CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

リボ払い使ったことがある?大学生はリボ払いをどの程度理解しているのか

みなさんはクレジットカードのリボ払いを使ったことはありますか?
支払いが溜まっているときには正直助かるリボ払い。
クレジットカード会社もリボ払いを促進させるためにキャンペーンなどを行っていますよね。
果たして、大学生はどの程度リボ払いに関心を持っているのでしょうか。
大学生のクレジットカードの利用実態調査について調査しました。
また、前回の記事も参照のうえお読みください。
『大学生にクレジットカードを普及させるための3つの施策』

大学生のクレジットカード所有率は55%

1
まずはじめに大学生のクレジットカード所有率は55%となりました。
約半数の大学生がクレジットカードを所有していますが、まだクレジットカードを持っていない層が十分にいることを考えるとまだまだ会員獲得の可能性があると言えそうですね。

リボ払いに対する理解度はやや低め

2
クレジットカード所有者に対しリボ払いに対して質問してみたところ、一番多かった回答は「なんとなく知っている」でした。
テレビCMでもリボ払いに対して触れることから言葉を知っている学生は少なくないようです。
リボ払いとは、毎月の支払を一定の金額にし負担を減らす支払方法です。
支払に対して利息手数料がかかるため通常通り支払うことに対し損はしますが、資金繰りに困っているときには有難い制度です。
リボ払いだと損する印象はありますが、リボ払いのほうがポイント還元がいいなどメリットもあります。
ですが、大学生はリボ払いにどういったイメージを持っているのでしょうか?

リボ払いは「危なそう」で「手数料が高い」イメージ

大学生のリボ払いに対するイメージは以下の通りでした。

・利子が多くつく
・楽々返済のイメージ
・やばそう
・手数料が高くつく
・損しそう
・気づかないうちに利息が膨らんでいそう
・うまく使わないと危険
・使わないほうがよい
・面倒

特に多かったのが、手数料が高い、損する、といった意見でした。
返済を遅らせる分損してしまうのはしょうがないことではありますが、手数料自体は決して高くなく借金地獄になるようなことは常識範囲のなかで利用していれば大丈夫です。
そういった点で、「上手く使わないと危険」という意見は的を得ていると言えそうです。

実際にリボ払いを利用している学生はごく僅か

3
最後に、リボ払いを利用したことがある学生について調査したところ、約1割が利用したことがある、とのことでした。
便利なリボ払いではありますが、学生のなかでは決してメジャーなやり方ではないようです。
ですが、一度利用したことがある学生にとっては危険度は感じられないようで、その後も継続して利用しています。
また、リボ払いを使ったシチュエーションとしては、「キャンペーンでお得」だったことが挙げられます。
その他ではバイト収入が少なかったときにリボ払いをするなど、上手く使いこなしている大学生もいます。

狙うポイントは既存利用者の警戒心を解くことから

今回は、大学生のクレジットカードのリボ払いに対する調査を行いました。
大学生に対してクレジットカードやリボ払いの利用を強めていく施策としては、
・リボ払いに対する正しい知識や理解を深めてもらう
・リボ払いによって増える支払金額を知ってもらう
ことで、リボ払いの安全さを知ってもらい、利用度が増すのではないかと言えそうです。
収入が不安定な学生にとってリボ払いはとても便利なツールですので、上手く活かしてもらいたいですね。
Students lab編集部では、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
また、より精密な調査データや学生プロモーションのご依頼はお問い合わせフォームからお願いいたします。
(実測日:2016年3月8日~9日 回答者数:102人 /Students lab編集部調べ)