CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

LIGについて知っている学生は4%。ITベンチャーに不安を感じる学生はやや多め

ベンチャー企業という言葉がすっかり定着している昨今、特にwebを通じたサービスを提供しているベンチャー企業は日本にとても多く存在します。
皆さんは、「LIG」という会社を知っていますか?
企業の本当のブランド力、学生からの人気度を測るため、有名企業からベンチャー企業まで学生視点でみた企業の認知度調査を行っています。
今回は、WEBベンチャー界隈では人気の「LIG」について調査してみました。
果たして、学生はLIGのことをどう思っているのでしょうか?

LIGの認知度は4%

1.18.2
まず初めに「株式会社LIG」の認知度を調査しました。
LIGを知っていると答えた学生は4%という結果になりました。
株式会社LIGは、受託でのWebサイト制作、Webサービスの展開、メディア運営、おもしろい、または感動させるプロモーション、コワーキングスペース、シェアオフィス、ゲストハウスまで、さまざまなモノとカタチをつくっています。
ネット上で流行っていて、LIGを知っているビジネスマンは一部では多いと思われていますが、世間一般かつ大学生相手だと決して高くはありませんね。
とはいえ、あくまで事業自体はBtoB企業というなかで4%の学生が知っていることは大分高いと言えそうです。

インターネット上の記事やSNSでLIGを知ったという学生が44%

1.18.3
LIGを知っていると答えた学生のうち、「インターネット上の記事やSNSで知った」という学生が44%でした。
続いて、「インターン中に知った」という学生が22%、「知人の間で話題になった」と答えた学生も22%でした。
やはりネット上の記事から知った学生が多数となります。

IT業界自体への興味が低め

lig1
LIG単体ではなくIT業界全般への調査をしてみたところ、IT業界に対する関心がやや低い結果となりました。
IT業界といっても幅広いですが、それでも今回の数値は高いとは言えないでしょう。
IT業界のサービスや社名にネット上で触れることは比較的多いように感じますが、就職先としての意識はそこまで高くないようです。

ベンチャー企業に対する不安も強め

lig2
LIGが創業10年ということで、創業10年の企業に対するイメージを調査しました。
不安という声が半数を越える結果となりました。
創業年数が短くとも立派な企業は多くあり、その逆に長いから安心というわけでもありませんが、その数値だけを聞くと不安に思う学生もいるようです。
創業したてであることは学生にアピールするうえで強みにはなりにくそうですね。

まとめ

今回は、「株式会社LIG」の企業調査を行いました。
ネット上で知名度が高いLIGですが、世間一般の大学生の場合は知っている学生は少ない結果になりました。
BtoB企業の場合、どうしても学生からの認知度が低くなってしまう傾向にあります。
優秀な学生を集めるためには採用側からの学生へのアプローチが重要になってきそうですね。
Students lab編集部では、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
また、より精密な調査データや学生プロモーションのご依頼はお問い合わせフォームからお願いいたします。
(実測日:2015年01月09日~01月11日 回答者数:257人 /Students lab編集部調べ)