記事のジャンルを絞り込み

Logo Header Image

クールビズがありがたい学生は84%。それでも就活生にクールビズが広まらない理由とは

Category Image
image

最近では、クールビズを実践している会社も多いですよね。
でも就活生にとって、クールビズはどのように捉えられているのでしょうか?

今回Students lab編集部では、クールビズについて学生にアンケート調査をしてみました。

ありがたいと感じている学生は84%

image
「就活する上で、クールビズは有難い文化だと思いますか?」という問いに対する学生の回答は以下の通りでした。

とてもありがたい:57%
少しありがたい:27%
それほどありがたくない:12%
ありがたくはない:4%

「とてもありがたい・少しありがたい」という回答が合わせて84%でした。
今年の選考は暑い季節となりますか、クールビズになると少し楽になるようですね。

ノーネクタイ・ノージャケットでも選考に行ける?

image
「説明会や選考に、ノーネクタイやノージャケットで行けますか?」というアンケートの結果は以下の通りです。

どの企業でも行ける:9%
クールビズを推奨している企業なら行ける:53%
どの企業でも行けない:38%

クールビズを推奨している企業なら、ノーネクタイ・ノージャケットでも説明会や選考に行けるという学生が53%でした。
最近では、説明会の文言に「クールビズ可」と書いてあるところも結構多いみたいですし、学生にとってもそれほど抵抗は無いのかな?と思います。

ですが、どの企業であってもクールビズでは行けないという学生が38%もいるということも注意すべきかもしれません。
学生が戸惑わないためにも、企業はクールビズで来ても良いという旨をしっかりと書くべきではないでしょうか?

ノーネクタイやノージャケットや避けた方が良い?

image
「クールビズを推奨している企業でも、ノーネクタイやノージャケットは避けた方が良いと思いますか?」というアンケートに対する学生の回答を見てみましょう。

避けた方が良いと思う:49%
避けなくて良いと思う:51%

これは半々に分かれましたね。
やはり、ノーネクタイやノージャケットというのは、企業に赴く学生にはハードルが高いようです。

選考に影響が出ると考えている学生は59%

image
「クールビズの服装によって、選考に影響が出ると思いますか?」という問いに対する学生の回答は以下の通りでした。

影響がかなり出ると思う:9%
影響が少し出ると思う:50%
影響はそれほど出ないと思う:32%
影響は全く出ないと思う:10%

ノーネクタイ・ノージャケットで選考などに行った場合、その選考結果に影響が出ると考える学生は過半数いるようです。
学生の間には、まだまだクールビズをしても良いという感覚が広がってないのですね。

周りがやっていないとやり辛い

「クールビズについて何か意見がありますか?」という自由回答形式のアンケートを実施しました。
学生の回答は以下の通りです。

・もっと基準を明確にして欲しい
・就活生全体が実行してもらえるとありがたい
・みんながクールビズをするのが当たり前の環境になって欲しい
・クールビズ可でも、いざ面接に行くと良く思われないのをなんとかして欲しい

やはり学生が気にするのは選考結果への影響のようで、周りがクールビズをしてなかったらやり辛いという意見が大半でした。
今後、就活生の間でもクールビズへの意識改革があると良いですね。

まとめ

今回の調査結果でわかったことはこちらです。

・ありがたいと感じている学生は84%
・62%の学生は、ノーネクタイ・ノージャケットでも選考に行ける
・ノーネクタイやノージャケットや避けた方が良いかどうかは賛否両論
・選考に影響が出ると考えている学生は59%
・就活生の間でクールビズが一般的にならないとやり辛い

いかがでしたか。
地球温暖化防止のために実施され始めたクールビズ。
この動きを就活生にまで広げるには、企業側が明確な基準を提示しなければならないようですね。

Students labでは、若者や大学生の動向を把握したい社会人向けに、学生動向のマーケティング調査を行っています。
学生動向調査を活用されたい企業の方は、今後の記事もぜひ参考にしてみて下さい。

(実測日:2015年06月26日 回答者数:293人 /Students lab編集部調べ)
(Photo by:Businessman shaking hands by reynermedia, on Flickr)