CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

就活と言ったらまず何をする?就活生がはじめにやっていることとは?

就職活動の時期が近づいてきて、何をすればいいか戸惑う学生もいるかと思います。
特に、現3年生は就活時期がずれ込むことにより、就職活動にどう取り組むべきか悩む人も少なくないのではないでしょうか。
そこで、今回は就活生がどういったことから始めているのか、就職活動の初期に関するアンケートを集計してみました。

就活サイトに登録が第一

shukatsu1
現時点でしている就職活動の内容に関しては、
1位:就活サイトに登録する
2位:新聞/本を読む、ニュースを見る
3位:興味のある業界/会社を調べる
4位:資格をとる
5位:インターンをする

といった結果になりました。
まずは情報収集から始める学生が多く、説明会参加やOB/OG訪問を行う学生もいるようです。
その他に、資格取得やSPI対策などスキルアップに時間を使う学生がいることも特徴のひとつといえます。

新聞を読む就活生が増える

shukatsu2
現時点でしておきたい就職活動の内容に関しては、
1位:新聞/本を読む、ニュースを見る
3位:興味のある業界/会社を調べる
2位:資格をとる
4位:インターンをする
5位:面接/ES/SPI対策をする

という結果になりました。
就職活動が始まると、新聞を読み始める就活生が増える、という話はよく聞きますが、その話は事実だったと言えるようです。
情報収集よりも、スキルアップに時間を使うべきだった、と感じる学生は比較的多いです。
就活本番が近づくにつれ、スキルアップに時間が使えなくなることが理由のひとつと考えられます。

夏休みにしようと考えていることって?

shukatsu3
夏休みにしようと考えていることに関しては、
・新聞/本を読む、ニュースを見る
・興味のある業界/会社を調べる
・バイトをする
・インターンをする
・資格をとる
・就活サイトに登録する
・面接/ES/SPI対策をする
・就活説明会に参加する
・国内で旅行/ボランティアをする

といった結果になりました。
「バイトをする」が34%と高い数値となり、夏休みで稼げるうちに稼いでおきたい、ということがあるようです。
また、旅行やボランティアに行く学生は数値としては若干少ない印象があります。

情報収集の仕方で就職活動は変わる

情報をしっかりと持ち、知っているかどうか、で就職活動は大きく変わります。
行きたい企業があっても面接や選考について知らなくては意味がありませんし、情報収集をしなくては自分にあった企業も見つかりません。
早い段階でどれだけ情報収集しているか、が就職活動を有利に進めていくうえで大事なポイントになるはずです。
就活生のみなさんはぜひ参考にしてみてくださいね。
(実測日:2013年7月26日~8月16日 回答者数:305人 /タダコピアプリ調べ)