CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

8割の学生が結婚願望あり。今の学生の結婚観と、理想の結婚時期とは?

最近は、雨の日も増えてきていよいよ梅雨の季節に突入しそうですね。
6月は、英語でJune。
西欧では、ローマ神話の結婚をつかさどる女神「JUNO」に由来し、結婚や女性の権利を守護してくれる月なんだそうです。
そのため、この月に結婚する花嫁はきっと幸せになるだろうという言い伝えがあり、6月の結婚式はジューンブライド(june bride)と呼ばれ縁起のいいものとされています。
日本でも有名になったジューンブライドですが、今どきの大学生はジューンブライドに憧れをもっているのでしょうか?そもそも結婚することにどのくらい関心があるのでしょうか。
今回Students lab編集部では、大学生の結婚観について調査しました。

結婚願望ありは約8割

6.4.1
まず大学生に、「結婚願望はありますか?」と質問をしアンケートを採りました。
「ある」と答えた学生は55%、「なんとなくある」は22%でした。
8割弱の学生に結婚願望があるということがわかりました。
草食系男子という言葉も生まれ、交際経験がないという学生も増えてきているようですが、結婚願望についてはある学生は多いみたいです。
では、何歳で結婚したいと思っている学生が多いのでしょうか?

26~28歳の間での結婚を理想とする学生が47%

6.4.2
「26~28歳で結婚したい」と回答した大学生は47%と他の年齢と比べると圧倒的に多かったです。
続いて、「23~25歳」が23%、「29~30歳」は20%でした。
大学を卒業してから30歳を迎えるまでに結婚したいという学生が、全体の9割と高い割合を占めました。
世間的に晩婚化が騒がれているのに対し、今の学生の理想の結婚年齢も26~28歳がダントツ。
30歳を過ぎてから結婚したいという学生も6%ほどいました。
22歳で大学を卒業し社会的にも自立できる年齢に達したにも関わらず、なぜ早く結婚したいと思わないのでしょうか?
学生に理由を聞いてみました。

26~28歳で結婚したい理由

安定志向の堅実な学生が多いようです。

・仕事もある程度安定したあたりで
・職場に慣れて、まだ20代のちょうどいい時期だから
・30歳までに子どもを産みたいから
・社会人として落ち着いた年齢だと思うから
・収入が安定し、子供も産めるので
・適齢期だと思う
・このくらいが妥当かなと
・しばらくは仕事もしたい
・30までに子供が欲しいけどキャリアウーマンにもなりたい
・1人の自由を楽しむ時間も十分あるから
・親を安心させたいから
・老後を考慮して早めに結婚 子どもを授かりたいから

大学生のイメージとして、就職して4年位~が社会人生活に慣れてきて仕事にも自信が持てる時期だと考えているようです。
また、女子大生に多かったのは「30歳までに子供も欲しい」というものでした。
しばらく仕事をしてキャリアウーマンにもなりたいけれど、子供は20代のうちに欲しいということでしょうか。
長く仕事はしたいけれど、30歳過ぎてからの妊娠はリスクが高いという認識をもつ女子大生の意見が目立ちました。
31歳以降に結婚したいと回答した大学生はどう思っているのでしょう。

31~35歳で結婚したい理由

仕事を重要視する考え方のようです。

・ある程度仕事をしてからにしたい
・働きたい
・うまく仕事が軌道に乗っていそうな年齢だから
・30までは遊びたい
・世間体を守れる程度

この年齢層で結婚したいと思う学生の特徴として、結婚や出産よりも働くことを重視している、または結婚を負担と考えているという2点が挙げられます。
結婚は「しなくちゃいけないもの」という意識が強いのかもしれません。
続いて、具体的な結婚観についても聞いてみました。

結婚で重要視していることは?

6.4.3
学生が結婚するにあたり重視していることは「好きかどうか」「価値観が合うか」の2点が74%で一位でした。
どちらも相手のステータスではなく、マインド面を重視していることがわかります。
気の合う好きな人と結婚することに理想をもっている学生は多いようですね。
次に多かったのは「職業や収入」で49%。
専業主婦になりたい女子であれば当然相手の収入も大切になってきますし、共働きを望む場合にせよ職業柄土日休みではない、あるいは毎日終電くらいまで働いている相手であれば一緒にいる時間が取れなくなってしまいます。
「勤務地」や「休みがあうか」を選んだ学生もこうした問題を懸念していると考えられます。
そういった面を考えると好きなだけでは結婚は出来ないと考える学生がいても当然と言えるでしょう。
学生にとっては相手が長男、長女であるかはあまり気にしていない様子。
今の時代、1人っ子であることも多いでしょうし、その点を気にしていると結婚も難しいかもしれませんね。

結婚するメリットって何?

6.4.4
最後に「結婚する1番のメリットはなんだと思いますすか?」と質問をしました。
「家族をつくれる(子供を持てる)」と回答した学生が43%と一番多かったです。
理想の結婚年齢を質問した時に多くの学生が子供をつくる年齢を気にしていたように、やはり家族や子供が欲しいと思っている学生が多いようです。
「好きな人と一緒に居られるから」と回答した学生は32%でした。
最近では事実婚をする芸能人が注目されますが、書面上で契約を交わすことによって得られる安心感はありますよね。
ある意味、結婚は個人の価値観が一番表出するイベントなのかもしれません。

結婚は義務?

今回は、学生の結婚観に対する意識調査を行いました。
アンケート結果をまとめると以下の通りです。
・結婚願望ありは約8割
・26~28歳の間での結婚を理想とする学生が47%
・卒業から30歳までの間に結婚したいと答えた学生が9割
・仕事が安定してから結婚したいと学生が多い
・結果として26歳以降がちょうどいい時期だと考えている
・女子大生の多くが30歳までに子供を産みたいと思う
・「好きかどうか」「価値観が合うか」を74%の学生が結婚するにあたり重視
・「職業や収入」を気にする学生も49%
・家族が作れることが結婚の一番のメリット

好きな人と結婚したいという気持ちを持ちながらも、ほとんどの学生が経済的安定を絶対視していることがわかりました。
家族をつくることは義務ではないですし、したいという気持ちを持ちながらも、仕事の負担になると考えているのではないでしょうか?
晩婚化、少子化が問題となる一方で、女性の社会進出は労働力が欲しい企業にとって必要とされていること。
女性が長く働ける環境や若いうちから子供を持つことの負担や抵抗感をなくす取り組みが求められていると感じます。
また、子供を産む年齢を気にしなければならない女性と異なり、男性側は早く結婚しなければならないという制約はありませんが、収入面での不安を払拭できるような企業側のサポートもあると良いですね。
students labでは、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
(実測日:2015年06月03日 回答者数:302人 /Students lab編集部調べ)
(Photo by:June Bride by John Loves St.Kitts & Nevis
, on Flickr)