CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

就活生に徹底調査!就活生が行きたいと思うイベントの3つの条件とは?

2016年卒から就職活動の時期が後ろ倒しに変更されました。
「学業を優先すべき」という政府の要請で変更された就職活動のスケジュールですが、皮肉にも授業と選考の日程が被ることが懸念されており、必ずしも就活生にとっては学業に専念できるスケジュールではないようです。
学生は企業から内定貰うことができても、単位が取れていないと卒業はできません。
よって、学生は学業優先で就職活動を行うことが予想されます。
そこで、今回Students LABでは就活生に対して、行きたいと思う就活イベントについてアンケートを採りました。
就活生が行きたいと思う条件を知ることで、今後の就活イベントの集客に役立てると良いですね。

約7割の就活生はイベントで企業の説明を聞きたい

スクリーンショット 2015-01-18 23.47.48
企業の説明を聞きたい :69%
就活のセミナーを聞きたい:13%
人事・社員と知り合いになりたい:11%
就活生の友達をつくりたい:7%

就活生に就活イベントに行く目的を聞きました。
「企業の説明を聞きたい」と回答をした学生が一番多く、69%でした。
約7割の学生は企業のことについて詳しく知りたいために就活イベントに参加するようです。
一方で「就活生の友達をつくりたい」と回答をした学生は7%と少ない結果となりました。
就活イベントには他の就活生との交流よりも、その企業について詳しく説明を聞きたいと考えている学生が多いようです。

参加企業を見てイベントに行く決める就活生が約半数

スクリーンショット 2015-01-18 23.39.29
参加企業が豪華:46%
支援金・交通費が出る:19%
人事・社員の参加人数が多い:13%
セミナー講師が人気:12%
就活生の参加人数が多い:9%

次にテスト期間中でも行きたい就活イベントとはどのような条件であるのか、アンケートを採りました。
「参加企業が豪華」と回答をした学生が一番多く、46%でした。
テスト期間中に就活イベントがある場合、まずはイベントに参加する企業を見て参加するかどうか決める学生が一番多いようです。
次に「支援金・交通費が出る」と回答をした学生が19%、「人事・社員の参加人数が多い」と回答をした学生が13%でした。
「支援金や交通費が出る」と回答をした学生が2番目に多かったことから、集客が見込めないイベントには、このようにお金を出すことも考えたほうが良いかもしれません。
また、「就活生の参加人数が多い」と回答をした学生は9%と少なく、さきほどの質問と同じくあまり就活イベントに就活生の参加人数や、他の就活生との交流は望んでいないようです。
あくまで自分の知りたい情報を得るためにイベントに参加する学生が多いようですね。

就活生が欲しい支援金は3,000円

スクリーンショット 2015-01-18 23.39.40
1,000円:25%
3,000円:39%
5,000円:21%
7,000円:3%
10,000円:12%

次に支援金・交通費が支給されるとしたら、いくらであれば就活イベントに参加したいか聞きました。
「3,000円」と回答をした学生が一番多く、39%でした。
次に「1,000円」と回答をした学生が25%、「5,000円」と回答をした学生が21%と続きました。
3,000円前後が就活生が求めている支給額であるようです。
また、「10,000円」と回答をした学生も少数ですが約1割いました。
地方から東京・大阪の説明会に参加するためには交通費もかかりますので、10,000円の支給を望んでいる学生もいるようです。

イベントに私服で参加したい就活生は約2割

スクリーンショット 2015-01-18 23.39.52
私服で参加したい:22%
どちらかというと私服で参加したい:27%
スーツでも構わない:51%

次に就活イベントに参加する際の服装についてアンケートを採りました。
「私服で参加したい」と回答をした学生は22%、「どちらかというと私服で参加したい」と回答をした学生は27%でした。
また、「スーツでも構わない」と回答をした学生は51%で、私服で参加した学生とスーツで参加した学生でおよそ半々に分かれる結果となりました。
意外と私服で就活イベントに参加したいと考えている学生が多いようです。

就活生が望むイベントの拘束時間は1時間半〜2時間

スクリーンショット 2015-01-18 23.40.00
1時間:16%
1時間半:35%
2時間:33%
3時間:13%
4時間:3%

最後に就活生が思う就活イベントの拘束時間についてアンケートを採りました。
「1時間半」と回答をした学生が一番多く、35%でした。
次に「2時間」と回答をした学生が33%、「1時間」と回答をした学生が16%と続きました。
「4時間」と回答を学生は3%と少なく、就活生にとって半日かけての就活イベントはあまり望まれていないようです。
就活生の望むイベントの拘束時間は「1時間半〜2時間」と回答をした学生が一番多い結果となりました。

テスト期間中にどれだけ集客できるかが今後の課題

3月に就職活動が解禁され、学生によっては年末まで就職活動は続くと予想されます。
その中で大学のテスト期間は避けられないものとなり、学業と就職活動の両立が大きな課題となってきそうです。
今回Students LAB編集部では就活生がテスト期間でも行きたい就活イベントの条件について詳しく調査しました。
企業の説明を聞きたいために就活イベントに参加する就活生が一番多く、テスト期間でも就活イベントに行く条件は
・参加企業が豪華
・支援金・交通費は3,000円を希望
・拘束時間は1時間半〜2時間

という結果になりました。
また、イベントにはスーツ派と私服派で約半数に分かれる結果となりました。
先週、Students LAB編集部では大学後期のテスト・レポート提出期間を調査しました。
(参照:学生はテストとレポートどちらを好む?企業の人事もチェックしておきたい学生の授業事情とは
今後もStudents LABでは学生・就活生の動向を追っていきます。
気になる方はぜひ今後もチェックして下さいね!
旬な大学生の動向を知ることで、今後のマーケティングに生かしていただけたら幸いです。
(実測日:2015年1月18日 回答者数:201人 /タダコピアプリ調べ)