記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

短期留学と長期留学のどちらが人気?大学生が留学に行くタイミングと期間

Category Image

海外に興味ある大学生が多い中、留学に行く学生も少なくありません。
留学で重要な点としては、短期留学か長期留学のどちらを選択するかです。
大学生にどちらが人気なのか、大学生が留学に行くタイミングはいつなのか紹介したいと思います。

短期留学のほうが人気高い

ryugaku1

短期留学のほうが人気というアンケート結果になりました。
理由としては、短期留学の方が費用も安く、長期留学に比べて気軽に行けるという点です。
都内の大学生には地方から出てきて、一人暮らしをしている学生も多く、家の解約手続きなどの手間を考えると、短期留学は気軽に利用しやすい選択肢と言えます。

期間は夏が一番人気

ryugaku2

短期留学で一番人気だった時期は夏になります。
短期留学は旅行も兼ねて行くことができるので、そういった点で夏は非常に使いやすい機会だと思われます。
また過ごしやすさの面では、3〜5月、9〜11月の人気も高くなっています。

短期~中期留学の人気度が高い

ryugaku3

短期留学のほうが人気高いですが、3ヶ月未満と中期留学が比較的人気となっています。
半年から1年間の長期留学よりも、気軽に留学したい学生の層が全体的に多い傾向にあります。
大学の長期休暇の期間は基本的に最大で2ヶ月となっているので、3ヶ月全部を留学して海外で過ごすのは厳しいかもしれません。

しかし、それよりも短期の留学であればお金さえあれば行くことができます。
最近は1週間のプログラムから3ヶ月かけて行けるプログラムまで、様々な留学プログラムがありますので、そういった点でも気軽さというのは重要な要素になっていると思われます。

学生の希望に柔軟に対応できることが重要

昔に比べて、留学でできることの幅が増え、留学に対しての要望も増えつつあります。
そういったなかで、学生の要望に柔軟に対応し、最適な留学プランを提示することができることが、学生のニーズを満たし、留学成約に繋げるためのコツだと思われます。
留学斡旋会社、旅行代理店のかたはぜひ参考にしてみてください。

(実測日:2014年1月21日 回答者数:650人 /タダコピアプリ調べ)