記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

海外旅行は友達と行くのが大半。大学生の海外旅行のよくあるパターンって?

Category Image

海外旅行に行くにあたって誰と一緒に行くかは重要ですよね。
大学生になると、自分たちだけで旅行の予定を全部決めて、自由に行動できるのが何よりもの魅力です。

今回はそんな大学生が海外旅行をするにあたって、誰と一緒に行くのかを調査しました。

友達と海外に行くケースが多い

kaigai-how1

大学生が海外旅行に行く際には、友達と行くケースが多いようですね。
一番多かったのが友だち3〜4人と一緒に海外に行くパターンです。
海外旅行は国内旅行に比べて、パスポートの発行など、準備が大変です。
そういった点で、どちらかというと大人数で行くよりも、仲の良いメンバーだけで行くのが一般的なようですね。
他には、友だちや恋人と2人で行くケースなどもあることから、海外旅行では少人数が好まれるようです。

ネットで調べるケースが比較的多い

kaigai-how2

窓口を使うケースはあるものの、ネットで航空券だけ予約も少なくないです。
最近の旅行代理店は海外旅行に興味のある学生の囲い込みに積極的ですので、ネット上に航空券の取り方、価格から、旅行先の過ごし方まで事細かに内容が書かれていることも珍しくありません。

そういった点を考えても、わざわざ旅行代理店まで足を運ばなくても、WEBサイトだけで海外旅行に関する情報は十分に収集することができます。

JTB、HISの利用率が高い

kaigai-how3

大学生が利用する旅行代理店のWEBサイトはJTBとHISで全体の7割を占める結果となりました。
大学生からの認知度ではこの2つの会社が圧倒的ですね。

JTB、HISの特徴として、大学生に対するPRや広告費全体が多いことが関係していますが、ターゲットをよりセグメントすることで、費用対効果に関して言えばより高い効果を生むことも可能でしょう。
広告費に対しての利用率向上のためにどんなことができるのか、ぜひ考えるきっかけにしてみてください。

(実測日:2014年1月29日 回答者数:624人 /タダコピアプリ調べ)