記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

学生のギャンブル事情。ギャンブル経験者は15%とやや少数という結果に

Category Image
Hands playing slot machine

競馬やパチンコ、麻雀など、ギャンブルと一口に言ってもその種類は様々です。
今までで一度はギャンブルを楽しんだことのあるという方も少なくないことでしょう。
そのスリルからつい熱中してしまうこともあるかもしれませんが、生活に支障が出ない程度に楽しみたいものです。

今回Students lab編集部では、学生のギャンブル事情について調査を行いました。

ギャンブルの経験がある学生は全体の15%

Q.今まで何らかのギャンブルをしたことがありますか?

ある:15%
ない:85%

スクリーンショット 2016-06-17 20.32.44

今までに何らかのギャンブルをしたことがあると回答した学生は、全体の15%にとどまりました。
比較的時間があると言われることの多い大学生ですが、ギャンブルをやったことのある学生は少なめのようです。

今までにやったことのあるギャンブルでは「パチンコ」が最多

(「ギャンブルをしたことがある」と回答)
Q.今までやったことのあるものを教えて下さい(複数選択可)

パチンコ:42%
競馬:37%
競輪:8%
競艇:2%
オンラインカジノ(海外でのカジノ含む):13%
その他 (具体的に):18%

スクリーンショット 2016-06-17 20.39.29

1つ目の設問で、今までになんらかのギャンブルをしたことが「ある」と回答した学生のうち、42%の学生がパチンコをしたことがあると回答し最多でした。
また、パチンコに次いで競馬の経験のある学生が多いという結果になりました。

学生である私の友人でも、パチンコと競馬の経験のある学生が多い印象があります。
逆に、競輪や競艇の経験がある学生はほとんどいないように思います。

また、その他の回答は以下のようになりました。

・トランプ
・ポーカー
・宝くじ
・toto

ギャンブルを始めたきっかけは「友人・恋人に誘われたから」が半数

(「ギャンブルをしたことがある」と回答)
Q.そのギャンブルを始めたきっかけを教えて下さい(複数選択可)

友達や恋人に誘われたから:50%
親がやっていたから:25%
TVCMや広告を見て楽しそうだから:8%
好きなゲームや漫画がきっかけ:7%
その他 (具体的に):10%

スクリーンショット 2016-06-17 20.49.16

1つ目の設問で、今までになんらかのギャンブルをしたことが「ある」と回答した学生のうち、半数が友人や恋人の誘いでギャンブルを始めたと回答しました。

学生である私の友人でも、サークルの先輩や同期から誘われたことがきっかけでギャンブルを始めたという人は数人いますね。
自分から始める、というよりはまわりの人間関係がきっかけとなってギャンブルを始める学生が多いようです。

ギャンブルをやりたくなることにも「友人・恋人」が関係している学生が多い

(「ギャンブルをしたことがある」と回答)
Q.どんな時に好きなギャンブルをやりますか?

友達や恋人に誘われた時:42%
大きなイベント・大会がある時:8%
むしゃくしゃしている時:13%
1人でいて暇な時:20%
旅行に行った時の記念:7%
その他 (具体的に):10%

スクリーンショット 2016-06-17 20.56.49

どんなときにギャンブルをやるかという質問に対しても、友人や恋人の誘いが関係している学生が約4割で最多という結果になりました。
それに次いで、20%の学生が「1人でいて暇な時」にギャンブルをすると回答しました。

また、その他の回答としては”お金が欲しいとき”という回答もありました。
アルバイトではなく、ギャンブルでお金をかせぐという学生も少数派ではありますがいるようです。

使用金額は3,000円以内という学生が67%

(「ギャンブルをしたことがある」と回答)
Q.1回平均いくら使いますか?

~3,000円:67%
3,001~5,000円:17%
5,001円~10,000円:5%
10,001円~30,000円:10%
30,001円以上:2%

スクリーンショット 2016-06-17 21.20.48

ギャンブルをする学生が一回で使用する金額は3,000円以内が67%で最多でした。
友人や恋人と、または一人で暇つぶしをする程度にギャンブルをする学生が多いようです。
ただ、中には一回のギャンブルで数万円ものお金を使用するという学生もいました。

ギャンブルをしないのは「お金がもったいない」が約6割[「ない」と回答]

Q.ギャンブルをやらない理由のうち、あてはまるものを選んで下さい(複数選択可)

雰囲気が怖い(音がうるさい):7%
お金がもったいない:61%
ギャンブルに対するイメージが悪い:19%
時間がもったいない:4%
周りが全然やっていないから:6%
その他 (具体的に):3%

スクリーンショット 2016-06-17 22.14.49

ギャンブルをしたことがないと回答した学生のうち、約6割がお金がもったいないという理由でギャンブルをしないことがわかりました。
学生である私もお金がもったいないので、基本的にギャンブルはしません。
私はギャンブルにあてるお金があれば、他のことに使ったほうがよいと思っています。

約半数の学生はギャンブルを少しでもやろうと思ったことがある

(「ギャンブルをしたことがない」と回答)
Q.ギャンブルをやろうと思ったことはありますか?

頻繁にやってみたいと思う:2%
たまにやってみたいと思う:21%
ほとんど思わない:24%
全く思わない:52%

スクリーンショット 2016-06-17 22.34.50

ギャンブルをほとんどやろうと思ったことがないという回答を含めると、「ない」と回答した学生のうち約半数は少しでもギャンブルをやりたいと考えていることがわかりました。
無料でギャンブルのゲームやアプリができてしまうので、やりたいと思うものの実際にお金をかけてまでやりたいとは考えないのかもしれません。
娯楽としてはやりたいけど、ギャンブルとしてお金はかけたくないと考えている学生は一定数いそうです。

最初にやるのであれば、少額からという学生が約6割

(「ギャンブルをしたことがない」と回答)
Q.最初にやるとしたら、いくらから始めたいですか?

~500円:61%
501円~1,000円:20%
1,001円~3,000円:11%
3,001円~5,000円:4%
その他 (具体的に):3%

「ない」と回答した学生のうち、約6割がもしギャンブルをやるとしたら500円までと回答しました。また、1,000円までと回答した学生を含めると、約8割の学生が少額からであればギャンブルをやってみてもよいと考えていることがわかりました。
ギャンブルをしたことがない学生は、ギャンブルで大金をすってしまう可能性を考えてギャンブルをしてないことがわかります。

親しみやすく、少額でも楽しめるようなギャンブルがあることをアピールすべき

ギャンブルをしたことがある学生はまわりの人間関係がきっかけではじめて、比較的少額で楽しむ人が多いことがわかりました。

また、ギャンブルをしたことがない学生は、お金をすってしまうことやギャンブル自体の印象があまりよくないことから、ギャンブルを始めにくいことがわかりました。

ギャンブルをしたことがない学生には、親しみやすくて少額でも十分に楽しめるギャンブルもあるということをアピールすべきでしょう。
ギャンブルの経験がなくても興味がありそうな学生は一定数いるので、彼らに対してどうアプローチしていくかを探っていく必要がありそうです。

Students lab編集部では、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみてください。

また、より精密な調査データや学生プロモーションのご依頼はお問い合わせフォームからお願いいたします。
(実測日:2016年5月10日~15日 回答者数:321人 /Students lab編集部調べ)