CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

リクルートの知名度はどの程度?学生はリクルート文化は好きなのか。

社会人で知らない人はいないと言っても過言ではないリクルートホールディングス。
学生の間でも、社名でピンとは来なくとも、リクナビやタウンワーク、ホットペッパーグルメなどサービスには触れたことがあるはず。
サービスは十分に有名と言えそうですが、企業として学生にどこまで認知されているのでしょうか。
今回は、リクルートホールディングスの認知度を調査しました。

社名を聞いても分からない学生は30%

1
「リクルートホールディングスを知っていますか?」と質問をしたところ、分からないと答えた学生は30%いました。
とはいえ、学生からの認知度は70%と高い反面、社名だと聞かれるとイメージが湧かない学生も多いようです。

リクルートの詳細はそこまで把握しておらず

2
3
リクルートは事業ごとに分社化し、事業展開をしていますが、そのことを把握している学生は25%となりました。
また、「上場しているか」という設問に対しては、比較的正しい認識をしている学生が多く72%の学生が理解していました。
リクルートのことを細かく把握しているわけではないですが、ある程度の理解はあると言えそうです。

リクルートの企業文化に対しての理解度は?

4
リクルートといえば、企業文化が特徴的で人気や知名度が高いと思われます。
「リクルート出身」という言葉がある通り、リクルートが企業ブランドとして確立していると言えます。
リクルート文化に対する学生の印象は、半数が「分からない」という回答で印象がないようでした。
リクルートのことは知っていても、どんな企業なのかどんな風土なのか、は知らない学生は多いようです。
半数はリクルート文化を知っているうえで、若干ながら「好き」のほうが多い結果となりました。

リクルートへの就職希望度は38%

5
6
その結果として、リクルートへの就職希望度としても38%とやや高い結果となりました。
また、どの系列企業に興味あるか聞いたところ、

1位:リクルートキャリア
2位:リクルートジョブズ
3位:リクルートライフスタイル

となりました。
やはり人材事業の認知度や人気が高い結果となったものの、どの企業でもいい、という意見が比較的多かったことからも、リクルート自体に興味ある学生も多いようです。

就職したい理由は「楽しそう」

最後に、リクルートに就職したいと思った理由について聞いたところ、以下のような回答がありました。

・楽しそう
・前に話を聞いた時楽しそうだったから
・安定そうで将来性がありそう
・有名な企業で面白そうだから
・クリエイティブな仕事が多そうだから
・有名だから

大手企業/有名企業だから、といった回答も少なくありませんでしたが、それら以上に「楽しそう/面白そう」という回答が多かったです。
他の大手企業の場合には、安定や有名度で人気だったことに対し、楽しそう、という回答が多かったのはリクルートの特徴と企業文化がもたらした結果と言えそうです。

企業文化を認知させることは採用に断然有利

わざわざ言うまでもありませんが、企業文化がしっかりと認知されていることは採用に対しても有利に働きます。
「リクルートは楽しそう」という雰囲気がしっかりとあるため、第一印象でとても良い印象を与えることができます。
もちろん企業文化を学生や一般人に広めることは難しいことですが、そういった心がけを普段から行うことが採用の近道になるはずです。
まずは自社がどんな企業文化なのか、をこの機会に考えてみてはどうでしょうか?
Students lab編集部では、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
また、より精密な調査データや学生プロモーションのご依頼はお問い合わせフォームからお願いいたします。
(実測日:2015年12月14日~12月15日 回答者数:88人 /Students lab編集部調べ)