記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

就活にスーツは当然?「服装自由」でも素直に私服で行けない学生は61%

Category Image

就活のイベントでよく見る「服装自由」の言葉。
スーツではなく私服でも良いとなると気持ちが多少楽になりますよね。

ところがこれが学生にとっては1番困るようです。
それはなぜでしょうか?

今回Students lab編集部では、学生に「服装自由」についてのアンケート調査をしてみました。

「服装自由」でも私服で行けない学生は61%

image
「『服装自由』の規定がある就活イベントに私服で行けますか?」という問いに対する学生の回答は以下の通りでした。

行ける:39%
行けない:61%

「服装自由」でも、私服でイベントに行けないという学生は61%でした。
「服装自由」というのは、有名無実な規定のようですね。

一方、行けると回答した学生は39%いました。
彼らが私服で行ける就活のイベントは、どこまでなのでしょうか?

私服で行けると回答した学生に、「「服装自由」の規定があれば私服で行けるイベントを教えてください」というアンケートに答えてもらいました。

選考にも私服で行ける学生は22%

image
「『服装自由』の規定があれば私服で行けるイベントを教えてください」という問いに対する学生の回答は以下の通りでした。

説明会以外の就活イベント:45%
合同説明会:23%
企業説明会:10%
選考:22%

なんと、選考まで私服で行けるという学生が22%もいました。

「服装自由」の捉え方も、希望の職種や個人の考え方によって様々なようです。

私服で行けない理由とは

ここで、1つ目の質問で「私服で行けない」と回答した学生に、その理由について自由回答形式のアンケートを実施しました。

・会社側も私服で来るとは思ってないと思う
・浮くのが確実
・何を着ていけばいいのか分からないから
・服装で評価されそうで怖いから
・なんとなく失礼かなと思ってしまうから

オフィスカジュアルの服を持っていないという意見や、周りがスーツだったときに浮くから嫌だという意見はもちろん、評価に響きそうという意見も多く見受けられました。

服装自由とは言え、スーツに近いスタイルが無難?

image
「『服装自由』の就活イベントで実際に許される服装はどこまでだと思いますか?」というアンケートの結果は以下の通りです。

私服:16%
ジャケットなどスーツに近いスタイル:55%
クールビズのスーツスタイル:20%
スーツ:10%

スーツに近いスタイルまで許されると考える学生が55%と、過半数となりました。
普通の学生は、そのようなスタイルの服を私服として持っていないことが多く、新たに買わなければいけないことも多いみたいです。
これでは、服装自由の意味が無いですよね。

ではここからは、学生の就活の服装への意見を見ていきたいと思います。

スーツ以外の服装は印象に影響すると思っている

image
「スーツ以外の服装では、印象に影響すると思いますか?」というアンケートに対する学生の回答を見てみましょう。

とても影響すると思う:24%
少し影響すると思う:50%
それほど影響しないと思う:21%
全く影響しないと思う:5%

「とても影響すると思う・少し影響すると思う」と回答した学生が、合わせて74%でした。
服装は見た目で1番インパクトとなるところです。
やはり選考の際には気をつけなければいけないと考える学生が多いのですね。

スーツがマストだと思っている学生は38%

image
「就活ではスーツを着なければならないと思いますか?」というアンケートに対する学生の回答を見てみましょう。

絶対に着なければならないと思う:38%
着なくても良い時もあると思う:62%

スーツを絶対に着なければならないと思う学生は38%でした。
これだけの学生がそう思っているということは、服装自由が普及するのもまだまだ先かもしれません。

64%の学生はスーツでも浮かないと回答

image

「スーツだと逆に浮いてしまうことあると思いますか?」という問いに対する学生の回答は以下の通りでした。

全くないと思う:18%
それほどないと思う:46%
時々あると思う:27%
よくあると思う:9%

スーツでも浮かないと思っている学生は合わせて64%でした。
こうして見ると、スーツを着ることがデフォルトになっているのがわかりますね。

まとめ

今回の調査結果でわかったことはこちらです。

・「服装自由」でも私服で行けない学生は61%
・選考にも私服で行ける学生は22%
・求められる実際の服装はスーツに近いスタイルだと思う学生が55%
・74%の学生がスーツ以外の服装は印象に影響すると回答
・絶対にスーツを着なければいけないと思っていう学生は38%
・ 64%の学生はスーツでも浮かないと回答

いかがでしたか。

「服装自由」とは言っても、本当になんでも許されると言うわけではないのが実情。
学生の悩みのタネにならないように、下手に「服装自由」を謳わず、ある程度「スーツ」という指定が必要かもしれませんね。

Students labでは、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。

(実測日:2015年07月04日〜06日 回答者数:247人 /Students lab編集部調べ)
(Photo by:German food by Eric Kim, on Flickr)