記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

安さが売りのLCC。今の大学生と飛行機の関係とは?

Category Image

皆さんはLCC乗ったことありますか?
LCCとはローコストキャリアのことで、効率化の向上によって低い運航費用を実現し、低価格かつサービスが簡素化された航空輸送サービスを提供する航空会社を指します。

ジェットスターやピーチなどが日本でも知られていますが、大学生はどのくらい利用しているのでしょうか?
今回は、大学生の飛行機の関係について調べました。

8割以上の学生が飛行機に乗ったことがある

5.14.1

まず学生に「飛行機に乗ったことがあるか」とその回数について質問してみました。
飛行機に1度は乗ったことのある学生が全体の86%でした。
今どきの学生で飛行機に乗ったことがない方が珍しいようです。

10回以上乗ったことのある学生が3割近いことを考えると、旅行などで頻繁に乗っているいることが分かります。

LCCに乗ったことのある学生はわずか17%

5.14.3

飛行機に乗ったことのある学生がほとんどでしたが、LCCに乗ったことのある学生はわずか17%でした。
格安で海外に行けることもあり学生に人気と予想していましたが、LCCは学生の間ではそれほど浸透していないようです。

ではLCCに「乗りたい」と思う学生はどのくらいいるのでしょうか。

LCCに乗りたい?

5.14.4
「乗りたいと思う」学生は13%、「少し乗りたいと思う」学生は29%でした。
約4割の学生はLCCに乗ることに興味があるようですが、半数以上の学生は乗りたがらないという結果に。
それぞれ理由はどこにあるのでしょうか。

まず、「乗りたい」と思った学生に意見を聞いてみました。

安い
どの程度のシートピッチなのか試してみたい
どれくらい空港では歩かされるのか体験したい
前に使って案外良かった
予約も手軽で便利
食事がいらない人にとって便利

やはり乗りたいと思っている学生には「安さ」が一番の魅力のようです。
そしてサービスの質を求めていない学生にとっては簡単に予約でき安く旅行に行ける点が支持されているようです。

次に「乗りたくない」と思った学生の意見です。

知らない
安全面に不安
サービスが悪そう
座席が落ち着かないのは我慢できない
席が狭そう

LCCがそもそも何かを「知らない」あるいは「興味がない」という意見も多くみられました。
旅行に興味のない学生にとって飛行機はそもそもなじみの薄い交通手段。
そういった学生が乗りたいと思わないのも仕方のないのかもしれません。

飛行機に乗ることに抵抗がない学生が気になっていた点は、安さゆえの「安全性」や「サービス」への不安。
安いことが「安全確保にも手を抜いているのでは?」「サービスがよくないのでは?」というイメージがどうしても付いてくるようです。

LCCによって飛行機は身近に…?

5.14.2
最後に「LCCによって、昔より飛行機が身近になりましたか?」と質問をしてみました。
「身近になった」と回答した学生は14%、「少し身近になった」と回答したのは20%でした。
3割程度しか飛行機が身近になったと感じている学生はおらず、LCCの認知度の低さがうかがえました。

安さが売りのLCCが学生から興味を持たれていない?

今回は、大学生と飛行機の関係性についてアンケートを採り調査しました。
結果は以下の通りです。

・8割以上の学生が飛行機に乗ったことがある。
・10回以上乗ったことのある学生も3割弱
・LCCに乗ったことのある学生はわずか17%
・LCCに「乗ってみたい」学生は4割程度
・安さを魅力に感じる学生と不安に思う学生に分かれる
・LCCそのものを「知らない」「興味がない」学生も多い
・学生にとっては、LCCによって飛行機は身近になったわけでもない

意外にも安さを売りにしたLCCは学生の間には浸透していなかったという結果に。
飛行機に乗ること自体はそれほど稀なことではなくなったものの、認知度の低さや安全性・サービスに対する不安などネガティブなイメージが先行しているように感じられました。

休暇の長い学生にとって、アルバイトなどで少し貯金すれば旅行に簡単に行けるチャンスは多いはず。
認知度をアップさせる、学生向け格安ツアーを組むなど、学生への積極的なアプローチが必要と言えそうです。

(2015年05月12日 回答者数:296人 /Students lab編集部調べ)