記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

MT免許を持つ学生は29%。車の免許の取得予定自体がない学生は40%も

Category Image

みなさんは免許を持っていますか?
また、持っている方はいつ取得しましたか?
学生時代に取得したという方も多くいらっしゃるのではないかと思います。

今回Students lab編集部では、学生の車の免許に対する意識調査を行いました。

就職する前に免許を持っていて当たり前

キャプチャ
就職する前に免許を持っていて当たり前だと考える学生は73%、当たり前だと思わない学生は27%いることが分かりました。
就職する前に免許を取るメリットはたくさんあります。
学生時代であれば、空いている受講コマを使って教習所に通うこともでき、長期休暇では合宿に行くこともできます。
社会人になってから免許を取得しようとした際、どうしても休日を使うしかありません。
貴重な休日を教習所のために使うのも考え物です。

車の免許の取得予定がない学生は40%

1
学生時代に免許を持っておくことが大きなメリットとなるのにも関わらず、車の免許を持ってないし、取得予定もない学生は40%もいました。
なぜ40%の学生は免許を持たないのでしょうか。

【持っていないし、取得予定もない】理由

免許を持たない学生に、その理由について調査しました。

・お金がない
・今は使わないから
・都心に住んでて車を使わないから
・車を持っていないし、就職した後で会社の金でとらせてくれたりするから
・面倒だから

資金援助を受けられない学生にとって、教習所にかかる料金が大きな壁となっているようです。
また、必要性を感じないという意見も多くありました。
たしかに、都会に住んでいれば車が必要になる場面はそんなに多くないのかもしれません。
学生で車を持っている人がごく少数であるということも理由の一つになっているようです。

AT限定免許を持つ学生は71%

2
AT限定免許を持つ学生は71%、MT免許を持つ学生は29%であることが分かりました。
日本で生産されている乗用車のほとんどはAT車であり、最低限の機能さえ使えればそれでいいと考えているのでしょう。
また、MT免許の方が手間もかかり、料金も高いということも挙げられます。

MT免許取得理由は?

少数派であるMT免許取得者の取得理由について調査しました。

・汎用性
・家の車がそうだから
・実家の軽トラックがMTだから
・どっちも持っていれば安心
・かっこいい!
・機械が好きだから

「どっちも持っていれば安心」「持っている車がMT車」「かっこいい、好きだから」という意見が目立ちました。
取得の手間はかかるものの、確かにどっちももっていれば安心です。
また、実家の車がMT車のため、仕方なくという学生も多くいました。
MT車の魅力によってMT免許を取得するという学生もおり、手間はいとわないとのことでした。

女子はAT限定、男子はMT免許が定番なのか

3
女子はAT限定、男子はMT免許を取得すると考える学生は45%、そうとも言えないと考える学生は55%でした。
約半分の学生は男子の方がMT免許取得率が高いと考えているようです。
機械、車が好きなのは男性が多く、また特殊な車を運転するのも男性が多いということが挙げられます。

免許が持てない人もいる

4
持病(てんかん)などで免許が持てない場合があることを知っている学生は59%でした。
しかし、これはまだまだ国内の認識度は低いと見なされます。
持病が原因で事故を起こし、人がなくなるという事件は絶えません。
まずは世の中の認識を高めることで、少しでも事故抑止につながるのではないかと思います。

まとめ

今回の調査結果でわかったことはこちらです。


・車の免許を持ってないし、取得予定もない学生は40%
・就職する前に免許を持っていて当たり前だと考える学生は73%
・【持ってないし、取得予定もない】理由は「金銭問題」「必要性」
・AT限定免許を持つ学生は71%
・MT免許取得理由は「汎用性」「かっこいい」「必要性」
・女子はAT限定、男子はMT免許を取得すると考える学生は45%
・持病(てんかん)などで免許が持てない場合があることを知っている学生は59%

車の免許に対する学生の意識について調査をしました。
車の免許を持っている、また持ちたいと考えている学生は半数以上いるものの、そうとは思わない学生もいます。
教習所へのお金の問題や、必要性を感じないという学生が多かったです。

AT限定免許とMT免許であればAT限定免許が人気ですが、MT免許が魅力的、また必要であるからと取得する学生も多くいました。
免許の種類で男女差があると考える学生はなんと半数もいました。
持病によって免許が持てない場合があると知っている学生は6割しかおらず、これはまだまだ国内の認識度は低いと見なされます。

Students lab編集部では、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。

(実測日:2015年08月23日~08月25日 回答者数:299人 /Students lab編集部調べ)
(Photo by:drivingby Jessica Matteazzi, on Flickr)