CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

就活を意識している学生は約2割。12月の調査と比べると約10%増加

昨年の12月、Students LAB編集部では就活生に対して実際に準備をしている就活生はどのくらいいるのか調査をしました。
(参考:すでに就活を意識している学生は約2割!意外とまだ学生は動き始めていない?
そこで年が明けて2月になった今、今回も同じく就活生が実際にどのくらい就活に対して準備をしているのかアンケートを採りました。
就職活動が解禁となる3月が来月に迫った今、就活生のみなさんは具体的にどのような準備をしているのでしょうか。

就活セミナーに参加した就活生は約3割

スクリーンショット 2015-02-02 10.59.48
参加した:30%
2月中に参加する予定:14%
参加したことがない:55%

就活セミナーに「参加した」と回答をした学生は30%でした。
また、「2月中に参加する予定」と回答をした学生は14%でした。
就活イベントに参加した就活生の主な理由はこちらです。

・年が明けて就活をしなきゃいけないという思いが強くなった
・不安だから
・早く情報を得るため
・焦りがあったから
・自分を焦らせるため
・就活か進学か迷っているから
・何から始めていいのかわからなかったから

「早く情報を知りたい」、「就活に焦っている」などの意見が多く見られました。
他にも「参加することで自分を焦らせたい」という意見もありました。
前回調査をした12月時点で就活セミナーに参加した学生は19%でした。
学生が就活セミナーに参加した就活生の割合は12月に比べて約10%増えました。
就活に不安を感じて、就活が解禁される前に就活セミナーに参加した学生は増えたものの、それでもまだ半数以上の就活生は就活セミナーに参加していないようです。

筆記対策をしている就活生は2割

スクリーンショット 2015-02-02 11.00.10
始めている:23%
2月から始める予定:12%
始めていない:64%

次に筆記対策についてアンケートを採りました。
2月の時点でSPI・筆記対策を「始めている」と回答をした就活生は23%でした。
また、「2月から始める予定」と回答をした就活生は12%でした。
筆記対策を始めている就活生の主な理由はこちらです。

・早めのほうが安心
・遅れていると感じるから
・周りも始めている
・筆記で落ちるのだけは嫌だから
・早めにやって周りと差をつけたい

筆記試験に対して不安を感じている就活生が多く見られました。
昨年12月の時点で筆記対策をしている就活生は10%でした。
筆記対策をしている就活生はこちらも約10%増えたという結果になりました。
筆記対策を始めた就活生は約10%増えたものの、全体的には対策を行っていない就活生の方が多く筆記試験で差が出てきそうです。
3月から本格的に就職活動が始まり、筆記対策の時間を取ることが難しいことから今の時期に対策をしてほしいですね。

OB・OG訪問はまだやっていない就活生が大半

スクリーンショット 2015-02-02 11.00.26
訪問をした:6%
2月中に訪問する予定:6%

次にOB・OG訪問についてアンケートを採りました。
既にOB・OG「訪問をした」と回答をした就活生は6%、「2月中に訪問する予定」と回答をした就活生は6%でした。
こちらは12月と比べてもあまり変わらない結果となりました。
まだOB・OG訪問を行っていない就活生が多いようです。
大学のキャリアセンターや企業の人事を通してのOB・OB訪問は3月が解禁になるので、今の時点で訪問するには知り合いに紹介してもらうなど自力で社員を探すしかないようです。

企業説明会に参加した就活生は約2割

スクリーンショット 2015-02-02 11.00.55
参加した:19%
2月中に参加する予定:15%
参加していない:66%

次に企業説明会についてアンケートを採りました。
「参加した」と回答をした就活生は19%、「2月中に参加する予定」と回答をした就活生は15%でした。
5人に1人の就活生は既に企業の説明会に参加しているようです。
企業説明会に参加した就活生の主な理由はこちらです。

・企業研究になるから
・興味のない会社でも話を聞くことで興味がわくかもしれない
・視野が広がる
・広く浅くたくさんの企業を知りたい
・業務内容を知りどの業界が自分に合ってるのか考えたい

就職活動を前に「自分の視野を広げたい」、「社会人としての経験がしたい」と考えている就活生が多いようです。
12月の時点では企業説明会に参加した就活生が11%でした。
12月に比べると約10%の就活生が新たに企業説明会に参加したようです。
今後企業説明会の機会も増えてくると思うので、ぜひ積極的に参加してもらいたいですね。

4人に1人はインターンを経験している

スクリーンショット 2015-02-02 11.01.27
参加した:27%
2月中に参加する予定:6%
参加していない:67%

最後にインターンシップについてアンケートを採りました。
インターンシップに「参加した」と回答をした学生は27%、「2月中に参加する予定」と回答をした学生は6%でした。
インターンに参加した就活生の主な理由はこちらです。

・企業の雰囲気を知りたいから
・現場の話を聞きたい
・社会人の体験をしたかったから
・就活のアピールになると思った
・どの企業に興味があるか知るため
・経験から何か学べると思った

主に「実際に企業で働いてみたい」という意見が多く見られました。
実際に企業で働いてみることで企業の雰囲気が分かり、業界、または企業の働き方を学ぶことができます。
インターンシップそのものが企業研究になると考えている就活生が多いようです。
また、12月の時点でインターンに参加した学生は4%でした。
約20%ほどインターンシップへの参加率は上がり、これは就職活動の後ろ倒しによるインターンシップの重要性が影響していると考えられます。
就職活動が解禁される3月より前にインターンシップを経験している就活生は約3割が見込める結果となりました。

2月の時点で就職活動を意識している就活生は約3割

今回Students LAB編集部では就活生に対して、就職活動に対して準備している就活生がどのくらいいるのか調査しました。
就活セミナー、インターンシップに参加した就活生は約3割おり、筆記対策、企業説明会に参加した就活生は約2割でした。
約3割の就活生が2月の時点で就職活動の準備を進めているようです。
中でもインターンシップに参加した就活生の割合は高く、12月から約20%ほど参加率は上がりました。
今回の調査の結果、12月に比べると就職活動の準備をしている就活生の割合は約10%上がりました。
しかし、全体的に見ると約7割の就活生は未だ準備を行っていないことが分かりました。
就職活動が後ろ倒しになった2016年卒の就職活動ですが、就職活動のセミナーは2015年に入ってから増えてきました。
しかし、まだ半数以上の就活生は就活セミナーにも参加をしておらず、準備をしている就活生と準備をしていない就活生で来月からの就職活動で大きく差が生まれそうです。
また今後もStudents LAB編集部では就活生の動向を調査していきたいと思いますので、興味のある方はぜひチェックしてくださいね。
(実測日:2015年1月31日~2月1日 回答者数:190人 /タダコピアプリ調べ)