記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

LINEの新しいサービスを徹底調査!大学生の意外なLINE新サービスの認知度調査結果とは

Category Image
line-app-logo

Students LABでは昨年末より学生のLINEの使い方について調査してきました。
今回も引き続き学生のLINEの使い方についてアンケートを採りました。

今回は「LINE Pay」、「LINE MUSIC株式会社」、「LINEスケジュール」について調査しました。
学生の約9割が使用しているLINEですが、これらのサービスをどのくらいの学生が利用している、あるいは知っているのでしょうか。
(参考:大学生のLINE事情を徹底調査!なぜ学生はLINEをよく利用し、有料スタンプを購入するの?

LINE Payを知っている学生は約半数

スクリーンショット 2015-01-08 21.51.44
利用したことがある:2%
名前だけ知っている:44%
知らない:54%

LINE Payを「利用したことがある」と回答をした学生は2%、「名前だけ知っている」と回答をした学生は44%でした。
学生の約半数はLINE Payを知ってはいるものの、使ったことのある学生は少ないようです。

LINE Payってなに?

スクリーンショット 2015-01-09 13.59.51
(出典:LINE Pay

昨年の12月16日にLINEの決済サービスとして「LINE Pay」がリリースされました。
主な特徴としては、

・LINE上でお金のやり取りができる
・相手の口座情報は不要
・クレジットカード決済が可能

などがあります。
事前に「LINE Pay」専用のアカウントを作成します。
その後「LINE Pay」にチャージをして支払うことや、クレジットカードを利用することで友だちへの個人間送金や割り勘でお金の支払いを行うことができます。

この機能があれば、友達にお金を返したいときなど実際に合わなくても返済することができたり、飲み会などで幹事が一括して支払い後からLINEを通じでお金を請求することもできます。

しかし「LINE Pay」アカウントをお互いが持っていないと支払いが成立しないことが、約半数の学生がこのサービスを知っていてもまだ実際に利用したことがある学生が非常に少ないという理由として挙げられそうです。

ほとんどの学生はLINE MUSIC株式会社の設立を知らない

スクリーンショット 2015-01-08 21.51.58

LINE MUSIC株式会社の設立を「知っている」と回答をした学生はわずか3%と非常に少ない割合になりました。
ほとんどの学生はLINE MUSIC株式会社の設立を知らないようです。

LINE MUSIC株式会社ってなに?

2013082119255910
(出典:MarkeZine

昨年の12月11日、「LINE MUSIC株式会社」はエイベックス・デジタル、ソニー・ミュージックエンタテインメント、LINEの3社が共同出資して設立されました。

まだ具体的なサービス内容は決まっていませんが、エイベックス・デジタル、ソニー・ミュージックエンタテインメントの持つ音楽サービスの実績、幅広いコンテンツの数々とLINEが持つ膨大なユーザー数やスマートフォン運営の実績などを組み合わせて新たなサブスクリプション型音楽ストリーミングサービスの立ち上げを目指しています。

近年「若者の音楽離れ」が深刻化しCDが売れない時代となった今、新たな音楽ストリーミングサービスのリリースに期待したいですね。

ミュージックプレイヤーを使って音楽を聴く学生が約半数

スクリーンショット 2015-01-08 21.52.16

ミュージックプレイヤー:45%
スマートフォン・携帯電話:24%
YouTube :14%
iTunesやWindows Media Playerなど:14%
Spotifyなど音楽ストリーミングサービス:3%

次に学生がどのようにして音楽を聴くのか調査しました。

「ミュージックプレイヤー」と回答をした学生が一番多く、45%でした。
次に「スマートフォン・携帯電話」と回答をした学生が24%、「YouTube」、「iTunesやWindows Media Playerなど」と回答をした学生が共に14%でした。

今ではスマートフォンの機能で音楽を聴くこともできますが、意外と学生のみなさんはスマートフォンとは別にミュージックプレイヤーを持ち歩いて音楽を聴いているようです。

LINEスケジュールを知っている学生は約2割

スクリーンショット 2015-01-08 21.52.33

利用したことがある:5%
名前だけ知っている:16%
知らない:78%

次に最近LINEがリリースした「LINEスケジュール」について認知度調査を行いました。

「利用したことがある」と回答をした学生は5%、「名前だけ知っている」と回答をした学生は16%でした。
約8割の学生は「LINEスケジュール」そのもののサービスを知らないようです。

さきほどの「LINE Pay」の方が認知度は高い結果となりました。
学生のみなさんにとって、友達とスケジュールを合わせる機会は多そうですが、今のところ「LINEスケジュール」はあまり知られていないようです。

学生は日程調整を行う際LINEかSNSを利用する

スクリーンショット 2015-01-08 21.52.52

LINEグループのノートに投稿し「いいね」の回答数で確認:30%
LINEやFacebookなどを通じて、一人一人確認:29%
日程調整アプリやサービスを利用:25%
メーリスなどでアンケートをとる:8%
直接会う/電話で確認:8%

次に学生のみなさんがどのようにして普段飲み会やイベントの日程調整を行っているのかアンケートを採りました。

「LINEグループのノートに投稿し「いいね」の回答数で確認」と回答をした学生が30%、「LINEやFacebookなどを通じて、一人一人確認」と回答をした学生が29%でした。
半数以上の学生がLINEまたはFacebookなどのSNSを使って日程調整をしているようです。

一昔前の時代では「メーリス」と呼ばれる機能を使って日程調整を行っていた人も多かったと思います。
しかし今の学生はメーリスよりもLINEやSNS、アプリを使って日程調整を行っているようです。

特にLINEのノート機能は、元々日程調整のための機能ではないため、今回LINEから新たにリリースされた「LINEスケジュール」は学生にとってとても需要のあるサービスなのではないでしょうか。
それでもまだ学生のみなさんにあまり認知されていないことは、もったいないですね。

学生はまだまだLINEのサービスを知らない

7a544a74
(出典:gori.me

今回Students LAB編集部では学生と「LINE Pay」、「LINE MUSIC株式会社」、「LINEスケジュール」について調査しました。

意外とこれらのサービス、企業は学生からの認知度は低い結果となりました。
しかし一方で、学生の日常生活においてこれらのサービスは比較的需要があることが分かり、今後認知度が上がるにつれて学生の利用割合も増えてくるのではないかと考察されます。

9割以上の学生が日頃LINEを使用していることもあり、今後これらのサービスが学生の層をどのように獲得していくかが重要であると考察できます。

今後もStudents LAB編集部では学生動向のマーケティング調査を行っています。
興味ある方は今後とも記事をぜひチェックしてみてください。

(実測日:2014年1月7日 回答者数:403人 /タダコピアプリ調べ)