記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

【視聴率調査】「学校のカイダン」の大学生認知度は64%。実際に見ている学生は約3割

Category Image

冬のドラマも中盤に差し掛かってきました。
みなさんは今季どのテレビドラマを観ていますか?

Students LAB編集部では、昨年今季のクールが始まる前に学生のみなさんにテレビドラマの認知度調査をしました。
その結果、45%の学生が「学校のカイダン」を知っていると回答をし、一番認知度の高いテレビドラマであることが分かりました。
学園ドラマであることや、若者から人気のある役者の方が出演されることなどが認知度の高さに繋がったと考察されます。

そこで今回はテレビドラマ「学校のカイダン」について、学生のみなさんがどのように思っているのかを調査しました。

約6割の学生が「学校のカイダン」を知っている

スクリーンショット 2015-02-19 9.09.36

改めて「学校のカイダン」の認知度を聞きました。

64%の学生が「知っている」と回答をしました。
クールが始まる前の認知度調査に比べて約2割ほど認知度が上がっているという結果になりました。

半数以上の学生が「学校のカイダン」を知っているようです。

「学校のカイダン」ってどのようなドラマなの?

kaidan_fb
(出典:日本テレビ 学校のカイダン

高校2年生の春菜ツバメ(広瀬すず)は、祖父の徳次郎(泉谷しげる)と二人暮らし。
通っていた高校が2ヵ月前に閉鎖され、名門の明蘭学園高校に特別採用枠で編入した。
編入先の明蘭学園高校は、様々な事情で通っていた学校が閉鎖されてしまった生徒を無償で受け入れるプロジェクトを実施。
しかし、明蘭学園には “プラチナ8”と呼ばれる裕福で華やかな生徒たちがトップに君臨し、学園を牛耳っていた!
特別採用枠の生徒は“特サ枠”と呼ばれ、他の生徒たちからバカにされている中、ツバメは言葉の力によって学校に改革を起こしていく!

(参考:ストーリー|学校のカイダン|日本テレビ

主人公である地味な女子高生が、天才的スピーチライターの教えを受け言葉の力によって学校に革命を起こす学園ドラマになっています。

言葉の力で人々の心がどのように変わっていくのかが見どころです。

毎週「学校のカイダン」を観ている学生は約2割

スクリーンショット 2015-02-19 9.09.50
毎週観ている:19%
時々観ている:14%
1話だけ観た:9%
観ていない:58%

次に実際に「学校のカイダン」を観ている学生がどのくらいいるのかを調査しました。

「毎週観ている」と回答をした学生は19%でした。
学生のみなさんの5人に1人は「学校のカイダン」を観ていることが分かりました。
次に「時々観ている」と回答をした学生は14%、「1話だけ観た」と回答をした学生は9%でした。

また、「観ていない」と回答をした学生は58%でした。
「学校のカイダン」を「知っている」と回答をした学生が64%いたことから、約2割の学生は「学校のカイダン」を知っていながらも一度も観たことがないようです。

「学校のカイダン」は大学生にウケている!?

スクリーンショット 2015-02-19 9.10.05
面白い:38%
どちらかというと面白い:37%
どちらかというと面白くない:17%
面白くない:8%

次に「学校のカイダン」を観ている学生にアンケートを採りました。

「面白い」と回答をした学生は38%、「どちらかというと面白い」と回答をしている学生は37%でした。
「学校のカイダン」を観ている学生のうち、約7割の学生は大方ドラマの内容を面白いと感じているようです。

「面白い」、「どちらかというと面白くない」と回答をした学生の主な理由はこちらです。

・どんでん返しがあるから
・人の心がだんだん変わっていくのがわかるから
・ツバメちゃんの言葉が感動する
・言葉の力を全面に押し出す形が見受けられる
・独特の台詞回し
・自分の青春時代に言いたかった事を代弁してくれている
・最後にスッキリするとこ

「セリフ・言葉が良い」という意見がとても多く挙がりました。
ドラマの中では春菜 ツバメ(広瀬すず)のセリフが胸に刺さり、またその言葉によって周りの人たちの心が動いていく様子が見どころになっています。
このような“言葉”を大切にしている構成が学生のみなさんからは支持されているようです。

最終回はハッピーエンド?

最後に、「学校のカイダン」の結末について学生のみなさんはどのようなクライマックスを迎えるのか予想してもらいました。

・学校が変革されて良くなる
・ツバメが学校を統一する
・みんなが仲良くなる
・主人公たちが先生たちの汚い考え方を変える
・プラチナも特採枠と仲良くなる
・学校は変わりかけるが、新しい敵が現れてしまう
・慧がツバメの高校との関係を明かす

多くの学生のみなさんがハッピーエンドを予想していました。
特にこのドラマからは“暴力ではなく、言葉の力で世の中を変えることができる”というメッセージを受け取っている学生が多くいるようでした。

果たして最後はどのような終わり方をするのでしょうか。

言葉の力は人々の心にどこまで届く!?

今回Students LAB編集部では、「学校のカイダン」について調査しました。
学生の5人に1人がこのドラマを観ており、観ている学生の約7割がドラマの内容を面白いと感じているようです。

これまでの学園ドラマとは違い、格差のある学園の中で“言葉の力”によって改革を起こしていくという今の世の中に向けたメッセージ性のある内容が学生のみなさんからは支持されているようです。

暴力ではなく、言葉によって人々の心はどこまで変わることができるのでしょうか。
今後も最終回に向けて目が話せませんね。

(実測日:2015年2月18日 回答者数:395人 /タダコピアプリ調べ)