記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

準備にはしっかりお金をかける、就活生の金銭事情。交通費は往復1000円以内を望む声が多数

Category Image

もうすぐ4/1。
就職活動が本格化する春が到来しました。
送別会や歓迎会で何かとお金の入り用な時期ではありますが、就職活動にも何かとお金はかかりますよね。

就活生のみなさんはどのようなものにお金をかけているのでしょう。
今回Students lab編集部では、就活生の金銭事情について調査しました。

「証明写真に3000円以上かけた人」が5割

グラフ_質1_150330
エントリーシートに証明写真は必須。
特に航空系の業界などでは、「顔」である写真のクオリティを大事にしたいところです。

普段使う証明写真だと1枚600円程度の1000円以下がほとんどですが、割高でもお金をかける就活生が多いようです。
中には2万円以上もかける強者もいました。

「身なりに1万円以上かけた人」が7割

グラフ_質2_150330
スーツやカバン1つにしても、良いものを選べば1万円以上します。
8割の就活生は就活のために身なりに気を使い、新品のものを購入していました。

何点そろえるかにもよりますが、4割の就活生は3万円以上も就活に投資していました。

「就活のための資格にお金をかけた人」が5割

グラフ_質3_150330
就活と資格。
グローバルする社会の中で特に英語力をはかる資格をとる学生は多いですよね。

1万円以上お金をかけている人は、約3割。
5割の就活生は就活のために何かしらの資格を取得していることがわかりました。

「交通費が往復1000円以上かかると高い」が9割

グラフ_質4_150330
たとえば東京都の選考の場合、都外から向かうとほとんどの場合1000円以上はかかります。
交通費だけで見ると、意外と毎回「お金がかかるな」と思っている就活生は多いのかもしれません。

そうなると、1度出かけたときに何社も選考を受けてしまいたいのではないでしょうか。
1日に何社まで説明会や選考を入れられるか、聞いてみました。

「1日2社までなら選考を入れる人」が7割

グラフ_質5_150330
1社しかいれない、という人は3割程度。
その他の人は2社以上入れるということでした。

せっかく交通費をかけて行っているのだから、1社だけしか予定を入れないという学生は社会人が思う以上に少ないのかもしれません。

まとめ

・証明写真…3000円以上かけた人が5割
・身なり…1万円以上かけた人が7割
・資格…1万円以上かけた人が3割

準備段階ではかなりお金をかけているようです。

交通費に関して
・往復1000円以上で高いと思う人が9割
・1日2社以上説明会や選考を入れるという人が7割

交通費については、それほどお金がかからないと嬉しい、というより学生よりの意見が出ました。

また、3社・4社と詰めて活動している就活生もいました。
地方から都市に出て就活をする学生にとっては、それがスタンダードなのかもしれませんね。

Students labでは、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。

(実測日:2015年03月28・29日 回答者数:239人 /Students lab編集部調べ)
Photo by:Cashing a Check by myfuture.com, on Flickr