CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

学生はテストとレポートどちらを好む?企業の人事もチェックしておきたい学生の授業事情とは

1月も中旬に差し掛かり、学生のみなさんは今年度の授業が終わりに近づいてきましたね。
そこでStudents LAB編集部では1月でテストまたはレポート提出がある日はどの週が一番多いのか調査しました。
今回は学生とテスト・レポートについて、学生の授業を選択する基準について学生の動向を探ります。

約7割の学生が1月3〜4週目にテスト・レポートがある

スクリーンショット 2015-01-13 22.26.34
1月1週目:4%
1月2週目:11%
1月3週目:33%
1月4週目:38%
2月1週目:8%
2月2週目:5%

1月のテスト・レポート期間はいつ頃なのかアンケートを採りました。
一番多かった回答は「1月4週目」と回答をした学生で38%、次に「1月3週目」と回答をした学生で33%でした。
約7割の学生は1月の3〜4週目にテスト・レポート期間が多いようです。
企業担当者は学生のテスト期間を考慮して就活イベントやインターンシップを開催するといいかもしれません。

7割の学生はテストよりレポート派

スクリーンショット 2015-01-13 22.26.45
テスト:12%
どちらかというとテスト:17%
どちらかというとレポート:45%
レポート:25%

次に学生は「テスト」と「レポート」のどちらが単位を取るのに楽だと感じているのか調査しました。
「テスト」と回答をした学生は12%、「どちらかというとテスト」と回答をした学生は17%でした。
約3割の学生は「テスト」の方が単位を取ることが楽だと感じているようです。
「テスト」の方が楽と回答をした学生の主な理由はこちらです。

テストは答えが決まっているから
テストはやれば点が取れる
レポートが苦手だから
テスト勉強の方が楽
レポートは複数回あることが多い
暗記すればできる
レポートは、書くのも調べるのも大変
テストは受ければどうにかなる

「レポートを書くのが苦手」と回答をした学生が多く見られました。
また、「テストは勉強すれば点が取れる」という回答も多く挙げられました。
「レポート」に比べ、「テスト」は勉強すればしただけ点が取れる、また日頃授業にしっかりと出席をしていればテストは解けると感じている学生が「テスト」の方が単位が取れやすいと考えているようです。
一方で「レポート」と回答をした学生は25%、「どちらかというとレポート」と回答をした学生は45%でした。
7割の学生は「テスト」よりも「レポート」の方が単位が取れやすいと感じているようです。
「レポート」の方が楽だと回答をした学生の主な理由はこちらです。

好きな時間に書けるので比較的制約が少ない
テスト勉強の方が時間がかかる
レポートは出すだけで単位を落とすことはなさそう
与えられた時間に書けばよいから
テストは勉強しないと点数が取れない
覚えるのが苦手だから
テストだと暗記に頼ってしまうから

「レポート」と回答をした学生の多くは「レポートは事前準備なので時間を調整して自由に書ける」といった意見や「テスト勉強などの暗記が苦手」などの意見が多く挙げられました。
確かにレポートは制限時間が決められているテストとは違い、提出期限までに自分で時間を作って自由に書くことができるので、計画的に行うことができます。
また、「レポートは提出すれば単位が取れるというイメージ」という意見も多く見られました。
「テスト」では得点が出るので明確に合否が分かれやすいですが、「レポート」の得点の付け方は「テスト」に比べて難しく、また事前に参考文献を見ながら書くので質としては高いものを提出することができます。
これらの点が「レポート」は提出するだけで単位が取れるという印象に繋がっているのかもしれません。

授業を取る基準は興味があるかどうか

スクリーンショット 2015-01-13 22.26.59
自分の興味分野かどうか:62%
楽に単位が取れるかどうか:40%
教授・授業が面白いかどうか:34%
友達や知り合いと一緒に受けれるかどうか:16%
あまり意識しない:6%

授業の時間割を決めるとき、何を意識して授業を選ぶのかアンケートを採りました。
一番多かった回答は「自分の興味分野かどうか」で62%でした。
半数以上の学生はまずこの授業が自分の興味の内容なのか、また自分の興味のある分野の授業から時間割を埋めているようです。
次に「楽に単位が取れるかどうか」という意見が多く、40%でした。
意外と単位が取れるかどうかを気にして授業の選択をしているようで、「教授・授業が面白いかどうか」という回答よりも高い割合になりました。
その授業がいくら面白くても、単位を取る過程が厳しそうであれば授業を取ることを断念する学生もいるようです。
また、意外であったのは「友達や知り合いと一緒に受けれるかどうか」という回答で16%でした。
学生のみなさんは何か行動する際も、誰かと一緒に行動することを好み、集団の中にいる傾向があるように感じます。
授業も一人で受けるのではなく、友達と一緒に連んで受講する学生が多いのかと思いましたが、授業の選択はあまり友達と連むことなく、自分一人で選択をしているようです。

人事の方は1月下旬のイベント開催に注意!

今回Students LABでは大学生とテスト・レポート・授業の選択基準について調査しました。
今回の調査では
・大学生は1月3〜4週目にテスト・レポート提出がある大学が多い
・「テスト」に比べて「レポート」の方が単位を取るのは楽だと感じている学生の方が多い
 また、「レポート」は提出するだけで単位が取れるというイメージがある
・時間割を決める際、授業の選択基準はまず「自分の興味分野かどうか」であり、次に「楽
 に単位が取れるかどうか」である

以上のことが分かりました。
特に企業の人事の方は、1月3〜4週目の日程で就活生向けのイベントやインターンを設ける際には注意が必要です。
学生はまだテストやレポート提出が残っているかもしれないので、集客することが難しくなるかもしれません。
Students labでは、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
興味ある方は今後も記事をぜひチェックしてみてくださいね!
(実測日:2015年1月13日 回答者数:401人 /タダコピアプリ調べ)