CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

ネット通話の最終手段がskype。基本はLINE通話など別ツールが主

みなさんは普段Skypeを使うことがありますか?
2人だけの通話だけではなく大人数での会議にも向いており、プライベートだけではなく仕事でよく利用する方もいるのではないでしょうか?
それでは、大学生にとってSkypeとはどのような存在なのでしょうか?
今回Students labでは学生に対し、Skypeに関する意識調査を行いました。

Skypeについて知っている学生は84%

1
まず初めに、スカイプの認知度について調査しました。
Skypeについて知ってい学生は84%で、大多数の学生が知っているという結果になりました。
全世界で利用されているSkype。
使ったことはなくても、名前だけは知っているという学生も大いに違いありません。

Skypeを使ったことのある学生は47%

2
次に、実際にSkypeを使っている学生がどれくらいいいるのか調査をしました。
実際に使っていると回答した学生は47%であり、知っていると回答した学生に比べると37%も減ったという結果になりました。
名前等は知っているものの実際に利用している学生はその約4割だということが分かりました。

Skypeを使い頻度、1位は「1年に1回」で59%

3
次に、実際にSkypeを利用している学生に対し、どれくらいの頻度で利用しているか調査しました。
1位は「1年に1回」の59%でした。
実際に利用している学生でも、頻繁に利用しているというわけではないようです。
そのため、半分以上の学生が1年に1回程度だと回答しました。

Skypeを使うときはどんな時ですか?

・すべてのSNSが使えなくなったとき
・留学してた時
・会議
・海外にいる友達とビデオ通話
・サークルの緊急会議
・海外の人と話すとき
・オンラインゲーム
・友人と長電話するとき
・離れている友達との会話

また、Skypeを使うときはどんな時に使うのかを調査しました。
多かった意見は「海外に住んでいる人との会話」「会議」でした。
海外と国際電話を利用すると費用がとても高くなってしまいますが、Skypeであれば無料で永遠と会話をすることができます。
また、大人数での会話にも適しているSkype。
家にいても会議に参加できるという点はは学生にも重宝されているようです。

Skype以外でよく利用するネット通話はLINE通話が1位で84%

4
最後に、Skepyを普段使わないという学生に対し、ネット通話をする際には何を利用するか調査しました。
1位はLINE通話で84%でした。
普段1番よく使うアプリである人が多いのがLINE。
そのLINE通話も同じく無料であり、手軽さと使い慣れている、またほとんどの学生がすでにアカウントを持っているため登録の必要がないという点からLINE通話を選択している学生が多いと予測します。

まとめ

・Skypeについて知っている学生は84%
・Skypeを使ったことのある学生は47%
・Skypeを使い頻度、1位は「1年に1回」で59%
・Skypeを使うときは「海外に住んでいいる人との会話」「会議」
・Skype以外でよく利用するネット通話はLINE通話が1位で84%

以上、Skypeに関する調査でした。
Students lab編集部では、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
また、より精密な調査データや学生プロモーションのご依頼はお問い合わせフォームからお願いいたします。
(実測日:2016年1月11日~1月13日 回答者数:228人 /Students lab編集部調べ)