CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

【Students lab編集部調べ】2015年春の学生動向が分かる人気記事5選

こんにちは。
Students lab編集部です。
長かったゴールデンウイークも終わり、社会人の皆さんは普段通りの生活をようやく取り戻しつつあるのではないでしょうか。
慌ただしかった季節も、これで一区切りですね。
一区切りということで、今回は2015年春に公開し人気だった記事から、学生動向が分かる記事を5つ厳選して紹介したいと思います。

1.大学生のFacebookアクティブ率は約半分


『【2015年版】大学生のFacebookの利用頻度は?半年に1回以下しか使わない大学生が約半数』
社会人のかたでは利用率がもっと高く、学生ももっと頻繁に利用している、と思っているのではないでしょうか。
Facebookで連絡すればすぐに返事がくる、と思っていても、もしかしたらほぼ活用しておらず、メッセージすら見ていない、ということもあるかもしれません。
実名制で利便性も高いし、メールアドレスが分からなければFacebookから連絡すればいい、という考えは大学生相手には捨てたほうがいいかもしれませんね。

2.大学生が新しいバイトを始めるのは5月

image
『大学生を雇うなら今。アルバイトを始める時期は4月・5月が多数で合わせて約7割』
社会人の皆さんの中には、大学生のアルバイトを雇っている方も多いですよね。
アルバイトの募集をかける時期について、考えたことって意外とないのではないでしょうか。
新生活を始める大学生は、アルバイトを3月から調べ始めて、4月から5月の間に始めるようです。
また、4月からバイトを新しく始めた学生は、時間割が出る前にシフトを出すことになるため、授業との両立が困難になる傾向にあります。
新しく学生を採用する際は、授業との兼ね合いを考えてシフトを出してあげるといいでしょう。

3.就活生は選考時期を比較的気にしていない

image
『3月解禁となった就職活動。就活生が感じる就活時期の変化による影響とは。』
今年度からの就活時期の変更によって、就活生の間にはどのような変化が生じたのでしょうか。
大企業の面接ラッシュがずれ込んだことで、それまで民間企業と併願ができていた教員採用試験や公務員試験との両立が難しくなり、学生はどちらかを諦めなければなくなりました。
その一方、学業に専念できるというメリットもあるようです。
選考する企業側としても、今後の展開が気になるところですね。

4.理想の先輩像は厳しすぎない先輩

image
『【こんな社会人は嫌だ】学生が考える理想の先輩像となりたい先輩像』
新人研修を担当されている方の中には、後輩への接し方に悩んでいる方も多いと思います。
厳しくするのも、優しくするのも、度合いを間違えると新人にとってあまりプラスにはなりません。
やはりバランスが大切なようです。
厳しい先輩が倦厭されるということもなく、「正当に評価されそう」「公私をきっちりと分けている」というプラスイメージもたくさん見受けられました。
厳しさの中に優しさがある先輩が、学生が理想とする先輩像なのかもしれません。

5.学生がスマホで動画を見る傾向にあり

image
『動画は普段どうやって見ている?スマホで動画を見る学生は全体の約8割』
もはや私たちの生活の一部と言っても過言ではないスマートフォン。
学生もその例外ではありません。
なんと、学生の中でスマートフォンで動画を見るのは8割を占めています。
さらに、学生はそれぞれの動画サイトを用途に合わせてチョイスしているようです。
動画サイトはこれからビジネスにとっても重要なデバイスとなっていくはずです。
学生の利用状況に合わせて、最適な形で情報発信していくことが今後重要になりそうですね。
いかがでしたか。
Students labでは、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。