CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

今の大学生が見たいTV番組って?就活番組に興味ある学生は52%

みなさんは、毎週あるいは毎日観ているTV番組はありますか?
YouTubeやSNSなどネットの普及に伴い、TVだけが娯楽のツールではなくなりました。
なかには一人暮らしをするときにTVを買わなかったという人も少なくないのではないでしょうか。
今回Students lab編集部では、学生の観たいTVについて調査しました。

ほぼ毎日テレビを見ている学生が48%

10.27.1
まず学生に「普段テレビをどの程度見ていますか?」と質問をし、アンケートをとりました。
「ほぼ毎日見ている」という学生は48%でした。
テレビを日常的に見ている学生が半数近くいましたが、それに対し「ほとんど見ない」という学生が23%でした。
「週の半分は見ている」学生は14%、「週に数回しか見ない」という学生は15%でした。
まだテレビを見ない学生が日常的に見ている学生を上回るような状況にはなっていませんが、学生の間でもテレビ離れが進んでいるように感じます。
少なくともテレビを見ない日があるということがテ学生をターゲットにした番組を作るうえでデメリットになりそうですね。
では、学生はどんな番組が好きなのでしょうか。

好きなテレビ番組は?

・月曜から夜更かし
・サンデージャポン、ワールドビジネスサテライト
・VS嵐
・有吉反省会
・世界の果てまでイッテQ!
・マツコ有吉の怒り新党
・名探偵コナン
・キスマイブサイク
・5→9
・ホンマでっかTV
・MUSIC JAPAN
・ZIP
・アメトーーーク
・探偵ナイトスクープ
・カンブリア宮殿 ガイアの夜明け
・相棒
・鉄腕ダッシュ
・ヒルナンデス
・嵐にしやがれ
・ほんまでっかTV
・しゃべくり007
・花燃ゆ

「月曜から夜更かし」「世界の果てまでイッテQ」「アメトーーーク」が学生からの人気が高いようです。
全体的にバラエティー番組をよく見るという学生が多い傾向にあり、報道番組を挙げる学生はほぼいませんでした。
ドラマのタイトルや朝のニュース番組を挙げる学生も少なく、ビジネス系の番組を見ているという学生もいましたが、21時~深夜にかけてのバラエティー番組が主でした。

就活を絡めた真面目なテレビ番組を見たいですか?

10.27.2
就活を絡めた真面目なテレビ番組を「とても見たい」と答えた学生は10%、「どちらかというと見たい」という学生が42%でした。
積極的に見たいと思っている学生は少なく、情報としてはほしいけれど毎週時間をとってまで見たいとは思っていない学生が多いのではないでしょうか。
「どちらかというと見たくない」と答えた学生が29%、「見たくない」学生は19%でした。
まだ就活にあまり意識が向かない大学1,2年生や就活を終えた4年生にとってはあまり興味がわかないか、あるいは考えたくないという心理が働くようです。
では、どのような番組構成であれば、学生は見たい!と思ってくれるのでしょう。

どんな就活番組だったら見たい?

・わかりやすいもの
・ジャニーズが出ていれば
・会社紹介
・実際の体験談を交えたバラエティー番組
・面白い
・情報が偏っていないもの
・お得情報がある
・採用の裏側
・企業のトップの対談
・社会の構造が悪いということが結論ではなく、それにどう対処すればいいのか教えてほしい
・失敗談を再現VTR
・経済状況を解説
・採用側の意向が分かるもの
・バラエティー番組
・就活に特化したのではなく、キャリアを考えられるようなもの
・履歴書の正しい書き方など就活関係 敬語、マナーなど
・企業が求める人材が知れる番組
・人事のコメントが多い
・就活生と同じ目線にたっている
・クイズ形式で参加型の番組。データ放送で生のかいとうがわかる
・面接内容、ホワイトやブラック企業の見極め方
・Twitterと連動
・重苦しくないもの
・入社1,2年の社員による会社紹介
・BtoB企業を中心にした企業の紹介 社員の仕事の様子の密着映像 業界の解説

