記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

スマホを手帳がわりにしている大学生はたった2割。紙の手帳を使用する人が7割

Category Image
6237338602_f0932b12ac_z

社会人のみなさんはスケジュール管理に手帳を使っていますか?
スマホだと管理がしやすいですし、紙の手帳だと1か月や1週間の予定が見やすく書き直しも楽にできますよね。

学生のみなさんはスマホを毎日使う人がほとんどのようですが、手帳機能に関してはどうなのでしょうか。
今回students lab編集部では、大学生の手帳事情について調査しました。

手帳使用率は9割。紙の手帳を使用する学生は7割

グラフ_質1_150402

手帳使用率は9割と高い結果でした。
ただ、スマホを手帳代わりにしている人となるとたった2割でした。
デジタルに移行するものが多い中、手帳に関してはアナログ派の人が多いようです。

まず、スマホを手帳代わりにしている人に対して、使っているアプリについて聞いてみました。

1番人気の手帳機能アプリはgoogleカレンダー

グラフ_質2_150402
app storeで人気の無料アプリが選ばれました。
googleカレンダー、Lifebear、ペタットカレンダーが主に使用されているようでした。

これらの結果を踏まえ
・なぜスマホを手帳代わりに使用するのか
・なぜ紙の手帳が人気なのか
それぞれの理由を調査しました。

スマホを手帳代わりに使用する理由

機能の便利さが主な理由としてあがりました。

googleカレンダーを使用する理由

Pcと同期できるから
有名だから
便利だから
使いやすい
使い慣れている
他のアプリとの連携幅が広く、使いやすいため

同期できるメリットも大きいようです。

ペタットカレンダーを使用する理由

googleカレンダーの理由と合わせて、見た目の良さも理由としてあがりました。

無料だから
便利だから
シンプルだから
かわいくて使いやすいから
見やすい

社会人のみなさんも納得の理由ではないでしょうか。
続いて、学生の使用率がもっとも高かった紙の手帳を使用する理由について見ていきましょう。

紙の手帳を使用する理由

様々な理由があがりました。
「慣れている」という理由からは、日常的に手帳を使用する学生が多いこともわかりますね。

見たいときにパッと見ることができるから。
今までの習慣だから
書くことで頭に予定を入れる。修正が楽だから。思い出の写真を貼ったりして日記にもなるから。
月間など一目でわかりやすいから
持ち歩いていると気分が上がるから
電池など気にしなくて良いから
自分の手で書くことによって記憶に印象づけるため
可愛くデコれるから。
あまりスマホを見ないから。
すぐにサッと書き込める
人前で気軽に出して見られる。
ペンで書いて、覚えやすい。自分だけの楽しいものを作れるから。
管理が楽
やはりアナログの方がしっくりくる
忘れにくい
携帯より自分好みにできる。
スマホで写メをとって手帳にあとで書き込む
自分なりにアレンジして書ける、使える
就活でスマホを使うのはどうかと思うから
自由に絵や日記としても使えるしすぐに見てわかるため
スマホで文字を入力するより紙に書いた方が早い
毎日見るから
ずっと紙の手帳を使っているから。
携帯を出しにくい場面でスケジュールを確認したい時があるから
電子媒体だとデータが飛んだら終わりだから。

スマホだと同期できて他の媒体でも見られるというメリットがあるかわりに、データがとんだりバッテリーがなくなるとスケジュールをチェックできなくなるというデメリットがあります。
持ち運ぶものが増えても、書き込みやすく予定を1度に見られる紙の手帳に良さを感じる学生が多かったようです。

まとめ

・スマホで最も使われている手帳機能アプリはgoogleカレンダー
・紙の手帳を使う学生は全体の7割

紙の手帳を使う理由は
・書き込みやすい
・自分好みにカスタマイズしやすい
・月間予定など1度に見られる
・スマホと異なりデータがとんだり、バッテリーがなくなるという心配がない

社会人のみなさんは同じ理由で紙の手帳を使われていますか?
それとも便利なスマホのアプリを使用されているのでしょうか。
ご自身の手帳事情と合わせて、今後の使い方も考えてみてくださいね。

Students labでは、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。

(実測日:2015年04月01日 回答者数:393人 /Students lab編集部調べ)
Photo by:Hahnemühle Sketch Diary by Hahnemuehle FineArt, on Flickr