CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

女子大生のプレゼント事情。「友達へのプレゼント予算は3000円」が61%

友人に贈るプレゼント。
喜んでもらえるものを選ぶのにわくわくする反面、何なら気に入ってもらえるのかすごく悩みませんか。
ましてや、異性に贈るものなら尚更悩みますよね。
今回Students lab編集部では、女子大生の友人へのプレゼント事情について調査しました。

友人からもらって嬉しいプレゼントって?

7.14.2
まず初めに「友達からもらって嬉しいプレゼントは何ですか?」と女子大生に質問をしアンケートをとりました。
「アクセサリーや小物」と答えた女子大生が71%、「手紙」が46%。「食べ物」が41%と言う結果になりました。
友達からもらうなら、あまりかさばらず高価すぎないものの方が好まれることがわかります。
また「手紙」に対して支持が高かったのは、普段LINEやメールで済まされてしまう分、改めて手紙を贈られると女子大生でもやはり嬉しいからではないでしょうか。
カタチに残るものというのは、それを見るたびに思い出がよみがえってくるので、大切な人に想いを伝えたい時にはすごく便利ですよね。
一方でカタチには残らない「食べ物」が嬉しいという女子大生も41%と、多かったです。
交友関係が広く浅くなった女子大生にとっては、お返しをするにも気負わない程度のお菓子などの食べ物のほうが好まれる場合もあるようです。
では、女子大生は友達のプレゼントにどれくらいの予算をかけているのでしょうか。

プレゼントの相場は3000円程度

7.14.3
女子大生にプレゼントの予算を聞いてみると、3000円という回答が61%を占めました。
1000円以内という学生も24%と、その他の金額と比較すると割合的にやや高めという結果になりました。
8割以上の学生が友人へのプレゼントの予算を3000円以内と考えているようです。
アクセサリーや小物をもらうと嬉しいという女子大生が多かったことを考えると、友人へのプレゼントも同様にアクセサリーや小物を贈っているのではないでしょうか。
1000円以内という学生が多かったのも、ケーキやお菓子などの食べ物を贈る学生の多さを表しているのではないかと考えられます。

プレゼントの購入は雑貨屋さんが定番?

7.14.4
友達にプレゼントを買うとき、買うことが多い場所を聞いてみると、「雑貨屋」が55%、「ロフト」が44%、
「ショッピングモール」が39%という結果になりました。
高級なプレゼントよりも、高すぎず安すぎずなロフトなどの雑貨屋さんが女子大生には人気のようです。
また、ビレッジヴァンガードやドン・キホーテなどの変わった商品が多く揃うお店には女子大生はあまり魅力を感じないようです。
あくまでも、自分がもらった時に嬉しい可愛いものやおいしいものを贈りたいと考える傾向にあるのでしょう。
続いて、プレゼントを友人に贈るタイミングについても質問しました。

友人にプレゼントをあげるのは誕生日!

7.14.5
92%の女子大生が友人の誕生日にプレゼントを贈ったことがあると回答しました。
旅行のお土産やバレンタインなどは3~4割程度の女子大生がプレゼントを贈った経験があると答えましたが、一方でそれ以外のイベント時にはプレゼントを贈ったりしないようです。
クリスマスはプレゼント交換をしていそうなイメージがありますが、意外にも15%程度でした。

まとめ

今回は、女子大生の友人へのプレゼント事情について調査しました。
アンケート結果は以下の通りです。
・友人からもらって嬉しいプレゼントはアクセサリーや小物
・手紙のプレゼントも女子大生には喜ばれる
・プレゼントの予算は3000円以内が8割
・半数以上の女子大生がプレゼントを雑貨屋やロフトなどで購入
・9割以上の女子大生が友人の誕生日にプレゼントをあげた経験あり
・クリスマスにプレゼントを友人に贈る女子大生は少ない

女子大生の中には、食べ物など1000円以内で安く済ませる派と、3000円くらいでアクセサリーや小物など相手が気を遣わない程度のプレゼントを贈る派、3000円以上のそこそこいいものを贈る派の3タイプがいるようです。
年齢的にネタ要素の強いものよりも、雑貨屋さんで買えるような自分がもらって嬉しいようなカワイイものの方が女子大生ウケはいいということがわかりました。
女子大生によっても趣向は様々ですが、誕生日以外のイベントではあまりプレゼントを贈り合う習慣はないようです。
クリスマスなど家族や恋人同士だけでなく、友人にむけてもプレゼントを贈る習慣が根付くと市場としても大きくなっていくのではないでしょうか。
Students labでは、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
(実測日:2015年06月09日 回答者数:300人 /Students lab編集部調べ)
(Photo by:Presents? Ohhhh shiny…! by Karin Elizabeth
on Flickr)