バラエティー番組のような面白さを求める学生が多く、就活に対するネガティブなイメージが強いのか「明るく楽しい」番組であることが重要なことがわかりました。
またTwitterやデータ放送を使った、学生がリアルタイムで聞きたいことが聞ける番組作りが必要になりそうですね。
就活の基礎知識がない学生が、内定をゴールにするのではなくその先のキャリアを見据えて将来を考えられるようにするためにはどうすればいいのか、こちらも考えるべきなのかもしれません。

エンタメ系の番組をほぼ毎日見ている学生は17%

10.27.3
これまでのアンケートで分かってきたように、就活をテーマにしたものであってもバラエティー番組のような面白さが求められています。
実際に、エンタメ系テレビ番組を「ほぼ毎日みている」という学生は19%、「週の半分は見ている」学生が24%でした。
毎日でなくても、特定のエンタメ系番組に関しては見ている学生が41%とやや多く、需要の高さがうかがえました。
どのようなエンタメ系番組であれば、学生は見たいと思うのでしょうか。

どんなエンタメ番組だったら見たい?

・面白い
・笑える、楽しい
・誇張されたVTRや大袈裟な反応よりも、芸人さんがポンポンと軽くやり取りをしている番組
・チャレンジ系
・マツコ
・芸能人同士が楽しむのではなく視聴者が楽しむことを考えたもの
・くだらなさすぎない
・何かしらの知識になる
・うるさすぎない
・馬鹿らしくない
・視聴者にも伝わる面白さ
・ブラックユーモア
・旬な人だけではなく、いろいろな人にフューチャーする内容
・下品でないもの
・あまり知られていない役に立つ情報を流す番組
・地方のネタも提供
・期待していない

「面白さ」に期待する声もあったものの、今のバラエティー番組に対して「くだらない」「がやがやうるさいだけ」「下品」「馬鹿らしい」などあまり良い印象を持っていない学生も多く芸人同士が内輪で盛り上がっている感じに抵抗感があるようです。
それ故に、ただの流行りだけでなくあまり知られていない情報や地域ネタに焦点をあてている「月曜から夜更かし」などの番組に人気があるのかもしれません。
学生は何も考えずに笑える番組よりも、新たな情報源としてテレビを利用したいのではないでしょうか。

一番うれしい放送時間帯は21~23時

10.27.4
最後に「放送時間帯は何時が一番うれしいですか?」と質問をし、アンケートを終了しました。
「21~23時」が最も多く40%、「19~21時」が33%、「23~25時」が14%という結果になりました。
学生がテレビを見るとして、理想的な時間は21~23時となりました。
大学の授業やアルバイト、友人との遊びなどいろいろと多忙な大学生、のんびりできるのはやはり寝る前のやや遅めの時間帯といえそうです。

まとめ

今回は学生の好む番組について調査しました。
アンケート結果は以下の通りです。
・ほぼ毎日テレビを見ている学生が48%
・「月曜から夜更かし」「世界の果てまでイッテQ」「アメトーーーク」が学生からの人気が高い
・就活を絡めた真面目なテレビ番組を見たい学生は52%
・就活番組ならバラエティー番組のような面白さがほしい
・エンタメ系の番組をほぼ毎日見ている学生は17%
・今やっているエンタメ系番組はくだらない?
・一番うれしい放送時間帯は21~23時

テレビ離れが騒がれている中で、スマホやPCなど利用できるメディアの多い若い世代を取り込むのはなかなか難しいと言えそうです。
バラエティやエンタメ系番組を見ている学生は多いですが、単調な作りの番組の多さに嫌気がさしているように感じました。
情報源の多い若者だからこそ、ただ面白いだけでなく新たな知識を得られるような番組にしていく必要がありそうです。
就活は学生である限り避けては通れないテーマです。
早い段階から将来について考えるキッカケをつくってあげられるといいですね。
Students lab編集部では、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
また、より精密な調査データや学生プロモーションのご依頼はお問い合わせフォームからお願いいたします。
(実測日:2015年10月26日 回答者数:289人 /Students lab編集部調べ)
(Photo by:Sleeping TV Man by Evan, on Flickr)