CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

言葉遣いよりも発言に注意するべき?すぐに言い訳する社会人は学生目線でもNG

社会人になると、言葉遣いを気にする機会が多くなると思います。
学生の頃は許されていた失言も、社会人となるとそうもいきません。
今回Students lab編集部では、社会人の言葉遣いについて、学生にアンケート調査をしてみました。
学生が思う社会人的NGワードとはは何なのでしょうか?

言葉遣いの間違いはある程度許される?

image
「社会人でも、言葉遣いの間違いや失言はある程度許されると思いますか?」という問いに対する学生の回答は以下の通りでした。
厳しく指導されると思う:36%
注意される程度だと思う:56%
案外許されると思う:8%

「注意される程度だと思う・案外許されると思う」と回答した学生は、合わせて64%でした。
学生は社会人が思っているほど、社会に出た際に言葉遣いに気をつけなければ!という気持ちはないのかもしれませんね。

社会人になったら許されない発言とは

image
次に、「社会になったら許されない発言はどれだと思いますか?」という問いに対する学生の回答を見てみましょう。
忙しい:13%
仕事が終わらない:12%
疲れた:22%
辞めたい:37%
眠い:24%
でも〜(すぐ言い訳する):80%

すぐ言い訳するのがNGなのはもちろん、ついつい口に出してしまいがちな「辞めたい・疲れた・眠い」なども20%を超えるというなかなか厳しい結果が出ました。
社会人になると、他の人からの目が厳しくなることを学生は知っているのですね。
ではここで、学生が思うNGワードを見てみましょう。

学生が言われて幻滅するのは「辞めたい」「でも」

image
「実際に社会人に言われたら、幻滅してしまいそうな発言はどれですか?」というアンケートに対する学生の回答は以下の通りです。
忙しい:10%
仕事が終わらない:11%
疲れた:15%
辞めたい:40%
眠い:14%
でも〜(すぐ言い訳する):70%

ついつい口に出してしまうような言葉は、学生的にはセーフのようです。
さすがに、「忙しい・疲れた・眠い」くらいは、さらっと聞き流してもらいたいですよね。
ですが、「辞めたい」や「でも〜」と言ってすぐ言い訳するのは学生としてもNGワード。
途中で投げ出したり、出来ない言い訳をするのは、社会人としてカッコ悪いと思われるようです。

「ありがとう」が言えないと幻滅される?

image
「社会人が言わなかったら、1番幻滅してしまいそうな発言はどれですか?」という問いに対する学生の回答は以下の通りでした。
「ありがとう」:63%
「ごめんなさい」:31%
「いただきます」:7%

「ありがとう」と言えない社会人に対して幻滅するという学生は63%もいました。
社会人になっても、感謝の気持ちをきちんと言葉にできる人が、学生に好印象を与えるようです。

まとめ

今回の調査結果でわかったことはこちらです。
・言葉遣いの間違いがある程度許されると思う学生は64%
・つい口から出る言葉も、社会人になったら許されない発言と考える学生が多い
・「辞めたい」や「でも」は学生としてもNGワード
・「ありがとう」が言えないと幻滅する学生は63%

いかがでしたか。
学生は、社会人になったら言葉遣いよりも発言に気をつけなければならないという考えがあるようです。
特に言い訳するのは良くない、言われても良い気持ちがしない、と思っている学生が多かったです。
Students labでは、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
(実測日:2015年06月08日 回答者数:295人 /Students lab編集部調べ)
(Photo by:talking by jeansman, on Flickr)