CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

今の大学生の勉強事情。平均時間は「1時間以上」。勉強する場所は「自宅か学校の図書館」

社会人のみなさんは、大学時代どのように勉強をしていましたか?
コツコツ予習復習を欠かさずしていた人もいれば、テスト前に友達からノートを借りて必死に知識を詰め込んでいた人もいるかと思います。
今回students labでは、今の大学生の勉強事情を調査しました。

1日にどのくらい勉強する?

3.25.1
まず、大学の講義以外で1日にどのくらい勉強するのかを聞いてみました。
学生の中には3時間以上と答えた勉強に熱心な学生もいましたが、一番多かったのは「ほとんどしない」と回答した学生で、32%でした。
1日に1時間以上勉強するの学生が4割以上と嬉しい結果になりましたが、「ほとんどしていない学生」の多さが悲しいところですね…。
では、学生は勉強の目的は何でしょうか?

大学の講義の予習・復習をしっかりと

3.25.2
勉強の目的を聞いてみると、「大学の授業のため」と答えた学生が65%でした。
文系の学生はもちろん、レポートなどもありますよね。
特に理系の学生は課題や実験の準備など、事前にしておかなければならないことが多いのではないでしょうか。
次に多かったのは「資格勉強のため」で40%でした。
最近はTOEICやTOEFL、簿記などの資格を学生のうちに取ろうとする学生も多いです。
留学や就職活動などに有利だと考えているようです。
語学習得のため、と答えた学生も23%いました。
学校によっては英語だけでなく、第二外国語・第三外国語も必修にしていることもありますので日々の予習復習も欠かせませんね。

自宅が一番集中できる

3.25.3
最後に、どこで勉強しているのかを理由もあわせて聞いてみました。
72%の学生が「自宅」と回答し、「学校、学校の図書館」と回答した学生は51%でした。
カフェやファミレスのような安値で長時間いられる飲食店も「ほどよくうるさくて良い」と言う学生もいましたが、少数派のようです。

「自宅」で勉強する理由

お金をかけたくない
落ち着くから
移動時間がいらないから
寝る前に勉強するから
カフェでするお金がない
帰る時間を気にしなくて良い

やはり、自宅が一番静かで誰にも邪魔されることなく落ち着いて勉強できるという学生が多いのですね。

「学校、学校の図書館」で勉強する理由

静かで集中できる
授業に必要な資料がみれる
友人と分からないところを教えあえる
家に帰ったら寝たいから
本が充実している
お金がかからない

学校であれば困った時に必要な資料や相談できる友人がいることが利点なようです。

まとめ

今回の調査結果は以下の通りです。
・1日1時間以上勉強する学生が4割
・一方で全くしない学生も約3割
・学習の目的は「大学の授業のため」であることが多い
・場所は自宅かお金のかからない学校の図書館を利用する学生が多い

最近の傾向として、勉強に時間を費やす学生とそうでない学生とが二極化してします。
また、大学の授業のために勉強をする学生が大半でした。
静かで集中できる場所となるとカフェやファミレスよりも、自宅や学校の図書館の方が利用しやすいということが分かりました。
学校と大学の行き帰りがほとんどの学生にとっては、わざわざ外に出て勉強する必要がないのかもしれませんね。
Students labでは、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
(実測日:2015年03月24日 回答者数:394人 /Students lab編集部調べ)