記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

お酒を日常的に飲まない学生が45%!?最近の学生のお酒事情とは…?

Category Image

社会人になると必然的にお酒を飲む機会が増えますよね。

学生時代はお酒で色々と失敗した方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回Students lab編集部では、今どきの学生のお酒事情について調査しました。

普段お酒を飲まない学生が45%、飲んでも月に1回程度

1

まずはじめに、普段どれくらいお酒を飲むのか聞きました。
驚くことに「ほぼ飲まない」という学生が45%でした。
最近の学生はあまりお酒を飲む機会が少ないようです。
飲んだとしても「月1回程度」という学生が18%と、あまりお酒を飲まない学生が過半数以上ということがわかりました。

では、どのようなシュチュエーションの時にお酒を飲むのでしょうか?

居酒屋で飲む学生が55%、みんなで宅飲みする学生は少なめ

2

お酒をあまり飲まない学生は、仮に飲むとしても居酒屋で飲んでいるようです。

また自宅で飲むという学生が37%と意外にも多く、一方で友人との宅飲みをする学生はわずか4%でした。

居酒屋で飲むとしても2〜3杯程度、飲まない学生が多数派

3

続いて、居酒屋で飲むならどれくらいかという問いに対し、27%の学生が「アルコール2〜3杯程度」と回答。
26%の学生が「飲まない」と答えており、最近の学生は居酒屋であってもそんなにお酒を飲まないということがわかりました。

カクテル派が約4割、アルコール度数低めのお酒が人気

4

最後に好みのお酒を聞きました。
するとカクテル派の学生が39%、次に多かったのはチューハイ派で25%でした。

比較的アルコール度数が低いお酒が好まれており、あまりお酒を飲みなれていないように感じました。

昨年にもサークルの飲み会で女子大生が泥酔させられるという事件がありましたが、それはごく一部の話であって、全体を通してみるとお酒を日常的に飲まない学生の方が圧倒的に多いようです。

まとめ

今回は、学生のお酒事情を調査しました。
アンケート結果は以下の通りです。

・日常的にお酒はほぼ飲まない学生が45%
・飲むとしたら居酒屋でという学生が55%%
・飲んだとしてもアルコール2〜3杯程度、飲まないという学生も多い
・アルコール度数低めのお酒に人気が集中

大学生がお酒を飲む=泥酔といったイメージを持っている人も少なくないはず。
しかし最近の学生はあまりお酒を飲んで失敗する…という経験をしていないのかもしれませんね。

アルコール度数の高いお酒を飲む学生は少なく、お酒に対する欲求はあまり見られませんでした。

Students lab編集部では、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
また、より精密な調査データや学生プロモーションのご依頼はお問い合わせフォームからお願いいたします。
(実測日:2016年03月10日~03月11日 回答者数:142人 /Students lab編集部調べ)