記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

就活生の大手志向度・希望勤続年数のアンケートデータまとめ

Category Image

近年ではベンチャー企業と呼ばれる会社が増えてきた背景もあり、以前より多種多様の働き方が増えました。
それでも未だ大手企業の人気は根強いと思います。

そこで今回は学生が実際にどのくらい大手企業を志望しているのか、何年勤続したいのか、転職についても含めデータを取りました。

大手企業に就職したいですか?

スライド1

Yes…61%
No…39%

約6割の学生は大手企業への就職を希望している結果となりました。

一方で、約4割の学生は大手企業への就職を希望していませんでした。
これはベンチャー企業など新しい働き方が浸透してきたのではないかと考えられます。

なぜ大手企業に就職したいのですか?(回答数620人)

集まった理由をまとめてみました。

給料面

・給料が良い
・お金がたくさんもらえそう。
・安定した収入がほしい。

環境面

・福利厚生がある。
・将来の安定。
・大手は終身雇用のイメージ。
・中小企業に比べて働きやすい環境が整っている。
・育児休暇制度とかがしっかりしている。
・優秀な人や教育環境が整備されていそう。
・中小よりは倒産の可能性が低そう。

その他

・大手のブランドネームに惹かれる。
・大手に入ると尊敬される。
・社会的地位のため。
・大手には優秀な人が集まるから成長すると思う。
・転職する際に大手企業に属していた方が有利。
・世間一般の目が気になるから。
・有名大学までいって、中小企業に入るのはいやだ。
・親が安心する。

回答では「安定」「高い給料」「良い環境」というキーワードが多かったです。

大手企業を希望する学生は、入社すればそれなりに将来の安定を確保できると考えている学生が多いようです。
また、「親が安心する」「世間一般の目が気になる」など、大手企業へ就職することで自分の社会的地位を獲得したいという意見もありました。

大手企業への就職を希望しない理由って?(回答数390人)

次に大手企業に就職を希望しない学生の意見をまとめました。

大手に就職を希望しない理由

・企業規模ではなく、自分に合う企業にいきたい。
・大手にもブラックはある。
・大手=いい会社とは限らないと思う。
・不況時に、直ぐリストラされそう。
・社畜になりたくない。
・自分の時間を確保できなさそう。
・競争率が高そう。
・大手企業だからこそのプレッシャーが大変そう。
・大手企業だと若いうちから大きな仕事がやらせてもらえなそう。
・ベンチャー企業にいきたい。
・起業したい。
・大手は自分にあわなさそう。
・人間関係がめんどうくさそう。
・大手だと人数が多くて自分が潰れしまうと思う。
・大企業だからと言って自分の仕事のやりがいにつながるかどうかはわからない。

主な回答は以上の結果となりました。

大手企業にあまり良いイメージを持っていない人や、自分の活躍・成長の場を求めてベンチャー企業を志望している学生が多く目立ちました。

将来転職するとしたらいつ頃を考えていますか?

スライド3

転職する気はない…52.92%
入社5年後…16.55%
入社3年後…13.97%
入社10年後…6.54%
10年以上後…5.15%
入社2年後…2.58%
入社1年後…2.28%

約5割の学生は入社後、転職する気はないようです。

一方で、入社8年以内に転職を考えている学生は約3割いました。
入社8年後の30歳をひとつの区切りにキャリアプランを考えているのかもしれません。

大手企業に就職を希望する学生の転職志望データ

1111

入社5年後…34%
入社3年後…25%
入社10年後…15%
入社10年以上後…9%
入社1年後…8%
転職する気はない…6%
入社2年後…3%

「将来転職するとしたらいつ頃を考えていますか?」の集計データの中から、「大手企業に就職したいですか?」の集計データでYesと回答した学生を取り出し集計した結果です。

大手企業に就職を希望する学生は転職志望思考!?

さきほどの全体での転職を希望するデータでは転職を考えていない学生が約5割であったことに対し、大手企業に就職を希望する学生の中で転職を希望する学生は約9割もいる結果となりました。
さらに、約5割の学生が30歳までに転職を希望していました。

大手企業は「安定した給料がもらえる」、「福利厚生が良い」という意見が多数ある一方で、長年勤務することに対しては希望していないようです。

また、「転職する際に大手企業に属していた方が有利」、「大手には優秀な人が集まるから成長すると思う」などの意見もあったことから、大手企業への就職は「その分野の社会勉強をする為」、「良い肩書きが欲しい」などの自分自身のキャリアステップとして考えている学生が多いのかもしれません。

自分が求めるキャリアプランに合った働き方を選ぶ傾向

「日本を米国のようにベンチャー精神あふれる企業大国にする」
近年、政府はベンチャー企業の支援に積極的に取り組もうと動いています。
これまでの日本は「大手企業=安定」と言われる時代でした。

しかし今では働き方が多種多様化に変化してきており、安定を目的とし大手企業を志望するよりも、個人のスキルアップやキャリアステップを目的とした就職活動を考えている学生が増えている傾向にあります。

データの集計結果、未だ大手企業の人気は根強いですが今後は学生に対して社会の中での企業の在り方、どのような社会貢献をしているのか、同業他社との働き方の差別化を明確にPRしていくことが良い人材の獲得へと繋がるのではないでしょうか。

(実測日:2014年6月13日~17日 回答者数:897人 /タダコピアプリ調べ)