記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

女子大生の半数は購入経験あり。化粧ブランド「KATE(ケイト)」に対する女子大生のイメージとは?

Category Image

「KATE(ケイト)」はカネボウ化粧品のブランドで、現在黒木メイサさんがCMのイメージキャラクターをしている化粧品ブランドです。
「no more rules」のいうキャッチコピーを掲げたCMをみなさん一度は観たことがあるのではないでしょうか。

化粧品というと、男性にはブランドコンセプトや価格、使い心地などわからない部分が多いと思います。

そこで、今回Students lab編集部は、女子大生に「KATE」のブランドイメージを調査しました。

意外と化粧品にお金をかけない?!

3.3.1

まず最初に「普段、1ヶ月に化粧品にかける金額はどれくらいですか?」と質問したところ、1000円程度と答えた女子大生が65%、2000円程度と答えた女子大生が22%でした。

1000~2000円程度で済ませる女子大生が全体の8割を超えていることから、女子大生は意外にも化粧品にお金をかけていないことがわかりました。

男性側からすると「女性は化粧品にお金に糸目をつけない」というイメージをもっている人も少なくなかったのではないでしょうか。

75%の女子大生が「KATE」を知っている

3.3.2

次に化粧品ブランドの「KATE」を知っているかアンケートをとったところ、75%の女子大生が「知っている」と回答しました。
「聞いたことがある」と回答したのは10%で、それを含めると85%の人が認知しているということになります。

化粧品ブランドは国内だけでもたくさんありますが、女子大生にとって「KATE」というブランドの認知度が高いブランドと言えそうです。

では実際に買ったことのある女子大生はどれくらいいるのでしょうか。

女子大生の半数が購入経験あり

3.3.3

購入頻度を調査した結果、「何度も買ったことがある」と答えた学生が23%、「1、2度買ったことがある」と答えたのは31%でした。

女子大生の半数以上が「KATE」の化粧品の購入経験があるということがわかりました。
こちらの数値は比較的高いと言えるのではないでしょうか。

購入したのは高校生のときかもしれませんが、それも含めて「KATE」が若い女性に支持されていると言えると思います。

では、女子大生は「KATE」というブランドにどのようなイメージを持っているのでしょうか?

黒木メイサ
可愛さはなく、クール
CMのイメージキャラクターが印象的
ギラギラ
安い
コスパがいい

中島美嘉
かっこいい大人
お手頃

女子大生のイメージにはCMと価格に対する意見が多かったです。
「KATE」のCMイメージキャラクターは現在、黒木メイサさんですが、過去には中島美嘉さんが起用されていました。
どちらも可愛いというよりカッコイイ、クールなイメージのある方ですよね。
加えて黒を基調にした大人っぽいCMが多く、印象に残っている人が多いようです。

価格に関しては、化粧品の中では安いという意見が多く、コストパフォーマンスの高さが支持されていました。

ブランドよりも値段と使い心地

3.3.4
最後に「化粧品を選ぶときに重視するポイントは何ですか?」と質問をしたところ、「使い心地」と答えたのが33%、「値段」と答えた学生が32%でほぼ同数でした。

つまり、女子大生の多くはブランドよりもコストパフォーマンスを重視しているようです。

サークルや友達付き合いや恋人とのデートなど、お金を使う機会の多い女子大生にとって化粧品にかけられるお金は限りがあります。
1000円〜2000円の中でいかに使い心地がよく質の良いものを選ぶかがポイントと言えそうです。

ブランドだけが全てではない

女子大生は意外にも化粧品にあまりお金をかけておらず、コストパフォーマンスの高い化粧品を選ぶ傾向にあることがわかりました。
女性にとって日々のお化粧は必要不可欠ですので、絶対に買わなければならないものですよね。

売上を上げていくうえでブランド力を高めることはもちろん大事ですが、女子大生を中心とした若い層に売り出していくとしたら、コストパフォーマンスを重視した商品設計が必要になると言えるでしょう。

女子大生向けの商品設計に取り組んでいるかたはぜひ参考にしてみてくださいね。

(実測日:2015年03月1〜2日 回答者数:401人 /Students Lab編集部調べ)