CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

大学生のネットバンク利用率は11%。大学生がよく利用する銀行口座とは?

みなさんが学生時代にネットバンクは浸透していましたか?
もしかしたらまだネットバンクは存在していなかったかもしれません。
ネット時代になり、徐々に大学生の中にもネットバンクは浸透しつつあります。
大学生はネットバンクについてどのように捉えているのでしょうか?
今回はStudents labでは大学生にネットバンクについての調査を行いました。

ネットバンクについて知っている学生は51%

1
ネットバンクについて知っている学生は51%という結果になりました。
学生の半分はネットバンクの存在については知っているようです。

ネットバンクの口座を持っている学生は11%

2
ネットバンクの口座を持っている学生は11%という結果になりました。
知っていると回答した学生に対し、かなり少なくなってしまいました。
ネットバンクの存在は知っているものの、実際に口座を持っている学生はさほど多くはないということがわかります。

ネットバンク、ジャパンネットが19%で最多

3
実際にネットバンクの銀行口座を省有している学生に対しどの、ネットバンクの銀行口座を保有しているか調査してみました。
一番多かったのはジャパンネット銀行の19%でした。
二番目に多かったのは同率で楽天銀行とじぶん銀行、新生銀行の16%でした。
どこかが特別多いというわけではなく、大きな差はないようです。

ネットバンクの口座開設のきっかけを教えてください

ネットバンクの口座を持つ学生に、口座開設のきっかけについて調査してみました。

・アルバイト用の口座を開設する際に窓口でおすすめされたから
・金利がよかった
・オークションのため
・クレジットカードを作るために

ネットバンクに魅力を感じたというよりは、必然的に作ったという学生が多いように感じました。
いまだにネットバンクの魅力は大学生に浸透しきっていないようです。

銀行口座、2つ持ちの学生は41%

4
「銀行口座をいくつもっていますか?」という質問に対し、一番多かった回答は「2つ」の41%でした。
2つ以上持つ学生は62%おり、半分以上の学生は複数の銀行口座を所持しているようです。

保有している銀行口座、1番多かったのはゆうちょ銀行61%

5
保有している銀行口座、1番多かったのはゆうちょ銀行で61%という結果になりました。
次に多かったのは大差をつけて三菱東京UFJ銀行で30%という結果になりました。

メインで使っている銀行、ゆうちょ銀行が42%

6
メインで使っている銀行は、保有している銀行口座と同様1位はゆうちょ銀行と言う結果になりました。
2位も同様に三菱東京UFJ銀行という結果になりました。

その口座を選んだ理由を教えてください

・使いやすいから
・バイトで指定されたから
・家の近所にある
・大手だから
・支店が多いから
・なんとなく
・親と同じだから

「利便性」「必然性」を理由として挙げている学生がほとんどでした。
大手銀行であれば支店も多く、どこでも手数料を安く済ませることができます。
また、それが家の近所にあれば非常に便利です。
親がその銀行だから、またバイトで指定されたという必然性を挙げている学生もいました。

ネットバンクでもATMなど通常と変わらず利用できることを知っている学生は34%

7
ネットバンクでもATMなど通常と変わらず利用できることを知っている学生は34%という結果になりました。
学生にはネットバンクの利便性が未だ十分に浸透しておらず、まだまだ市場は広がりそうな気がします。

ネットバンクの手数料は一般的な手数料と変わらないと考える学生は48%

8
ネットバンクの手数料は一般的な手数料と変わらないと考える学生は48%という結果になりました。
約半分の学生はネットバンクの手数料を安いとは考えていないようです。
手数料といっても振込手数料や引出手数料など様々ですので一概に安いとは言えませんが、学生がネットバンクの利点を理解しているかというとそうではないことが分かります。

まとめ

・ネットバンクについて知っている学生は51%
・ネットバンクの口座を持っている学生は11%
・ネットバンク、ジャパンネットが19%で最多
・ネットバンクの口座開設のきっかけは「必然性」
・銀行口座、2つ持ちの学生は41%
・その口座を選んだ理由「利便性」「必然性」
・ネットバンクでもATMなど通常と変わらず利用できることを知っている学生は34%
・ネットバンクの手数料は一般的な手数料と変わらないと考える学生は48%

大学生の大半はネットバンクの存在については知っているものの、その価値や利便性についてはまだ十分に理解していないようです。
大学生向けに市場を広げたいと考えるのであれば、価値や利便性についての発信を多く行っていくことが重要と言えそうですね。
Students labでは、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
また、より精密な調査データや学生プロモーションのご依頼はお問い合わせフォームからお願いいたします。
(実測日:2015年10月5日~10月8日 回答者数:304人 /Students lab編集部調べ)