記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

買収で話題になったnanapi。果たして世間の大学生はnanapi買収を知っているのか?

Category Image

みなさんは日頃生活をしていて悩みや問題に困ったことはありませんか?
恋愛やお金、人間関係や家事など、生活をしていると様々な問題に直面すると思います。

そんなときに使える「nanapi」というライフレシピ共有サイトはご存知でしょうか。
nanapiでは日頃日常生活で出てくる悩みや問題を解決できるレシピがたくさん載っています。

また、先日KDDIにnanapiを運営する株式会社nanapiが買収されたことでも話題になりました。

今回は、大学生はnanapiを知っているのか、nanapiの認知度調査を行ってみました。

nanapiを知っている学生は約1割

スクリーンショット 2014-10-23 19.46.41

nanapiを「知っている」と回答をした学生は12%でした。
サイトのPVはとても多く、大学生も多くサイトを見ているかと思われますが、サイトを認知している学生はあまり多くありませんでした。

nanapiのページを訪れたことはあっても、nanapiと認識していない学生は多いのかもしれませんね。

また、同じく買収で話題になったMERYの認知度は15%、とnanapiより若干多い結果となりました。
『学生からの認知度は15%。女性の毎日をかわいくするキュレーションメディア「MERY」の実態調査!』

nanapiってどんなサイトなの?

nanapi
(出典:nanapi [ナナピ] | 生活の知恵があつまる情報サイト

nanapiとはどのようなサイトなのでしょうか。
主に3つの特徴があります。

「やり方」の百科事典である

nanapiはたくさんの「やり方」が集まる百科事典です。
日々生活している中でのちょっとした不便や悩みも、nanapiの記事を読めば解消できます。

19のカテゴリーに分かれている

恋愛・結婚の悩みから、お金、健康、パソコンやビジネス、娯楽や旅行まで様々なカテゴリーに分かれています。
また、女性の方は妊娠、育児・教育のカテゴリーもあるので嬉しいですね。
このように数多くのカテゴリーに分かれているので、自分の解決したい問題や悩みをピンポイントで探すことができます。

100,000件以上のライフレシピがある

nanapiでは記事のことを「ライフレシピ」と呼びます。
nanapiではそのライフレシピが100,000件以上あるので、豊富な情報量が強みです。
日々レシピは増えていくので、季節や時期に合わせてリアルタイムで旬なレシピを見ることができるのもnanapiの魅力のひとつです。

学生はnanapiをあまり利用していない!?

スクリーンショット 2014-10-23 19.47.05

サイトをよく見る:7%
サイトをたまに見る:39%
サイトを一度見たことがある:23%
サイトを見たことがない:32%

nanapiを「知っている」と回答をした学生にアンケートを採りました。

「サイトをよく見る」と回答をした学生は7%、「サイトをたまに見る」と回答をした学生は39%でした。
これらを合わせた人数はアンケートを採った学生全体の約7%に当たります。

nanapiは知っているけれども、「サイトを見たことがない」と回答をした学生は32%いました。
サイト以外の面でnanapiというサービスや会社を知っている学生は比較的多いと言えるのではないでしょうか。

KDDIに買収されたことを知っている学生は1割

スクリーンショット 2014-10-23 19.47.33

10月16日、nanapiを運営する株式会社nanapiはKDDIに買収されました。
KDDIはnanapiの他にもランキングサイトのビットセラーを買収しました。
また、スマートフォン向けコンテンツを保有する企業11社と業務提携を結び、新しいスマートフォン向けのサービスを展開することを発表しています。
(参照:KDDI、Nanapi・ビットセラーを買収。スマートフォンコンテンツの11社と提携 | M&Aタイムス

このことをnanapiを「知っている」と回答をした学生にアンケートを採りました。

この買収のニュースを「知っている」と回答をした学生は10%でした。
ITベンチャーやスタートアップ企業のなかでは、とても話題になったニュースですが、大学生や世間一般から見ると、決して大きな話題にはなっていないようですね。

ベンチャー界隈の話題は大学生には知られていない

IT業界やベンチャー/スタートアップ企業で働いている人にとっては、「DeNAによるiemo,MERYの子会社化」「KDDIによるnanapi買収」はとても大きな話題となっていたかと思います。

実際にこれらの結果は、今後のベンチャー企業や起業家に対して大きく影響を与えたのではないでしょうか。
大手企業による有望なベンチャー企業の買収/子会社化が日本でもっと増えてくる予兆とも言えるかもしれませんし、出資を受けたベンチャー企業が上場だけでなく、売却を視野に入れて経営戦略をたてることも考えやすくなったとも言えるはずです。

とはいえ、これらのニュースが話題になっているのはごく一部で、大学生でこのニュースを知っている人はごく僅か。
1つの業界や界隈にいると、自分にとっての大きなニュースが世間でも話題になっている、と思ってしまいがちですが、決してそうではないことは認識しておくことが必要ですね。

(実測日:2014年10月21日 回答者数:393人 /タダコピアプリ調べ)