記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

大学生の英語力はどの程度?大学生のTOIEC平均点と英語事情

Category Image

みなさんは、英語は得意ですか?
日本にやってくる外国人観光客は年々増加傾向にありますし、ビジネスを発展させるためにも英語力はマストですよね。
小学校の教育に英語の授業が取り入れられるようになり、現代人にとって英語が話せることは当たり前という時代がいずれやってくるかもしれません。

今回Students lab編集部では、今どきの学生がどれくらい英語に力を入れているのか調査しました。

TOEICを受けたことがない学生は約半数。満点は2%

3.30.1
まず、学生の英語力を図るためTOEICの点数を聞きました。
商社や物流など英語を必須とする企業をはじめ就活でも点数を聞かれることが多いTOEIC。
しかし、今回のアンケートでは、「受けたことがない」と回答した学生が最も多く48%でした。

受けたことがあるという学生のうち最も多かったのは「500~595点」でしたが、点数には大きくばらつきが見られました。
TOEICの最高点は990点、今回のアンケートでは2%の学生が満点をとっていることがわかりました。

英語に力を入れている学生は多いと考えていいのではないでしょうか。
TOEICは受けたことがないという学生が多かったですが、英検ではどうなのでしょう。

英検を受けたことがない学生は33%、英検2級保持者は24%

3.30.2
高校受験の際に内申点を上げるために利用した学生も多いであろう、英語検定。
「受けたことがない」という学生は33%と、TOEICよりは少ないことがわかりました。

最も保持者が多かったのは、「2級」で24%でした。
英検2級は高校卒業レベルの英語力が求められます。

「1級」を持っている学生は3%、「準1級」が2%でした。
全体の約3割の学生は大学に入ってからも英語に力を入れて勉強していると考えられます。

では、自身の認識としてはどの程度英語が話せると思っているのでしょう。

ビジネス会話でも可能な学生は4%、日常会話ならできるという学生が40%

3.30.3
「英語をどの程度話せますか?」という質問に対し、「ビジネス会話でも話せる」という学生は4%でした。
最も多かったのは「片言でコミュニケーションはとれる」と答えた学生で38%でした。

ビジネス会話は難しくとも日常会話であればできるという学生は40%と、約半数の学生が英会話に自信を持っていることがわかります。
「全く話せる自身がない」と答えた学生は18%にとどまりました。

文系理系に関わらず、昔に比べ平均的に高い英語力が求められている世代なのではないでしょうか。

英語を話せるようになりたい学生が約9割

3.30.4
ここまで、英語力について聞いてきましたが、個人の意識として英語を話せるようになりたいと考えている学生はどれほどいるのでしょう。

英語を話せるように「なりたい」と答えた学生は63%、「どちらかというとなりたい」という学生が26%でした。
英語に興味なしという学生はわずか1割圧倒的に少なく、英語に関心を持つ学生の多さが目立ちました。

英会話教室に通いたいという学生が42%、大学の英語授業に期待する学生は17%

3.30.5
最後に、興味がある英語学習法について聞くと「英会話教室」に通いたいと回答した学生が最も多く42%でした。
つづいて「外国人と交流する」と回答した学生が40%、「(自分で)TOEICを勉強する」と答えた学生が36%でした。

一方「大学の英語講義を受講」したいと回答した学生はわずが17%でした。
大学に通っていても、自力で、あるいは外部の教室などを利用したいと思っている学生が多く、大学の英語講義に期待している学生は少ないようです。
英語そのものを学術的に学ぶものは多くても、実践的な英会話ができる授業が少ないのかもしれませんね。

まとめ

今回は、学生の英語事情について調査しました。
アンケート結果は以下の通りです。

・TOEICを受けたことがない学生は約半数。満点は2%
・英検を受けたことがない学生は33%、英検2級保持者は24%
・ビジネス会話でも可能な学生は4%、日常会話ならできるという学生が40%
・英語を話せるようになりたい学生が約9割
・英会話教室に通いたいという学生が42%、大学の英語授業に期待する学生は17%

もちろん個人差はありますが、英語に関心を持っている学生は多く向上心を持っている学生が大多数であるように感じました。
今の社会人がこれから入社する学生に英語力を期待しているのと同じくらい、当の学生たちも重要性を感じているのではないでしょうか。
大学の英語講義を受けたいと思っている学生が少ないことから、より実践的な英会話ができる教室があると学生に喜ばれるかもしれません。

Students lab編集部では、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
また、より精密な調査データや学生プロモーションのご依頼はお問い合わせフォームからお願いいたします。
(実測日:2016年03月29日~03月30日 回答者数:138人 /Students lab編集部調べ)
(Photo by:English class by Christel Øverland Preteni, on Flickr)