CATEGORY

ニュース
調査
先読み
インタビュー
データ
ヒント
ランキング
Header Image
Header Image
toggle
Search

大学生はクラウドソーシングに憧れる?大学生が考える理想の働き方とは

近年、インターネットの普及により世の中の働き方は大きく変化してきました。
オンライン上で仕事を受注し、場所を選ばず働くことができるクラウドソーシングをはじめ、今では企業に属さずにフリーで働くという働き方も徐々に増え始めています。
働く環境が多様化する中で、学生のみなさんは“働く”ということに対してどのようなことを思っているのでしょうか。
今回は大学生のみなさんにクラウドソーシングについてアンケートを採りました。

約8割の学生はクラウドソーシングを知らない

スクリーンショット 2015-01-15 22.20.04
知っている:6%
名前だけ聞いたことがある:14%
知らない:79%

クラウドソーシングを「知っている」と回答をした学生は6%でした。
「名前だけ聞いたことがある」と回答をした学生は14%、「知らない」と回答をした学生は79%とほとんどの学生はクラウドソーシングを知らないという結果になりました。

クラウドソーシングってなに?

クライアントが不特定多数の人に対して、仕事を依頼することや、問題解決となるアイディアを募集することをクラウドソーシングと言います。
案件はオンライン上で募集されており、ネット環境があれば誰でも仕事を探すことができます。
また、案件の仕事内容は様々で、中には専門知識や資格を要する仕事もあります。
場所と時間を選ばないで働くことができるという点がクラウドソーシングの最大の魅力です。

アルバイトとしてならクラウドソーシングはあり?

スクリーンショット 2015-01-15 22.20.17
アルバイトとして経験してみたい:48%
興味がない:31%
どちらかというと興味がない:14%
将来仕事として、そのような働き方をしてみたい:7%

次に学生にクラウドソーシングの働き方についてアンケートを採りました。
「アルバイトとして経験してみたい」と回答をした学生が一番多く、48%でした。
次に「興味がない」と回答をした学生が31%、「どちらかというと興味がない」と回答をした学生が14%と続きました。
約半数の学生は一度アルバイトとして経験してみたいと考えているようです。
また、「将来仕事として、そのような働き方をしてみたい」と回答をした学生は7%と少なく、企業に属して働くという従来の労働環境が良いと考えている学生が多いようです。
好きな時間に好きな場所で働ける・稼げるという働き方はとても魅力的だと思ったのですが、意外と興味がない学生が多いようですね。

クラウドソーシングって安全なの?

なぜ学生のみなさんはクラウドソーシングという働き方に興味がないのでしょうか。
「興味がない」、「どちらかというと興味がない」と回答をした学生の主な理由はこちらです。

よくわからない
決まった時間に働きたいから
本当に興味がわかない
あんまり信用できない
人と関わりながら仕事をしたい
トラブルが多そう
クライアントと直接会わないのは不安
イメージが湧かない

さきほどのクラウドソーシングの認知度調査でも多くの学生が「知らない」と回答をしていたように、そもそもクラウドソーシングの意味や働き方を知らない学生が多いようです。
また、「信頼できない」、「クライアントと会わないのは不安」「トラブルが多そう」など働き方としてあまり信頼できないと考えている学生も多く見られました。
確かにクラウドソーシングはオンライン上で仕事を受注し、クライアントと顔を合わさず仕事を終えることが多いと思います。
その点でトラブルやクライアントとの信頼関係などの面で不安、あるいは疑っている学生もいるようです。
実際にクラウドソーシングのなかでトラブルが起きることも少なくありません。
仕事を受注する際はきちんとクライアントの条件などを確認しておくことが大切です。
登録件数やユーザーの多いサイトで仕事内容と条件を十分に確認をした上で受注することを心掛けましょう。

学生がアルバイトを選ぶ基準は給料

スクリーンショット 2015-01-15 22.20.41
最後に学生にアルバイトを選ぶとき、何を意識して選んでいるのかアンケートを採りました。
「給与」と回答をした学生が一番多く、30%でした。
次に「仕事内容」と回答をした学生が26%、「勤務地」と回答をした学生が18%と続きました。
学生はまず「給与」を意識してアルバイトを選んでいるようです。
意外にも「自分の成長」と回答をした学生は4%と一番少なく、アルバイトに対して武者修行という概念は持っていないようです。

学生がクラウドソーシングで働くのはまだまだ先?

今回Students LABでは学生がクラウドソーシングの働き方についてどのように考えているのか調査しました。
多くの学生はクラウドソーシングという言葉を知らず、またクラウドソーシングの働き方に疑念を抱いているようです。
しかしそれでも約半数の学生はアルバイトとして一度経験をしてみたいと考えていることから、今後学生層にもクラウドソーシングという働き方が浸透してく可能性は大いにありそうです。
ですが、クラウドソーシングの知名度がとても低いのが現状ですので、まずはクラウドソーシングとは何か、どのような働き方なのかという所を学生のみなさんに広めていきたいですね。
Students labでは、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
今後も引き続き調査していきますので、興味ある方は記事をぜひチェックしてみてくださいね!
(実測日:2015年1月13日 回答者数:402人 /タダコピアプリ調べ)