CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

一度働いてみたい!大学生の本音の人気企業ランキング(生活品メーカー編)

みなさんは学生時代、働いてみたいと憧れていた会社はありましたか?
化粧品や食品メーカーは今もなお学生からの人気が高いイメージがありますよね。
実際にいくつもあるメーカーのうち学生から人気の企業はどういった特色を持つのでしょう。
今回Students lab編集部では、生活品メーカー業界において学生が働いてみたい企業をアンケートしました。

学生が働きたいと思う生活品メーカーランキング!

2.8.1

1位:資生堂

1位に選ばれたのは、大手化粧品メーカーである資生堂でした。
海外にも資生堂の化粧品などは知名度が高く、就職した際のネームバリューに惹かれる学生も多いことでしょう。
また化粧品を扱っていることから女子大生のあこがれはもちろんのことですが、昇給や福利厚生といった面でも女性が働きやすい企業だと言われています。
学生にとっては特段魅力的に見える企業ではないでしょうか。

2位:タニタ

2位は、丸の内に一般向けのタニタ食堂をオープンし、勢いのあるタニタでした。
もともと体重計などを扱う会社であったことから、食の健康にもこだわりを持っている企業です。
大手製菓メーカーや飲料メーカーよりも学生から人気が高かったことには驚かされました。
「健康」というトピックにも学生からの注目が集まっているのかもしれません。

3位:明治

「チョコレートは明治♪」のCMでお馴染みの製菓メーカーである明治が3位でした。
毎年学生の就職人気ランキングでは上位にランクインする明治。
その人気の理由はやはり子供のころから自分の身近にあり、安定感のある企業であることなのでしょう。
日本ではあまり知られていないかもしれませんが。医薬品メーカーとして海外でも有名です。
最近ではR-1などの乳酸菌飲料をスーパーで大人買いしている光景も見られており、健康商品に注目している学生も多いのではないでしょうか。

4位:サントリー

4位は、理系学生からの人気も高いサントリーでした。
昨年ライバル企業のキリンホールディングスを抜いて初めて日本飲食品業界でトップに立ちました。
創社以来初めて外部出身の新浪剛史ローソン前会長も社長として迎えたことで、サントリーは海外企業のM&Aとともに企業支配構造の変化させ今勢いに乗る企業です。
こうした様々な要因もあり、文理問わず学生から人気を集めているようです。

5位:味の素、花王

5位は、同率で味の素と花王が選ばれました。
味の素は、理系の就職人気ランキングで1位に輝いたことのある企業です。
傘下にいくつも食品企業・医薬品企業を持つグループトップで海外でも知名度は高いです。
花王は日本の日用品メーカーのリーディングカンパニーであり、男子学生よりも女子大生からの人気が高いようです。
洗剤などの日用品だけでなく、資生堂のように化粧品も取り扱っていることが女子からの人気につながっているようです。

まとめ

生活品メーカーは、文理問わず毎年人気です。
圧倒的に採用人数が少なく難関ではありますが、それでも知名度や身近でイメージのしやすさから希望する学生は後を絶ちません。
大手メーカーの安定感に惹かれる学生も多いのではないでしょうか。
Students lab編集部では、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
また、より精密な調査データや学生プロモーションのご依頼はお問い合わせフォームからお願いいたします。
(実測日:2015年01月30日~02月02日 回答者数:326人 /Students lab編集部調べ)
(Photo by:Tasty Food Abundance in Healthy Europe by epSos .de, on Flickr)