記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

【iPhone vs. アンドロイド】iPhoneユーザーが80%。「次もiPhoneにしたい」学生が大多数

Category Image
8292958010_d91cd1ea13_z

スマホ世代の大学生。
昔の携帯電話はガラケーと呼ばれて久しく、ほとんどの人がスマホを利用しています。
スマホの2大看板といえばiPhoneとアンドロイドですが、どちらの方が今の学生には主に使用されているのでしょうか?

今回Students lab編集部では、スマホに関する人気調査を行いました。

iPhoneユーザーは80%と圧倒的

グラフ_質1_150805 (1)

iPhoneユーザーは80%、アンドロイドユーザーは20%と圧倒的にiPhoneの方が多い結果となりました。
4、5、6シリーズとバージョンアップを繰り返しながら進化していくiPhoneに魅力を感じる学生が多いのかもしれません。

まずはiPhoneユーザーに今使用している機種を聞いてみました。

【iPhoneユーザー】5シリーズの使用者が68%

グラフ_質2_150805 (1)
iPhone5・5s・5cを使用している人が68%と最も多く、次いでiPhone6が24%、古いタイプのiPhone4sという結果となりました。
iPhone6に比べると、iPhone6 plusのユーザーの少なさが顕著です。
かなり大きさに違いがあるので、そこも関係しているのかもしれません。

次も「iPhoneにしたい」人が92%以上も

グラフ_質3_150805
次に機種変する時はどちらを選ぶ予定かを尋ねたところ、「iPhoneにする予定」という人が92%もいました。
「アンドロイドにする予定」の人はわずか7%という結果でした。
使い勝手も良いし扱いになれているiPhoneから、わざわざアンドロイドに変更するほど魅力を感じていないようです。

次もiPhoneを選びたい理由

単に「慣れている」という理由だけではないようです。

クラウド機能
メジャーだから
タブレットがアンドロイドなのでosが被らないように
高機能だから
iPodも持っていてなれているから
Androidはすぐに壊れたし、iPhoneの方が使いやすくて良質なアプリが豊富だから
日本で一番普及してるから
ケース種類多いから
Androidも使ってみたがどちらかというと操作性が簡易的だから
Macユーザーだから。
バックアップなどが取られているため。
iCloudを使いたい
使いやすい
慣れているから
ブランド。信頼できる。見た目がスマート。iPhone専用アプリがある。

iPodやiPad、Macなど他の製品も同時に使用している人にとっては、iPhoneはとても魅力的ですよね。
iCloudに魅力を感じている学生が多いのと同時に、iPhone単体でも便利さを実感しているようです。

次は2割のアンドロイドユーザーに、現在の使用機種や次に機種変更するときに何を選びたいか、などを聞いてみました。

【アンドロイドユーザー】人気の機種は?

グラフ_質6_150805
使用の多かった機種は以下の通りです。

1位:GALAXY
2位:XPERIA
3位:AQUOS PHONE

一番人気は、世界的にも人気のsamsungのGALAXYでした。
大きさだけで言えばiPhone6よりも大きいのですが、アンドロイドならではの性能の良さで人気のようです。
その他の機種もまんべんなくユーザーがいました。

そしてアンドロイドユーザーにも、次に機種変するときは何を使いたいか聞いてみました。

「次はiPhoneにしたい」人が75%

グラフ_質7_150805
アンドロイドユーザーにはアンドロイドが人気かと思いきや、次の機種変更するときはiPhoneにしたいと考えている学生が圧倒的に多いことがわかりました。
「iPhoneにする予定」と言う学生の理由は、前述のiPhoneユーザーが「次もiPhoneを選びたい」という理由とほぼ同じ結果でした。
使いやすさやクラウド機能の良さが多数となりました。

次もアンドロイドを選びたい理由

少数派でしたが、「次もアンドロイドにする予定」という学生の意見を紹介します。

iPhoneより断然使いやすい
日本製のものがあるから。
おサイフケータイ
マイクロSDなど外部にデータを保存出来るから。
iPhone高いので
SDカードがあるから
アンドロイドに慣れているから
iOSは不具合がおおいから
カスタマイズが容易だから
iPhone使いにくい
iPhoneに比べて便利な機能が多い。
iphoneは壊れやすそう
赤外線があるから。
防水機能があるから
ワンセグとデザイン性

アンドロイドに慣れている、アンドロイドにしかない機能の良さ、iPhoneの不具合への不安などを理由にあげる学生が多かったです。
慣れを超えるほど魅力的な部分がないと、機種変更の面倒な手続きを乗り越える気力は湧かないでしょうね。
アンドロイドにしかない機能があるという点では、まだまだアンドロイドの需要が消えることはないでしょう。

iPhone人気に拍車がかかるかも

今回は、スマホに関してiPhoneとアンドロイドに絞って調査しました。
アンケート結果は以下の通りです。

・アンドロイドに比べて、iPhoneユーザーは80%
・今学生に1番使用されているのはiPhone5シリーズ
・iPhoneユーザーもアンドロイドユーザーも、次に機種変するなら「iPhone」
・iPhoneはiCloudも便利、iPhone単体でも機能的
・アンドロイドにもアンドロイドにしかない機能があり、そこに魅力を感じている

アンケート結果からも、iPhoneユーザーはこれまで以上に増えていくことが予想されます。
スマホに影響を受けて、WindowsよりもMacのユーザーが増える日もくるかもしれません。

今回アンドロイド派は少数でしたが、お財布ケータイや赤外線、防水機能などアンドロイドにしかない便利な機能があることも事実です。
iPhoneにそのような機能が加わったら、最強と言えそうです。

Students lab編集部では、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。

(実測日:2015年08月01日~08月02日 回答者数:299人 /Students lab編集部調べ)
(Photo by:iPhone by Gonzalo Baeza, on Flickr)