CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

大学生の9割はパチンコをやらない!?大学生はパチンコ税には無関心。

法人税引き下げの減収の穴を埋める財源のひとつとして創立が検討されている「パチンコ税」。
娯楽としてパチンコをやったことのある学生もいると思います。
また、課税の対象はパチンコ玉の購入時ではなく換金時となっていることから、もともとグレーゾーンであったパチンコの換金を合法化することに議論は活発化しています。
今回はそんな「パチンコ税」について、大学生はどのように思っているのか調査しました。

パチンコをやったことがある学生はごく少数

スクリーンショット 2014-06-30 9.25.46
約9割の学生はパチンコ・パチスロをやったことがないと回答しました。
意外にもほとんどの大学生はパチンコをやっていないようです。

パチンコ税創設案のニュースを約7割の学生は知らない

スクリーンショット 2014-06-30 9.26.03
パチンコ税の創設案を知っている学生は約3割程度であるという結果が出ました。
日頃、ほとんどの学生がパチンコをやっていないため、あまり興味がないのかもしれません。
パチンコ税といっても、パチンコ業界だけでなく国の政策に関わる大事な問題です。
最低限の情報は仕入れて、状況を把握できるようにしておくと良さそうですね。

半数の学生はパチンコ税に賛成

スクリーンショット 2014-06-30 9.26.14
賛成:50%
反対:7%
どちらでもない:23%
分からない:20%

大学生の半数はパチンコ税の創設に賛成のようです。
7%の学生は反対と回答しました。
この層は、今現在娯楽としてパチンコをやっている学生ではないかと考えられます。
また「どちらでもない」「分からない」という回答をした学生は約4割でした。
知識や現状が分からず判断できない学生は少なくないようです。

パチンコについてあまり興味がない大学生が多数

スクリーンショット 2014-06-30 11.11.30
娯楽のひとつとして今後もあってほしい:4%
娯楽のひとつとして今後もあったほうがいい:18%
どちらでもいい:46%
なくしたほうがいい:21%
絶対なくすべき:11%

パチンコの在り方について、ややなくした方が良いという学生の方が多いですが、賛否はほぼ同じ割合で分かれました。
一方で、46%の学生が「どちらでもない」と回答をしました。
ほとんどの学生がパチンコをやらないという中で、パチンコの在り方についてあまり興味がないのでしょうか。
また、「娯楽のひとつとして今後もあってほしい」という願望の層は4%でした。
大学生にとってパチンコはあまり必要とされていないのかもしれませんね。

ギャンブルを合法化することで、大学生はどう影響が出るのだろうか

今、議論されている法人税引き下げに伴う税収入の穴埋めになる財源の確保についての問題。
そのひとつとして「パチンコ税」が挙げられていますが、大学生はこの問題についてあまり興味がないようでした。
その背景として、今の大学生はパチンコ・パチスロをほとんどやっていないことがありました。
また、パチンコ税を導入するということはギャンブルを合法化するということになります。
地域を限定してカジノを解禁する複合型リゾート施設(IR)整備推進法案なども議論されている中で、このパチンコ税の問題は大きな影響を与えそうです。
しかし、「パチンコ税」はまだ穴埋めの財源のひとつにすぎません。
今後、もっと身の回りのものに対し、税金をかけられることも考えられます。
もっと「パチンコ税」について大学生も議論をし、若者から政府・日本経済の抱える問題を解決していける環境を作っていけたらいいですね。
(実測日:2014年6月27日~28日 回答者数:532人 /タダコピアプリ調べ)