CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

【大学生の引っ越し事情】春休みに引っ越しを検討している割合と重視するポイントとは?

大学生になると一人暮らしを始めるなど、実家から出る人も増えますよね。
また、大学を卒業して社会人になるタイミングで、引っ越しを検討する人がより増える春休みシーズン。
この春休みに引っ越しを検討している大学生はどの程度いるのでしょうか?
今回は、春休みにおける大学生の引っ越し事業について調査しました!

1人暮らし/シェアハウス暮らしの大学生は全体の3割

1
一人暮らしをしている大学生は25%、シェアハウス暮らしの大学生は5%となりました。
実家暮らしが大半を占めているものの、実家から一人暮らしに切り替えたい大学生もいるでしょうし、潜在的に引越しを考える大学生の割合は比較的多いと言えそうです。

引越し検討中の大学生は約2割

2
実際に引っ越しを考えている大学生は約2割となりました。
その理由を聞いてみると、

・もうすぐ就職するため
・新生活に合わせて
・1人暮らしがしたい
・学校が遠い
・なんとなく
・独り立ちしたい

といった声がありました。
春に就職やキャンパスが変わる、などの出来事もあるため、春に引っ越しを考える大学生は少なくないようです。
一度引越しをしてしまうと当分は引っ越しをしないことから、不動産や引っ越し業者に関しては、大学生の引っ越しシーズンはしっかりと抑えておく必要がありそうですね。

引越しで重視するのは「家賃」「距離」

3
引越しで重視するポイントについては、家賃が1位、大学/職場からの距離が僅差で2位となりました。
やはり住まい選びにおいて家賃は外せないポイントですよね。
また、距離を重視する意見も大きく、駅からの距離はもちろんのこと、大学までの所要時間が記載されていると学生にとって有益な情報と言えそうです。
その他では、家のお洒落さ、近隣の雰囲気に関しての要望は少なく、コストパフォーマンスや効率性を重視する意見のほうが多い結果となりました。

引越し業者を活用するケースのほうが多め

4
最後に、引っ越しの際に引越し業者を利用するか否か、についてですが、「利用する」と答えた学生が半数以上になりました。
自分や友人や家族に手伝ってもらい、車で運ぶことなども可能ですが、引越し業者を利用して運ぶケースが多いようです。
実家からの引っ越しであれば親が負担してくれるケースもありますが、一人暮らしの場合は実費だと思いますし、少しでも安く済ませたい学生が多いのではないでしょうか。

学生の引っ越しシーズンを抑え、社会人引越しにも繋げる

大学生市場だけでは市場として決して大きくはありません。
ですが、引っ越し業者をその都度変えるのは手間ですし、一度依頼して安心して利用できたのであれば、その後も利用したいリピーターになる可能性は大いにあります。
そういった生涯顧客価値を意識して、引越しの大学生市場を狙って動くことは狙い目と言えるのではないでしょうか。
Students lab編集部では、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
また、より精密な調査データや学生プロモーションのご依頼はお問い合わせフォームからお願いいたします。
(実測日:2015年01月30日~01月31日 回答者数:283人 /Students lab編集部調べ)