CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

大学生の結婚式需要は決して低くない?結婚式をしたいと思う大学生は76%。

結婚式にかける平均予算は200~300万円と言われています。
最近では「スマ婚」という言葉が出てきたようにお金をあまりかけずに結婚式をするカップルも増えているといいます。
今の学生は「結婚式」に興味を持っているのでしょうか。
今回Students lab編集部では、学生の「結婚式」への興味を調査しました。

結婚式をしたいと思う学生は76%

10.12.1
まず学生に「結婚式したいと思いますか?」と質問をしアンケート調査を始めました。
「とても思う」と答えた学生は48%、「少し思う」と答えた学生が28%でした。
結婚式をしたいという学生が8割弱ということで今どきの学生のほとんどが結婚式はしたいと思っていることがわかりました。
「結婚式をしたい」「結婚式をしたいと思わない」と答えたそれぞれの学生に理由を聞きました。

結婚式をしたい理由

・記念になるから
・思い出
・小さいころからの夢
・安定した生活ができそうなイメージ
・人生一幸せな瞬間だから
・友達や家族に祝ってもらいたい。結婚した実感がわきそうだから
・一生に一度しかないから
・人生の大イベントだから
・結婚式は両親に感謝を伝える場所でもあると思うので
・憧れ
・ウェディングドレスを着たいから
・楽しそう
・白無垢が着たい

「結婚式をしたい」派の学生は「一生に一度のことだから」という思いと、「幼少期からの憧れ」が大きく影響しているようです。
また「両親への感謝を伝える場所」と考える学生も多く人生の節目として結婚式を挙げるべきという立場をとる学生が多かったです。

結婚式をしたいと思わない理由

・お金がかかるから
・結婚式のバイトを経験したから
・目立つのが嫌だから
・お金かかるし、疲れる。結婚式するお金あるなら色々旅行に行く方がいい
・イメージがわかないから
・結婚に全く興味がないから
・わざわざ自分をお祝いしてもらうために集まってもらうのは気恥ずかしいから
・恥ずかしいし、めんどくさいから
・結婚式以前に結婚をしたくない
・お金がかかる 本人の自己満足でしかない
・式など慣習に合理性を感じない
・準備が大変そう

一方の「結婚式をしたくない」派の学生の多くは「めんどくさい・恥ずかしい」「お金がかかる」など結婚式に対してネガティブな印象を持っていることがわかりました。
結婚そのものをしたくないという意見も複数挙げられました。

親は自分の結婚式を望むはず…と思う学生が85%

10.12.2
「親は自分の結婚式を望むと思いますか?」という質問に対し「とても思う」と答えた学生が51%、「少し思う」という学生は34%でした。
結婚式をしたいという学生が76%だったのに対し、親が望んでいるだろうと考えている学生が85%でした。
自分自身が結婚式を望んでいなくでも「親が結婚式をしてほしいと思っている」というのは若干プレッシャーを感じる部分ではありますよね。
特に学生の親世代は結婚式をするのが「当たり前」だった世代。
学生の「結婚式をしたくない」という考えは理解されないかもしれません。

大安の日に結婚式をしたいと思う学生は70%

10.12.3
結婚式の日取りでは、昔から六輝・六曜が重視されており、中でも「大安」や「友引」が縁起が良いとされています
その大安の日に結婚式をしたいと「とても思う」学生は25%でした。
「少し思う」という学生が最も多く45%でした。
今の学生も六曜などの昔の習わしを少しは気にしていることがわかりました。
「あまり気にしていない」学生は19%、「全く気にしない」という学生が12%でした。
結婚式をしたいと思っていない学生だけでなく、結婚式をしたいと思う学生の中にも日取りは気にしないという人もいるようです。
では結婚式の2次会までしたいと思う学生はどれくらいいるのでしょうか。

2次会までしたいと思う学生が69%

10.12.4
2次会はしたいと「とても思う」学生が21%、「少し思う」という学生が48%でした。
2次会はしたい派は69%ということで、結婚式をしたいと答えた76%のうち7%は2次会はいらないと考えていることがわかりました。
しかし結婚式をしたいと思う学生のほとんどが2次会まで考えているということは、学生の中で結婚式と2次会はほぼセットになっているということではないでしょうか?
しかし、「とても思う」と答えた学生は21%でしたので、できたらいいなというくらいの学生のほうが多いのかもしれません。
お金がとてもかかるイメージがある「結婚式」、その時の自分の懐事情によると考える学生が多いのかもしれません。

結婚式で自己負担する金額のイメージは?

10.12.5
結婚式の費用から招待客からのご祝儀金額を引いた分が自己負担額となりますが、その自己負担額はいくらになるのでしょうか。
日本では結婚式の自己負担額は平均100万円程度と言われていますが、結婚式へのこだわり次第で費用は大きく前後するといいます。
学生のイメージとして、「51~100万円」くらいと予想した学生が25%と最も多く、「101~150万円」が22%、「31~50万円」が19%でした。
学生の多くが100万円前後が結婚式の自己負担額とイメージしてるようです。

まとめ

今回は、学生の結婚式への意識調査をおこないました。
アンケート結果は以下の通りです。
・結婚式したいと思う学生は76%
・親は自分の結婚式を望むはず…と思う学生が85%
・大安の日に結婚式をしたいと思う学生は70%
・2次会までしたいと思う学生が69%
・結婚式で自己負担する金額のイメージは「51~100万円」がやや多め

世間では晩婚化が進んでいることが問題視されていますが、年齢はともかく結婚や結婚式に対しては前向きな学生が多いという結果になりました。
親のことや日取りなどを気にする学生も多く、結婚式の自己負担額のイメージも現実とそれほど大きくかけ離れていませんでした。
まだ結婚式に参加することは少ない学生ですが、現実的に結婚について考えているのかもしれませんね。
Students lab編集部では、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
また、より精密な調査データや学生プロモーションのご依頼はお問い合わせフォームからお願いいたします。
(実測日:2015年10月10日 回答者数:298人 /Students lab編集部調べ)
(Photo by:wedding party 2012/11/18 by hiroaki maeda, on Flickr)