CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

1週間前から試験勉強をする学生が38%。GPAを意識している人は70%

学生たちがレポート課題や試験に忙しくなる7月。
単位を取ることに必死になった経験をもつ社会人もいらっしゃるのではないでしょうか。
出来れば単位だけでなく成績の良し悪しも気にしてほしいところですが、最近の学生はどうとらえているのでしょう。
学生たちの成績の指標となるのは「GPA」。
GPAとは「Grade Point Average」の略で、アメリカの大学で一般的に採用されている成績評価方法のことで4段階に分けて評価されます。
さて、今回Students lab編集部では今どきの大学生の試験事情について調査しました。

試験日が集中するのは7月の3~4週目

6.25.1
まず、今年の前期の試験日程について質問をし、アンケートを採りました。
51%の学生が「7月の4週目」と回答しており、「7月の3週目」が25%、「8月の1週目」が13%であったことを踏まえると、ほとんどの大学が7月の4週目とその前後の週に試験日が集中していることがわかります。
試験日に向けて、学生たちはどのくらい前から勉強しているのでしょうか?

1週間前から試験勉強を始める学生が約4割

6.25.2
普段から勉強を欠かさないという学生はわずかに8%。
1番多かったのは「試験1週間前」からはじめるという学生で38%でした。
大学の講義のレベルや文系理系によっても試験の難易度は違ってきますが、1週間の試験勉強で乗り切る学生が多いようです。
中には3日前や前日、あるいは全くしないという学生も決して少なくはなく、学生側も大学側もこれでいいのか…、という疑問の残る結果となりました。

勉強は自宅か大学でする学生が多数

6.25.3
「テスト勉強はどこですることが多いですか?」という質問に対して、57%の学生が「自分の家」、45%の学生が「大学の図書館」と回答しており、ほとんどの学生がそうしたお金のかからない静かな場所で勉強をしているようです。
「カフェ」や「ファミレス」と回答した学生はそれに比べると少なく、がやがやした場所は大学生の試験勉強にはあまり利用されないのでしょう。

試験勉強の目的は「単位」

6.25.4
テスト勉強する理由を尋ねると73%の学生が「単位が欲しいから」と回答。
「GPAのために良い評価が欲しいから」や「良い評価が欲しいから」という学生と比較すると圧倒的な差がついてしまいました。
あくまでも「単位」がとることが目的となっており、成績を気にしている学生は少ないということがわかります。
そうはいっても、GPAがゼミの振り分けや就職活動に影響する可能性が全くないわけではありません。
GPAを実際に意識している学生はどれだけいるのでしょうか?

GPAを気にしている学生は7割

6.25.6
GPAを「かなり意識している」と答えた学生は28%、「少し意識している」学生は42%でした。
単位が欲しいと言うのが1番の目的ではあるものの、7割の学生は少なからずGPAの数値を気にしているようです。
大学や教授によっても評価基準が異なるため、一概にいくつあればいいとは言い難いところではありますが、高いに越したことはありません。
留学やゼミの選定の際には、評価基準としてGPAが使われる場合もあるからです。
就職活動にはあまり関係がないと言われているので、課外活動に力を入れるつもりのない学生にはそれほど関係のない評価軸かもしれませんね。

まとめ

今回は、大学生の試験事情についてアンケートを採り、調査しました。
アンケート結果は以下の通りです。
・試験日が集中するのは7月の3~4週目
・1週間前から試験勉強を始める学生が約4割
・勉強は自宅か大学でする学生が多数
・試験勉強の目的は「単位」
・GPAを気にしている学生は7割

良い成績をとろうと頑張るよりもまずは単位をしっかりもらうことが最優先の学生が多かったですが、それなりにGPAは気にしているようです。
しかし、1週間あるいは3日くらいの勉強量で単位がとれてしまうという現実があるのも確か。
いくら成績がよくとも、頑張って厳しい講義を受けて頑張ってきた学生と楽に単位が取れる講義ばかり受けてきた学生が同じ評価になってしまうのは少しさみしいものですね。
企業の採用活動においても、学生時代「学業」で頑張ったことを聞いてみると、学生の本音がみえてくるかもしれません。
また、GPAで学生の頑張り度がわかるかもしれませんね(楽に単位が取れる講義ばかり受けてきた可能性も捨て切れませんが)。
Students labでは、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
(実測日:2015年06月09日 回答者数:300人 /Students lab編集部調べ)
(Photo by:Exams by David Crespo Nieto, on Flickr)