記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

就活生の実態。エントリーする企業は実際どうやって選んでいるのか?

Category Image
4d3cb4c07b0dcc1cdbe7feae3fe9c3d0_s

こんにちは、現役就活生として今の就活事情について書いている黒田です。

世の中にはいろいろなタイプの人がいるように、就活生とひとくちにいえどその考えや行動の特徴は様々です。
企業のことをしっかり調べて、「ここなら入社したあともちゃんと成長できそう」などといった明確な理由をもってエントリーする就活生もいます。
それに対して、企業のこともさほど調べずに「まあ、ここでいいか」と”直感”でエントリーする就活生もいます。

当然、面接などではどちらもハキハキと快活に志望動機を述べるでしょう。
なぜならそれが「就活」だからです。
“直感”で選んだ企業だとしても、とりあえず内定がほしいと思っている就活生は少なくないと感じています。

今回は”直感”で企業を選ぶような学生がどのようなことを考えているのか、身近な例を挙げつつ紹介します。

“直感”で選ぶ就活生の3パターン

「そんな適当に弊社を選ぶような就活生はいらない!」と人事の方は考えると思いますが、果たして就活生が企業を直感で選ぶことは就活生だけの問題なのでしょうか。
企業側が就活生に直感で選ばれる環境をつくっているという可能性もあると思います。

というわけで、今回は企業を直感で選ぶ就活生の3パターンとその理由についてまとめました。

1.「説明会多すぎ!めんどくさいし適当に出しちゃえ!」パターン

リクナビなどで説明会の日程を見てみてください。
単純に、説明会が多過ぎて、メールの受信ボックスには日々さまざまな説明会のお誘いメールが大量にやってきます。

選択肢が多いのはよいことですが、そのぶん選択をするのは難しくなります。
すると、「受かったところに行こう」と反応が良かったところ、メールが何度か来る企業に”なんとなく”行くことがあります。

2.「ここなら受かりそう、出してみるか!」パターン

たくさん企業はあれど、本当に自分が内定をゲットできるのか、就活生にはわかりません。
なぜなら内定は企業が出すからです。そのため、内定が出そうな企業を探します。
そして、受かりそうなところに直感でエントリーしてしまいます。

「内定をゲットする」ということだけを目標に、就活生は企業を直感で選んでしまうパターンも少なくありません。

3.「オフィスおしゃれだし、ここで働きたい!」パターン

「説明会で話を聞いてもどこも同じような話ばっかり。
この調子だと行きたい企業なんて選べない」と思っている就活生は少なくないはずです。
すると、説明会で企業のかたが話した内容以外の理由でエントリーする企業を選んでしまうときもあります。例えば、「オフィスがおしゃれ」という簡単な理由。

「おしゃれなオフィスで、キラキラした社会人生活を送れそう」とその見た目だけを基準に、企業を選んでしまう場合もあります。

就活生が企業を直感で選ぶ理由

就活生が企業を直感で選ぶことについて、説明会にも問題があると思っています。
就活生との大切な接点であるはずの説明会が、ただ長いだけでつまらないようでは、就活生も企業の選びようがありません。

現在のように、就活市場において企業が同質化してしまっては、ぼくたち就活生も選びようがありません。
そのため、まずは説明会の差別化をはかることが重要なのではないかと思います。
オリジナリティある説明会をぼくたち就活生も待ち望んでいます。

もちろんしっかりと考えて企業選びを行っている就活生も多くいますが、どの企業も似たり寄ったりでそれができずに”直感”に頼らざるを得ない就活生がいることを覚えておいてもらえれば幸いです。

Students lab編集部では、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
また、より精密な調査データや学生プロモーションのご依頼はお問い合わせフォームからお願いいたします。