記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

「銀ブラ」を知らない女子大生は51%。銀座へ遊びに行く人は12%

Category Image

銀座といえばみなさんは何を思い浮かべますか?
高級ブランドショップや有名なホテルが立ち並んでいたり、お金持ちが多い・・・。
そんなイメージから学生時代にはあまり降りたことのなかった人が多いのではないでしょうか。

イマドキの女子大生は「銀座」に対してどのようなイメージを持っているのでしょうか。
今回Students lab編集部では、女子大生の「銀座」イメージ調査を行いました。

銀座へ遊びに行く学生はわずか1割程度

8.4.1
まず、女子大生に「銀座へ遊びに行くことはありますか?」と質問をしアンケートと採りました。
「よくある」と答えた学生は3%、「時々ある」と答えた9%を含めても、銀座に遊びに行くことのある女子大生は全体の約1割ほどだということがわかりました。
あまり女子大生になじみのある街ではないようです。

銀座を利用したことのある女子大生がよく行く場所を聞いてみました。

・山野楽器
・GU
・マツヤ
・マルイ
・プランタン銀座
・ルミネ

山野楽器は銀座に本店のあるお店で、楽器の販売だけでなく楽譜やCD、DVD、なども取り揃えているため、軽音やジャズなど音楽をやっている学生は行く機会があるようです。
そして、ルミネのようなデパートや百貨店もよく利用する女子大生もいるようです。

銀座は高級で大人な街

8.4.2
女子大生に銀座のイメージを聞いてみると77%が「高級」と答えました。
そして61%が「大人の街」、40%が「ブランドのショップが多い」とイメージしており、学生には近付きづらいイメージが形成されているようです。

高級ブランドのショップが多く、買うものがないと思っている女子大生が多いことがわかります。
「若い世代が楽しめそう」というイメージを持っている女子大生がわずかに2%であることからも、いかに女子大生に嫌煙されがちな街なのかがうかがえますね。

半数以上の女子大生が知らない「銀ブラ」って?

8.4.3
「銀ブラ(ぎんぶら)」とは、大正時代からの俗語で、東京の銀座の街をぶらぶら歩くこと。
51%の女子大生が「知らない」と回答しており、学生への定着率の低さが明らかになりました。

そもそも銀座を歩くことのない女子大生には知られていなくても当然と言えば当然のことかもしれませんが、知っている女子大生であっても使う機会は少ないのではないでしょうか。

銀座と有楽町の近さを知らない学生が69%

8.4.4
歩いたことのある人は当然知っていることですが、有楽町駅をでて少し歩くともう銀座についてしまいますよね。
銀座と有楽町が、徒歩で行き来できるほど近いことを知らない女子大生はなんと69%でした。

約7割の女子大生が知らないと回答しており、銀座に対していかに関心がないかがわかりました。
そもそも有楽町駅自体も都内の学生が日常的に使う駅でないことも関係していると思いますが、どのようなコンテンツがあると女子大生は銀座に行ってみたい!と思うのでしょうか。

こんなコンテンツがあれば行ってみたい

・1000円程度の安いランチ
・おしゃれで安いアパレルブランド
・若者向けのフードコート
・庶民向けの店
・おしゃれなカフェ
・若者にも手が届きそうなランチ
・パンケーキ
・古着屋
・学生が行っても浮かないところ
・スニーカーなどカジュアルな格好でも入りやすいお店

全体的に、銀座には学生が入りやすいお店がないというイメージがあるためか、値段と雰囲気を気にする学生が多いという印象を受けました。
学生が行きたいと思うお店はたいてい原宿や渋谷に出店されることが多く、学生が訪れるようなまちにするには飲食店にしても高くて入れるお店がないのではないかというイメージを払しょくする必要がありそうですね。

まとめ

今回は、「銀座」に対する女子大生のイメージ調査を行いました。
アンケート結果は以下の通りです。

・銀座へ遊びに行く学生はわずか1割程度
・銀座は高級で大人な街というイメージ
・「銀ブラ」を半数以上の女子大生が知らない
・銀座と有楽町の近さを知らない学生が69%

銀座が女子大生には大人の街、高級すぎて近づきがたいといったネガティブなイメージが定着しているようです。
大人といっても、学生が憧れるかっこいいお姉さんというよりもお金のあるおじいちゃんおばあちゃんが行くような街というイメージではないでしょうか。

最近では銀座のマルイの中にも比較的リーズナブルな価格のアパレルブランドも多く入っていますし、若者のそうしたネガティブイメージをいかに払しょくし、ちょっと背伸びして歩きたいオトナの街にできるかが今後のカギになってくるのではないでしょうか。

Students lab編集部では、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。

(実測日:2015年08月01日~08月02日 回答者数:301人 /Students lab編集部調べ)
(Photo by:Ginza by takusuke, on Flickr)