記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

【女子大生のバイト事情】選ぶ基準は時給と家との距離。時給は900円以上が目安

Category Image
rbww_35

皆さんは学生時代、どんなアルバイトをしていましたか?
居酒屋やカフェの店員、塾講師、イベントスタッフ…
いろんなアルバイトがありますよね。

アルバイト不足に悩むお店もあれば、人気が殺到して面接でばさばさ落としていくお店もあります。
今回は、今どきの女子大生は何を基準にバイト先を選んでいるのか、アルバイト事情を女子大生を対象に調査しました。

約4割の学生がアルバイトをしていない

3.9.1

まず最初に「今アルバイトをしていますか?」と質問しアンケートを採りました。
すると44%の女子大生が「一つだけしている」と回答し、「2つ以上している」と答えたのは19%でした。
約6割の学生がアルバイトをしているという事ですが、アルバイトをしていない学生の多さに驚かされます。

飲み会代やサークルの合宿費などの交際費だけでなく、新しいお洋服やアクセサリーなど女性は何かとお金がかかると思うのですが、どこからお金が出ているのか不思議ですね。

次にアルバイトをしている学生に、どんな職種なのか聞いてみました。

飲食関係がやや多め

baito

飲食/フード:38%
教育:22%
販売:15%
サービス:8%
専門職/その他:4%
事務:4%
レジャー/エンタメ:2%
営業:2%
医療/介護/福祉:2%

一番多かったのは、飲食やフード関係の職種を選んだ学生で38%でした。
女子大生が5人いたら2人は飲食関係でバイトしているということになります。
スターバックスやドトールなどカフェで働くことに対し、憧れる女子大生も少なくないのではないでしょうか。

次に多かったのは、教育で22%でした。
塾の受付や先生、予備校のチューターなど大学に入るまで頑張って勉強してきた分、教育現場に携わろうとする学生も多いようです。

そのほかにも販売や事務など多様なアルバイトがあるみたいですね。
では、なぜそのアルバイトを始めたのでしょうか?

時間を有効活用したいと思ったため
ずっと働いてみたかったから
勉学、競技活動費用
アルバイト情報誌をみて気になったから
元々興味があって、友達がやってて、話を聞いてやりたいと思ったから。
先輩の紹介
お金を貯めたかったから
家から近いから

女子大生の意見としては、家の近くでお金を稼ぎたいというものが多く、「やってみたい!」という前向きな興味よりも、「お金を稼ぐためのツール」としてアルバイトをしているようです。

時給900円以上なら納得?

3.9.2
次に「時給は最低何円以上がいいですか?」と質問したところ、800円以上ならと答えた学生が21%、900円以上と答えたのは36%、1000円以上と答えたのが27%でした。

時給は900円程度なら女子大生は納得してアルバイトをするようです。
しかし、働く場所が都内なのか地方なのか、時間は日中なのか深夜なのか、仕事内容は事務作業なのか肉体労働なのか…などなど、場所や時間帯によっても求める時給は大きく変わってくるため、目安のひとつとしてとらえていただければと思います。

選ぶ基準は時給と家との距離

3.9.3

学生がアルバイトを選ぶ基準となるのは、仕事内容への興味もさることながら、それ以上に「時給」や「交通の便」の割合が多いようです。

先ほどの学生のアルバイトを始めたきっかけにもあったように、学生はある程度時給が高く且つ家に帰りやすい場所でアルバイトをする傾向が強いようです。
では、どのようにそうしたアルバイトの求人を見つけるのでしょうか?

求人を探すならスマートフォンが便利

3.9.4

約8割の学生が携帯電話やスマートフォンを使って求人情報を見つけていました。
パソコンをわざわざ開いたりする手間もなく、紙ベースのものと違って自分の働きたい場所の求人を簡単に入手できる点が、大学生に支持されているようです。

まとめ

今回Student LAB編集部が調査した結果、女子大生は

・4割の学生はアルバイトをしていない
・飲食関係のアルバイトをしている人が若干多い
・家から近いところで働きたい
・時給は900円以上なら納得
・求人情報はスマートフォンで探している

以上のことがわかりました。

多くの学生が仕事内容よりも時給を気にしていることが多いため、働き始めても当初のイメージとのギャップやハードさからやめてしまうことも多いと考えられます。

しかし、まだまだアルバイトをしていない女子大生はたくさんいますので、人手不足でお困りの飲食店さんは、時給に気を遣いながら近くに住む学生に求人情報を発信できるよう努力するといいと言えそうです。

Students labでは、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
興味ある方は今後とも記事をぜひチェックしてみてください。

(実測日:2015年03月7~8日 回答者数:401人 /Students Lab編集部調べ)