CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

働くなら都会がいいと思っている女子大生は約9割。女子大生が考えるワークスタイルとは

煌びやかなブランド店が連なるオシャレな街並みや、サラリーマンが行きかうがやがやしたビル街…そんな大都会、東京
田んぼが一面に広がり、最近できたであろう大型のショッピングモールが目立つような田舎…
あなたは都会と田舎、どちらに住んでいますか?
あるいは今後どちらに住みたいですか?
住む場所によって私たちのライフスタイルは大きく変動します。
では大学生は、どこに住んでどこで働きたいと考えているのでしょうか?
今回は、女子大生にとって都会や地方都市、田舎にどのようなイメージを持っているのか調査しました。

都心出身は比較的多め

3.17.1
まず、女子大生の出身はどこが多いのかアンケートを採り調査を始めました。
最も多かったのは地方都市で41%、田舎と都心は28%と並びました。
都内でなくても、神奈川県や千葉県のように人口が多く栄えている地方都市は全国にたくさんありますので当然の結果といえそうですね。
次に、女子大生はどこで働きたいか質問しました。

都会で働きたい女子大生が約9割

3.17.2
都心と回答した女子大生は48%、地方都市と回答したのは40%でした。
都心に住んでいないが都心で働きたいと考えている女子大生は多いようです。
あるいは、東京でなくても大阪や博多、仙台など多くの企業の集まる都会での就職を望んでいると推測されます。
大学まで進学し勉強してきた学生たちにとって、田舎で働くという選択肢はあまり現実的ではないのでしょう。
そして、海外で働く意欲のある女子大生も数としては少ないですが、1割弱いました。
では女子大生は何を理由にその場所で働きたいと考えたのか生の声をご紹介します。

都心で働きたい理由

女子大生は、交通の便がいいことや生活に必要なお店が近くにあること、就職先の選択肢の多さに魅力を感じているようです。

(自宅からの)アクセスがいい
働く企業の選択肢が多い
にぎやか
便利
交通手段が整っているから
すぐにコンビニ、カフェなどがたくさんあるから
なんでもそろっているから
お店、娯楽施設が多いから充実した生活ができる

地方都市で働きたい理由

地方都市は適度にアクセスが良く、田舎すぎることもなく、住み慣れていることもあり…と地元志向の強い女子大生や喧噪な都心の雰囲気を苦手としている女子大生が多くみられました。

適度に便利、住みやすい
なんか落ち着く
都心は人が多すぎて嫌だ
都心ほど地価も高くなく、程々に交通の便が良い
住み慣れている
都会は住むのに息苦しそうだから
地元がいい
便利だけど都心ほど人でごみごみしていない

田舎で働きたい理由

田舎ののどかさに満足している女子大生や憧れを持つ女子大生には、十分なようです。

空気が綺麗で水が美味しい
夜騒がしくなく星がよく見える
近所のひとが優しい
電車も混雑するから田舎から出るべきじゃない
穏やかに暮らせそう
田舎で育った私にはちょうどあってるから
地方出身者がいちいち上京し、元から居た人の土地や仕事を奪ったりするのは良くない

海外で働きたい理由

今までの勉強を活かして海外で働きたいという意見よりも、日本に対して悲観的なイメージを持つ女子大生が目立ちました。

海外に住んでたことがあり、また行きたい
日本は災害が多いから海外に逃げたい
ハードワークじゃないから
世界で様々な事を学びながら仕事をしてみたいため
外国人と結婚したいから
日本の企業は労働条件が良くない場合が多そう

結婚したら?子供を産んだら?

3.17.3
結婚したら都心に住みたいと答えたのは35%、地方都市と回答した女子大生は48%でした。
田舎や海外と答えた学生は前の質問とほぼ同数でした。
先ほど都心で働きたいと回答していた学生も、結婚したら地方都市に住みたいと考える傾向にあるようです。
家賃や生活費のことを考えると都心よりも地方都市のほうが生活しやすいのは確かですよね。
では、子供が出来たらどうなるのでしょうか?
3.17.4
子供が出来た場合でも、地方都市に住みたいと考える人の割合に変化はなく、子育てにも地方都市は便利と考える女子大生が多いようです。
大きく数字が動いたのは田舎と回答した人の割合で、働きたいと考えていた女子大生は5%でしたが、子育てには田舎の方が良いと思う女子大生が多いのでしょう。
日本では子供一人当たりの養育費が1000万円以上はかかると言われていますので、オシャレな都心に住むよりも生活に便利であったり、自然が豊かで生活費のかかりにくい場所を選択するのは納得ではありますが、女子大生のころからそこまで考えていることに驚きました。

老後は落ち着いた田舎が人気

3.17.5
最後に「老後はどこに住みたいですか?」と質問しました。
都心でと答えた学生は14%と今までのアンケート結果と比べると圧倒的に割合が少なくなりました。
それに対し、田舎と回答した女子大生は34%で、都会や地方都市で働きたいと考えていた女子大生も、老後は田舎でのんびりとした生活にあこがれを持っているということがわかりました。
最近では、老後を海外の物価の安い国に移民して過ごす方も増えてきたように、女子大生にも老後を海外で過ごしたいと思っている女子大生がいるみたいですね。

都市部で働き、老後は田舎で

今回は、大学生の女子大生が将来どうやって生活していきたいかアンケートを採り調査をしました。
アンケート調査をまとめると以下の通りです。
・地方都市の出身者は41%
・約9割の学生が都市部で働きたいと回答
・ある程度生活と交通の便がいいところに住みたい
・結婚や子育てには地方都市がいい
・老後はのんびり暮らしたい

今回のアンケートでは、女子大生のシビアな一面を垣間見ることができました。
都心や栄えた地方都市で働きたいと考えている一方で、結婚後はオシャレな暮らしよりも現実的に生活費や養育費などのことを考え、地方や田舎での生活を選ぶなどきちんと将来設計をしている女子大生が多いようです。
女性の方が男性よりも、結婚出産など将来に対して真剣に考える必要があるのが現実です。
田舎であっても、女性の暮らしやすい・子育てのしやすい制度や環境を整えることで人が集まってくるのではないでしょうか。
Students labでは、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
興味ある方は今後の記事をぜひチェックしてみてください!
(実測日:2015年03月14日~3月15日 回答者数:398人 /Students lab編集部調べ)