記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

短期リゾートバイトに興味のある学生は55%。給料と観光ができることが人気の理由に。

Category Image
image

もうすぐ夏休み。
リゾート関係の会社の方は、アルバイト確保に苦労されていると思います。

学生の中には、長期休みを利用してリゾートバイトをしたい人も多いはず。
学生の希望を知ることができれば、アルバイト確保もうまくいくと思いませんか?

今回Students lab編集部では、学生に対して、リゾートバイトについてのアンケート調査をしてみました。

過半数の学生がリゾートバイトに興味がある

image

「夏の短期リゾートバイトに興味はありますか?」という問いに対する学生の回答は以下の通りでした。

かなりある:16%
少しある:39%
そんなにない:22%
全くない:23%

「かなりある・少しある」と回答した学生が、合わせて55%と過半数超えでした。

これだけの学生が参加したいと思っているリゾートバイト。
では、学生は何を期待して参加したいと思うのでしょうか?

76%の学生が給料に期待

image

次に、「夏の短期リゾートバイトに参加するとしたら、何に期待しますか?」という問いに対する学生の回答を見てみましょう。

貯金/給料:76%
寮費:11%
英語が使える:11%
期間:13%
観光できる:33%
出会い:18%
その他:3%

学生がリゾートバイトに期待するのは、ズバリお給料のようです。
確かに、集中的に仕事に入るため、たくさん稼ぎたいと思う学生が多いようです。

また、約3分の1の学生は、観光ができることも期待しています。
せっかくリゾートに来たなら、バイトだけでなく、自分も楽しみたいと考えるのが自然ですよね。

バイトを探し始めるタイミングはまさに今

image

「夏に参加するとしたら、いつ探し始めますか?」というアンケートに対する学生の回答は以下の通りです。

4月:5%
5月:10%
6月:41%
7月:26%
8月:9%
参加する直前:10%

6月にバイトを探すと回答した学生は、41%と断トツで多くなりました。

学生のアルバイトを募集するなら、まさに今のタイミング。
どんどん募集をかけていきたいところです。

マイナビバイト・タウンワークで探す学生が3分の1以上

image

「とこで探しますか?」という問いに対する学生の回答は以下の通りでした。

リゾートバイト.com:21%
リゾバ.com:3%
リゾートバイトナビ:8%
タウンワーク:34%
fromAナビ:14%
マイナビバイト:37%
バイトル.com:18%
学校の求人:16%
紹介:8%
その他:6%

マイナビバイト37%、タウンワーク34%でトップ2でした。
やはりネームバリューが大きいようです。

アルバイトの募集は、リゾートバイト専用のサイトの他に、大手のアルバイト募集サイトにも出した方が良いと言えそうです。

1ヶ月〜数週間参加したい学生が約半数

image

「どのくらいの期間参加してみたいですか?」というアンケートの回答結果は以下の通りです。

数日:47%
数週間:37%
1ヶ月:11%
夏休みの間ずっと:5%

数日という回答が1番多くなりましたが、数週間・1ヶ月と回答した学生も合わせて半数ほどになりました。

リゾートバイトの本領は長期で働くこと。
学生にとって長期で働くことはそれほど苦ではないようです。

求める時給は1000円以上が62%

image

「どのくらいの給料なら参加してみたいですか?」というアンケートに対する回答は以下の通りです。

800円以上:5%
850円以上:6%
900円以上:27%
1000円以上:62%

1000円以上を希望する学生が62%とかなり多めでした。
ですが一方で、800円以上なら良いという学生も5%もいました。

仕事内容や勤務時間によって、学生の考えは様々なようです。

まとめ

・過半数の学生がリゾートバイトに興味がある
・76%の学生が給料に期待
・バイトを探し始めるタイミングはまさに今
・マイナビバイト・タウンワークで探す学生が3分の1以上
・1ヶ月〜数週間参加したい学生が約半数
・求める時給は1000円以上が62%

いかがでしたか。

リゾートバイトを募集している企業の方は是非参考にしてみてくださいね。

Students labでは、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。

(実測日:2015年06月20日 回答者数:289人 /Students lab編集部調べ)
(Photo by:resort for relax by Luke Ma, on Flickr)