記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

【夏休み特集】今の学生は夏フェスに行かない!?音楽だけじゃない夏フェスの楽しみ方とは?

Category Image

夏と言えばフェス!
夏フェスの時期が来ましたね。
音楽好きを始め、毎年夏フェスを楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?

夏の暑い日に音楽を聴きながらビールを飲んで食べて踊って…
そんな楽しい夏フェスですが、実際に大学生はどう思っているのでしょうか。

今回は大学生の夏フェスに対する意識調査を行いました。

約9割の学生は夏フェスに行ったことがない

スクリーンショット 2014-08-10 20.00.18

行ったことはない:87%
一度は行ったことがある:9%
よく行っている:4%

約9割の学生が夏フェスに「行ったことはない」と回答をしました。
「一度は行ったことがある」と回答をした学生は9%、「よく行っている」と回答をした学生は4%でした。
ほとんどの学生は、夏フェスに行ったことがないことが分かりました。

学生は夏フェスに興味がない?

summer-fes

行かない:75%
行く予定はないが行きたい:18%
行く予定がある:4%
既に行った:2%

意外にも「行かない」と回答をした学生が一番多く、75%でした。
一方で「行く予定はないが行きたい」と回答をした学生は約2割、「行く予定がある」と回答をした学生は4%ととても少ない結果となりました。
今の学生はあまり夏フェスに興味がないのでしょうか。

学生が知っている夏フェスランキング

スクリーンショット 2014-08-10 20.01.39

1位:SUMMER SONIC

スクリーンショット 2014-08-10 21.44.38

【会場】東京(千葉)・大阪
【日数】2日間
【通称】サマソニ
【特徴】・洋楽アーティストが多い(お客さんも外国人が多い)
    ・都市型フェスと言われ東京・大阪の2拠点で行う

2位:FUJI ROCK FESTIVAL

fuji_14_b31

【会場】新潟県湯沢町
【日数】3日間
【通称】フジロック
【特徴】・国内外の大物ロックアーティストが出演
    ・会場が広く、キャンプスペースがあり宿泊できる
    ・年齢層は高め

3位:ROCK IN JAPAN FESTIVAL

photo

【会場】茨城県ひたちなか市
【日数】4日間
【通称】ロッキン
【特徴】・若手のロックバンドが多数出演
    ・日本の有名アーティストが多く出演
    ・年齢層は若め
    

4位:a-nation stadium fes
5位:Amuse fes in つま恋
6位:氣志團万博

約半数の学生が「SUMMER SONIC」「FUJI ROCK FESTIVAL」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」これらの夏フェスを知っていることが分かりました。
どれも日本を代表するフェスばかりですね。

学生が夏フェスを選ぶときのポイントとは?

スクリーンショット 2014-08-10 20.04.37

出演するアーティスト:63%
フェスの場所:15%
チケット金額:9%
開催日程:7%
フェスの雰囲気:6%

夏フェスを選ぶポイントとして一番多かった回答は「出演するアーティスト」で約6割でした。
次に「フェスの場所」が15%、「チケット金額」が9%と続きました。
学生はフェスを選ぶにあたってあまり「場所」や「チケット金額」は気にせず、自分の好きなアーティストが出演するかどうかを重要視するようです。

夏フェスを楽しむ3つのポイント

最後にこれから初めて夏フェスに参加する学生に、夏フェスを楽しむ3つのポイントを紹介します。

見たいアーティストは事前に決めておく

スクリーンショット 2014-08-10 23.44.54

出典:SUMMER SONIC

会場が広いため、会場内に複数ブースが設置されています。
スムーズに回る為にも、自分が見たいアーティストを事前にチェックし、ブースを回る順番を決めておくと良いと思います。
また、スマートフォンのアプリがあるフェスも多く、当日アプリを見ながら回るのも良いでしょう。

音楽だけじゃない。美味しい食べ物も食べれる!

ap_shop

出典:greenz

夏フェスの楽しみ方は音楽だけではありません。
会場には人気B級グルメは始めとするフードブースも人気です。
音楽と美味しい食べ物にビール。
最高だとは思いませんか?

夏フェスの持ち物はこれだ!

・チケット
・現金
・スマートフォン(アプリ)
・レインコート
・防寒具
・帽子
・日焼け止め
・虫除けのグッズ
・ゴミ袋
・懐中電灯

必要最低限の持ち物リストです。
フェスは昼間から夜まで行うものも多く、熱中症対策はしっかりとしたいものです。
また天気が変わる可能性もあるので、突然の雨に備えてレインコート、防寒具も必須です。
荷物はリュック、ランニングポーチなどに入れて両手を空けると動きやすいでしょう。

まずは友達を誘って夏フェスに行ってみよう!

今回のアンケートの結果より、今の学生はあまり夏フェスに行かないことが分かりました。
フェスは音楽だけでなく、美味しい食べ物が食べれたり、最近ではクリエイターのワークショップが開かれるなど、音楽以外にも様々な楽しみ方があります。
疲れたら休んで友達とお酒を飲んだりご飯を食べながら、おしゃべりするのもいいですよね!

今回のこの記事を機会に、一度夏フェスに行ってみてはいかがですか?
きっと、忘れられない夏の思い出になること間違いないですよ!

(実測日:2014年8月8日~10日 回答者数:826人 /タダコピアプリ調べ)