CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

連続ドラマを見ている学生は45%。好きなジャンルは恋愛もの

みなさんは最近はまっているドラマはありますか?
テレビ離れが深刻と言われている近頃ではあまりの視聴率の悪さから途中で打ち切りになるドラマも少なくありません。
忙しい今どきの学生は連続ドラマをみるのでしょうか?
今回Students lab編集部では、学生のドラマに対する意識調査を行いました。

連続ドラマ見ない派がやや多め

9.28.1
まず学生に「連続ドラマは見ますか?」と質問をしアンケートを始めました。
「よく見る」と答えた学生は17%、「時々見る」という学生は28%でした。
一方「あまり見ない」という学生は22%で、「ほとんど見ない」という学生が33%と日常的に連続ドラマを見ていないという学生のほうが若干多い結果となりました。
アルバイトなど、夜に働くことが多い大学生はドラマの放映される時間帯に家にいないことが多いためかもしれません。
では、見ている連続ドラマがあると仮定した場合、その曜日を楽しみにしている学生はどれほどいるのでしょうか。

見ているドラマがある曜日を楽しみにしている学生は65%

9.28.2
見ているドラマのある曜日を「とても楽しみ」にしている学生は25%、「少し楽しみにしている」という学生は40%でした。
ドラマの続きが気になるくらいには熱中してみている学生が多いようです。
「ほかの曜日と変わらない」と答えた35%は、なんとなく暇つぶしとして見ているだけということかもしれませんね。

ほとんど録画で見ている学生が50%

9.28.3
学生にドラマをリアルタイムで見ているのか質問すると、「全話リアルタイムで見る」という学生はわずか14%でした。
しかし、「時々抜けるがリアルタイムで見ている」という学生は36%でした。
想像していたよりもリアルタイムで連続ドラマを見る学生が多いように感じました。
一方で「ほとんど録画で見る」と答えた学生が50%でした。
学生にリアルタイムでドラマを見ない理由を聞きました。

・CMがとばせるから
・その時間に家に居ないから
・リアルタイムは、家族が違う番組を見ているから
・夜はチャンネルを父に譲るから
・倍速で見れる
・その時間には寝てるから
・時間が合わない
・気分が乗ったときに見たい
・忙しい
・帰宅時間とあわないから
・リアルタイムで1時間拘束されるのが辛いから

「ドラマをやっている時間に家にいられないから」という意見が最も多かったです。
大学にアルバイトにと多忙な学生にとってドラマに1時間拘束されるというのがツライのかもしれませんね。
空き時間にCMを飛ばしたり倍速で見たがる傾向にあるようです。

2015年7月期のドラマ、全く見ていなかった学生が30%

2015年7月期のドラマで見ていたものを聞きました。
全く「見ていない」と答えた学生が最も多く30%でした。
ドラマを見ない学生の多さに驚かされました。
一方残りの7割の学生のうち、最も多く見られていたドラマは「恋仲」と「デスノート」でともに28%でした。
続いて「花咲舞が黙ってない」で20%、「民王」が14%でした。
学生が多くみているドラマのジャンルに特有の傾向はなく、恋愛ものや漫画や本が原作のものなど様々でした。
有名な女優・俳優を主演に起用しているか否かや時間帯はあまり関係がないようで、
見ていると答えた学生が多かったドラマと同じ時間帯に放映されているドラマであっても1ケタ台のものが多かったです。

恋愛ものが好きな学生が44%と圧倒的

好きなドラマのジャンルを聞いてみると、ひとつ前のアンケートで「恋仲」が支持されていたように「恋愛」ものが44%とダントツの人気でした。
美男美女の恋愛は、現実には起こりえないと思いながらもついつい見てしまいますよね。
「学園」ものが好きという学生は24%でした。
学生だからこそ、高校生や大学生の恋愛や友情ものには感情移入しやすいのかもしれません。
「サスペンス」「刑事」「探偵」「医療」好きは20%前後でした。
事件や事故を捜査したり推理したりといったハラハラさせられるものが好きな大学生も一定数いるようです。
「恋愛」以外のジャンルでは好き嫌いにばらつきが多くみられる結果となりました。
7月期のドラマでも「見ていない」学生が3割とドラマの人気にも陰りがみられましたが、
学生は最近のドラマについてどのように思っているのでしょうか?

最近のドラマに思うことは?

・前回のあらすじをやってくれるドラマはありがたい
・脚本が本当につまらない
・もっと話数を多くすれば内容が濃くなって面白くなりそうなドラマが沢山有るのに、話数が少なくて内容が薄く面白くない
・俳優より内容重視してほしい
・まんが原作多い
・出演者が体当たりして撮影しているようなドラマだったら観たいと思う
・ひと昔前のが1番面白かった
・キャスティングばかりで内容を軽視している
・演技が下手な人でも主役…
・ありきたり 演技下手な俳優ばかり
・内容が似かよってる。本のドラマ化が目立ちイメージが崩れる
・つまらない
・イケメン俳優使えばいいと思ってる
・オリジナルがない
・結果が見えてる
・もっと現在の社会や生活の在り方を考えさせたり、興味を持たせる内容だといいなぁーと思います
・演技あんまり上手じゃないのに、話題性で視聴率取ろうとしてる感が否めません
・高校生役は若い子がやるべき

「実写化の多さ」や「キャスティング」に不満を持つ学生が多いのが特徴的でした。
漫画や小説を実写化というのは確かにここ数年でぐっと増えたように感じます。
また演技力よりも話題性を重視したキャスティングも目立ちますね。
オリジナリティもなく、結果が見えているにもかかわらず原作ファンが納得いかないキャスティングでは学生のテレビ離れも当然と言えそうです。

まとめ

今回は、学生のドラマに関する意識調査を行いました。
アンケート結果は以下の通りです。
・連続ドラマ見ない派がやや多め
・見ているドラマがある曜日を楽しみにしている学生は65%
・ほとんど録画で見ている学生が50%
・2015年7月期のドラマ、全く見ていなかった学生が30%
・「恋仲」と「デスノート」が最も人気で28%
・恋愛ものが好きな学生が44%と圧倒的
・「実写化の多さ」や「キャスティング」に不満

連続ドラマに昔ほど面白さを期待して観なくなったという学生が多いと感じました。
確かに原作の面白い作品はストーリー展開は当然面白いですが、結末が見えている分撮り方や出演者の演技力が求められるのではないでしょうか。
漫画や小説を読んでいる学生層を視聴者として取り込みたいのであれば、プロではない学生ですら感じている「つまらなさ」をいかに改善していくかがポイントとなりそうです。
Students lab編集部では、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。
(実測日:2015年09月27日 回答者数:299人 /Students lab編集部調べ)
(Photo by:End of (analog) TV (21th/52) by Alexandre Normand, on Flickr)