記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

3月解禁となった就職活動。就活生が感じる就活時期の変化による影響とは。

Category Image

16卒の就職活動の解禁が3月となり、先月から正式にスタートしました。

今年の就職活動は、企業側も学生側も、手探り状態のまま始まったかと思います。
学生に勉強の時間を確保してもらおうと始まったこの取り組みですが、当事者の学生は一体どう思っているのでしょうか。

就活生の本音を聞くため、Students labでは就活生に向けてアンケート調査を行ってみました。

就活が遅れても「何とも思わない学生」が48%

スクリーンショット 2015-04-13 10.09.51

嬉しい:7%
少し嬉しい:11%
少し困る:18%
困る:15%
何とも思わない:48%

就活の開始について様々な議論がなされていますが、実際には、なんとも思っていない学生が半数のようです。
確かに、昨年の就活を経験している人はほぼいませんから、比較しようもないので当然かもしれません。

各々の選択肢について出た学生の意見をいくつか紹介します。

「嬉しい・少し嬉しい」と回答した学生18%のなかで出た意見は以下の通りです。

・勉強できる期間が増えるから
・時間の余裕が生まれる

学生は、当初の目的通り、勉強する時間が確保されたと感じているようです。
また、「じっくり考えることができる」といったように、就活が遅く始まることで、学生の就職先の選択肢が増える傾向にあるようです。

逆に、「卒論を執筆する時間が減る」、「就活の期間が短くなる」といった理由で、「少し困る・困る」と回答した学生は33%でした。
確かに、多くの学生は、卒論に本腰を入れるのは4年生からですから、就活を終えてから卒論を執筆し始めるというのは忙しいですね。

理系の学生の中には、卒論のためのデータを集める実験が4月から一旦中断されてしまうので困るという意見を持つ学生もいました。

どのような意見にせよ、これまでのスケジュール通りにはいかなくなっているのが現状です。
学生側では、いかにスケジュール管理をするか、その能力が問われているかもしれませんね。

21%の学生が卒業旅行を諦めた

スクリーンショット 2015-04-13 10.17.54

卒業旅行:21%
自動車免許の取得:5%
教員免許の取得:7%
公務員試験の受験:6%
特になし:66%

就活が春からスタートとなり、21%の学生が「卒業旅行を諦めた」と回答しました。
以前は内定が決まった夏休みに学生同士で卒業旅行に行くというのが主流でしたが、スケジュール変更によってままならなくなってしまったようです。

実際に、一つ前のアンケート「就活の開始時期が春になったことについて、どう思いますか? 」において、「春休みと夏休みが就活で忙しくなってしまい困る」という意見がありました。

卒業旅行だけでなく、以前は就活が終わった段階で開始されていた公務員試験やその他の国試の勉強などが夏休みにできなくなるケースもあります。
また、夏休みに自動車免許取得の合宿に行く学生も少なからずいると思うのですが、その傾向も変わる部分があると言えそうです。

およそ3割の学生が、スケジュール変更によって何かを諦めたことになりました。

まとめ

・「嬉しい・少し嬉しい」と回答した学生は、「少し困る・困る」と回答した学生より少ない
・半数の学生は「なんとも思わない」と回答
・就活のために卒業旅行や教員試験などを諦める学生が3割を超える

就活時期の変更によって、プラスの意見もある一方で、学生は様々な不満を感じていることが分かりました。
なによりも、就活の時期が長期休暇に被ってしまっているのが主な原因ではないしょうか。

また、就活の時期が変わったにも関わらず、公務員試験や教員試験、その他の国試の時期がこれまでと変わらなかったため、学生の選択肢を逆に狭めてしまうことになっています。
就活時期については、今後の動向が気になるところですね。

Students labでは、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。

(実測日:2015年04月10/11日 回答者数:99人 /Students lab編集部調べ)