM、検索エンジンでした。
アルバイトサイトはどのサイトも印象的で個性的なCMを打っており、それらが学生の印象にしっかり残っていることが分かりました。

アルバイトサイトを利用して「とてもよかった」と思う学生は42%

5
とてもよかった 41.67%
どちらかというとよかった 55.56%
どちらかというとよくなかった 2.78%

次に、アルバイトサイトの満足度調査を行いました。
「とてもよかった」「どちらかというとよかった」と回答した学生が98%を占め、大部分の学生がアルバイトサイトについて満足しているという結果が出ました。
アルバイトサイトに対して大きな不満を抱いている学生はかなり少ないようです。

アルバイトは「アルバイトサイト」で探す予定という学生が28%

7
アルバイトサイト 27.78%
アルバイトアプリ 22.22%
インターネットで検索 16.17%
店舗内のチラシや求人募集をみて 16.67%
求人雑誌、知人の紹介 8.33%

最後に、アルバイトをしていない学生に対しどうやってアルバイトを探す予定か調査しました。
1位はアルバイトサイト、2位はアルバイトアプリ、3位はインターネットで検索という結果になりました。
今やアルバイトはネット検索が主流であるということを物語っています。
また、実際の利用率に比べ、格段に数値が上がったのがアルバイトアプリ。
スマホから簡単に調べられることを考えると利便性は高いですよね。

まとめ

・アルバイトをしている学生は62%
・アルバイトはアルバイトサイトで探した学生が27%
・アルバイトを探す際に利用するサイトは「マイナビバイト」「バイトル」30%
・アルバイトサイト認知度1位は「マイナビバイト」「バイトル」31%
・アルバイトサイトは「CM」「インターネット検索」で見つける
・アルバイトサイトを利用して「とてもよかった」と思う学生は42%
・アルバイトは「アルバイトサイト」で探す予定という学生が28%

冊子からアルバイトサイトへと切り替わり、今後はアプリがより人気になっていきそうです。
そういった時代の流れはありつつも、店舗のチラシや知人の紹介などアナログな形も決して消えません。
どういった形が学生のアルバイト集客に向いているか考えるうえでの参考になれば幸いです。
Students lab編集部では、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
また、より精密な調査データや学生プロモーションのご依頼はお問い合わせフォームからお願いいたします。
(実測日:2016年5月17日~5月18日 回答者数:201人 /Students lab編集部調べ)