記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

学生のECサイト利用率は70%。Amazonがダントツ人気のなか、メルカリの存在感あり。

Category Image
education online

ネット上で買い物ができるECサイトの登場で、私たちの買い物はかなり便利になりました。
食べ物から本、電化製品など、多岐にわたる商品が家から一歩も出ることなく簡単に購入できます。
ゆえに、ついつい買いすぎてしまうという方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなECサイトの認知度調査をStudents lab編集部にて行いました。

Amazonが87%で知名度トップという結果に

Q.この中で知っているECサイトはありますか?(複数選択可)

Amazon:87%
楽天:74%
Yahooショッピング:61%
メルカリ:60%
フリル::19%
ボンパレ:21%
バイマ:9%
ヨドバシ.com:29%
ヤマダウェブコム:13%
ZOZOTOWN:45%
waja:1%
minne:19%
どれも知らない:6%
その他(具体的に):0%

SurveyMonkey分析   ECサイトの使用について

各ECサイトの知名度調査では、Amazonが8割以上の学生に知られており知名度トップという結果になりました。
1時間以内での配達「Prime Now」やドローンを使用した配達「Prime Air」など話題が尽きないこともあってか、学生からの知名度も高いようです。

また、楽天やYahoo、メルカリが知名度ではAmazonのあとを追うという形になっています。

7割の学生がECサイトを利用している

Q.ECサイトを利用していますか?

利用している:70%
利用していない:30%

スクリーンショット 2016-06-19 17.56.36

ECサイトを利用している学生は、全体の7割という結果になりました。
学生である私の友人だと、ECサイトを全く利用しない友人はほぼいないので個人的には意外な結果となりました。

インターネット上での取引ということもあり、商品を手にとって確認できないことや販売者の顔が見えないことなどの不安要素が利用の妨げとなっているのでしょうか。

利用度ではAmazonが他サイトを大きく離す

Q.この中で使っているECサイトはありますか?(複数選択可)

Amazon:74%
楽天:41%
Yahooショッピング:19%
メルカリ:19%
フリル::3%
ボンパレ:6%
バイマ:1%
ヨドバシ.com:10%
ヤマダウェブコム:2%
ZOZOTOWN:7%
waja:0%
minne:3%
どれも知らない:14%
その他(具体的に):0%

SurveyMonkey分析   ECサイトの使用について2

学生が利用しているECサイトを調査したところ、Amazonが他サイトを大きく離して74%という結果になりました。
また、Amazon以外のECサイトは知名度から利用度にかけて大きく割合が下がっていることが印象的です。

CMなどで見かけることもあってサイト自体の知名度はあるものの、その利用までは至っていないのが現状です。

商品が探しやすいことが大切という学生が最多

Q.どんなECサイトを使用したいと考えていますか?

デザインがおしゃれなECサイト:7%
整理されていて商品が探しやすいECサイト:26%
(カードや代引きなど)決済方法が豊富なECサイト:17%
サポートなどの対応が丁寧なECサイト:14%
商品数が豊富なECサイト:22%
特定のジャンルの商品を網羅しているECサイト:3%
ECサイトは使用したくない:7%
その他 (具体的に):2%

0622

学生が利用したいと考えるECサイトの特徴として、「整理されていて商品が探しやすい」ことを重要だと考える学生が最も多い結果になりました。
それに次いで、商品数が豊富なこと、決済方法が豊富なこと、サポートが丁寧なことが学生のECサイト利用のポイントであるといえます。
見た目よりも実用性を重視してECサイトを利用している学生が多いことが推測されます。

支払い方法はクレジットカードが最多、次いでコンビニという結果に

Q.ECサイトを使用する際の決済方法はおもに何ですか?

クレジットカード:41%
ネットバンキング:3%
電子マネー:3%
コンビニ:25%
ギフトカード(Amazonギフト券など):10%
ATM:1%
銀行振込:2%
ECサイトは使用しない:13%
その他(具体的に):1%

スクリーンショット 2016-06-19 18.21.03

ECサイトの支払い方法として、4割以上の学生がクレジットカードを利用していることがわかりました。
クレジットカードについては、お金を払った感覚がなくつい買いすぎてしまうという話もありますが、いちいちお金を払わなくてもよいという利点から学生の利用も多いようです。

学生である私は以前までコンビニ支払いやギフトカードを利用していましたが、一度クレジットカードを利用したらその便利さにはかないませんでしたね。

ECサイトでのショッピングには利便性を求める学生が多めか

ECサイトを利用している7割の学生は、便利で使いやすいECサイトを求める傾向にあることがわかりました。
スーパーやコンビニと同様に、普段使うお店にはおしゃれさなどよりも利便性を求めるようです。

そのため、商品数が多く、かつ商品が探しやすいAmazonが学生利用度1位というのもうなづけます。
学生をECサイト利用につなげるには、サイトを便利で使いやすいものにすることが重要なのかもしれません。

Students lab編集部では、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。

また、より精密な調査データや学生プロモーションのご依頼はお問い合わせフォームからお願いいたします。
(実測日:2016年06月14日~06月17日 回答者数:296人 /Students lab編集部調べ)